Skip to main content Skip to Footer

WE ARE HIRING! SAP人材、積極採用中

アクセンチュアxSAP

アクセンチュアは、SAP社と40年もの長期にわたってビジネスを行っています。また、どのシステムインテグレーター、コンサルティング企業よりも多くのSAPエキスパートを擁し、SAP市場で卓説したシェアを獲得しています。

アクセンチュアとSAPが共同開発するソリューションによって、お客様はクラウドサービスやSAP HANA、ビッグデータ・ソリューション、最先端のアナリティクス、モバイルソリューションなどの新しいテクノロジーを活用し、飛躍的な成果を上げることができます。企業が競争優位性を獲得するには、これらの新たなテクノロジーを組織に取り込むことが今や不可欠です。

また、私たちは真のグローバルプレイヤーであり、お客様のビジネスを成功させるために、そのネットワークを最大限に活用することが可能です。お客様の海外展開を支援するプロジェクトや、また世界中にあるアクセンチュア拠点での最先端の成功事例を日本で初めてお客様にご提供するなど、様々な形で密接にグローバルのネットワークを活用しながら、仕事を進めていくことができます。

AWARDS

アクセンチュアはSAPジャパン株式会社がSAPソリューションの導入実績などで優れた実績を残したパートナー企業に授与するアワード「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2018」で、以下の3つの賞を受賞しました。「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」については4年連続の受賞、また、3賞同時受賞は同アワード史上初の快挙です。

「 SAP AWARD OF EXCELLENCE 2018 」の受賞アワード

<プロジェクト・アワード>
最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」

<サービス・パートナー部門>
「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」

<特別賞>

また、ガートナー社が2018年2月に発行したレポート「Magic Quadrant for SAP Application Services, Worldwide(世界におけるSAP導入サービスに関するマジック・クアドラント)」において、同分野のリーダー企業であると認定されました。アクセンチュアは「ビジョンの完全性」 と「実行能力」の両カテゴリーで総合力の高さが評価されました。詳しくはこちら

#1 SAP Partner

募集中のポジションはこちら

SAPビジネスの拡大を続けるアクセンチュアでは、現在以下の職種について積極採用を実施しています。本サイトよりメールにて簡単にレジュメと職務経歴書をお送りいただくことが可能です。

SAPコンサルタント/エンジニア
仕事内容
応募資格

仕事内容

事業改革のツールとしてSAPソリューションを用いて、お客さまの事業モデルの再構築を含む大規模な変革を実現する役割を担います。具体的にはSAP導入プロジェクト推進の中枢となる組織の一員として、要件定義から設計、開発、テスト、オフショアのマネジメントまで一連の工程を担当します。

グローバルレベルでのプロジェクトが多く、ITの構築・導入に関わる各種作業はオフショアのデリバリーネットワークが行うため、上流フェーズとマネジメント業務に特化できることが魅力です。また、近年のデジタル化の進展に伴い、様々なクラウドサービスや、ECパッケージなどを組み合わせた”ハイブリッド型゛のプロジェクトも増えており、入社後に所属していただく私たちのグループも、SAPを中核に据えながらも、新しいテクノロジーへと、その仕事の幅を拡げています。S4/HANAを活用したプロジェクトが現在急増中です。

◆プロジェクト例
  • 大手半導体メーカーのグローバル基幹システム構築、展開およびクラウドソリューションによる調達改革
  • 大手通信業に対して最新テクノロジーを活用した全社見える化の促進
  • 大手出版会社に対するクラウドソリューションによる調達改革
  • 大手ハイテクメーカーにおけるIT組織巻き取りの一環の基幹システムの保守運用および拡張
  • 大手ハイテクメーカーにおける基幹システムの刷新および世界展開

応募資格

【必須要件】
  • コンサルティング企業/Sier/事業会社システム部門にて、SRM/CRM/MM/SD/PP/QM/APO、FI/CO/BO/BPC/BI/FSCM/PS、HR/PMのいずれかの業務プロセス経験2年以上
  • 英語(TOEIC 650以上)
  • ビジネスレベルの日本語
【歓迎要件】
  • HANA、SAPのCloud製品(ARIBA, SuccessFactors, hybris, Cloud for Customer等)に対する知見
【求める人材】
  • 業務の早期キャッチアップ能力
  • コミュニケーション能力
メール応募
閉じる
業界特化SAPコンサルタント/エンジニア
仕事内容
応募資格

仕事内容

SAPスキルを活用しながら、特定の業界のお客さまをご担当し、お客さまの事業改革を支えます。

事業改革のツールとしてSAPソリューションを用いて、お客さまの事業モデルの再構築を含む大規模な変革を実現する役割を担います。具体的にはSAP導入プロジェクト推進の中枢となる組織の一員として、要件定義から設計、開発、テスト、オフショアのマネジメントまで一連の工程を担当します。

グローバルレベルでのプロジェクトが多く、ITの構築・導入に関わる各種作業はオフショアのデリバリーネットワークが行うため、上流フェーズとマネジメント業務に特化できることが魅力です。また、近年のデジタル化の進展に伴い、様々なクラウドサービスや、ECパッケージなどを組み合わせた”ハイブリッド型゛のプロジェクトも増えており、入社後に所属していただく私たちのグループも、SAPを中核に据えながらも、新しいテクノロジーへと、その仕事の幅を拡げています。 S4/HANAを活用したプロジェクトが現在急増中です。

◆対象となるお客様の業界/業種

通信・メディア・ハイテク業界:通信、エレクトロニクス・ハイテク、メディア・エンターテイメント、ソフトウェア・プラットフォーム
金融サービス業界:バンキング、キャピタル・マーケット、保険業
製造・流通業界:消費財、サービス、流通、小売り、自動車、産業機械、建設、不動産、運輸、貨物、旅行、航空宇宙、ライフサイエンス
公共サービス・医療健康業界:公共、保健・医療
素材・エネルギー業界:化学、電力・ガス事業、エネルギー、製紙・製材

応募資格

【必須要件】
  • コンサルティング企業/Sier/事業会社システム部門にて、SRM/CRM/MM/SD/PP/QM/APO、FI/CO/BO/BPC/BI/FSCM/PS、HR/PMのいずれかの業務プロセス経験2年以上
  • 英語(TOEIC 650以上)
  • ビジネスレベルの日本語
【歓迎要件】
  • HANA、SAPのCloud製品(ARIBA, SuccessFactors, hybris, Cloud for Customer等)に対する知見
  • 特定の業界/業種でのご経験
【求める人材】
  • 業務の早期キャッチアップ能力
  • コミュニケーション能力
メール応募
閉じる
テクノロジーコンサルタント(業界別)
仕事内容
応募資格

仕事内容

テクノロジーコンサルタントは、アクセンチュア コンサルティングの中の通信・メディア・ハイテク本部、金融サービス本部、製造・流通本部、公共サービス・医療健康本部、素材・エネルギー本部のいずれかに所属し、お客様企業のCIOに対して、どのように自社のITが業務に貢献していくべきか、その道筋と、そこに至るまでの具体的なロードマップを描き、サポートしていくポジションです。 一方で、業務に直接貢献する攻めのIT戦略とともに重要になってきているのが、既存のIT資産についての診断(コスト適正度や、自社保有vsクラウドサービス/アウトソーシングサービス利用、セキュリティレベル等)を行った上で、対応すべき方策を打っていく守りのIT戦略です。この攻めと守りの戦略をバランスよく立案し、お客様企業のさらなる成長を支えていくことがミッションとなります。

具体的には以下のような職務内容となります。

  • 全社のIT戦略の立案、ビジネスケースの検証、ITロードマップの作成
  • ITガバナンスの確立に向けた戦略立案(国内のみならず、お客様によってグローバルの各拠点も対象となる)
  • CIOに対して、上記の戦略立案・実行をサポートするCIOオフィスメンバとしての役割 ※ロードマップに取りまとめた計画の具体的な実行については、その案件に応じてアクセンチュアのSIメンバやアウトソーシングメンバが担います。場合によっては、お客様企業が利用している別ベンダが実行する場合もあります。
  • 既存IT資産の調査、およびその調査結果を元に、クラウドサービスや、アウトソーシングサービス、BPOサービスといった社外サービスも含めた適用範囲・方針の検討

上記に挙げた以外にも、お客様の個別案件を支援することのみならず、お客様のIT全体をアクセンチュアがパートナーとして全面的に支援することも多く、幅広い領域での業務を担当します。

応募資格

【必須要件】
  • ITコンサルティング経験
  • 英語(TOEIC 650以上)
【歓迎要件】
  • 特定の業界/業種でのご経験
  • コンサルティング企業/Sier/事業会社システム部門にて、SRM/CRM/MM/SD/PP/QM/APO、FI/CO/BO/BPC/BI/FSCM/PS、HR/PMのいずれかの業務プロセス経験
  • グローバル企業における業績管理(管理会計/原価管理)、KPI設計・実装の検討経験
  • IoT、Analytics、モバイル、Big Dataなど先端技術を用いた改革の検討、実装経験
メール応募
閉じる
社員紹介
Kazuhiro.T
SAPコンサルタント
アソシエイト・マネジャー
さらに詳しく
Manami.U
テクノロジーコンサルタント
コンサルタント
さらに詳しく
Clara.S
SAPコンサルタント
シニア・アナリスト
さらに詳しく
Kazuhiro.T

SAPコンサルタント
アソシエイト・マネジャー
Kazuhiro.T

現在は製薬業界のお客様へのシステム導入プロジェクトにて、グローバル管理会計・SCMをターゲットにSAP-BW/BPCモジュールに携わっています。海外子会社との連結決算レポートの刷新や、予算管理方法の見直し、在庫把握のリードタイム短縮といったお客様の要件をシステムに落とし込んでいく中で、お客様の業務をきちんと理解し、開発メンバーに正確に要件を伝え、共に実現方法を確定していくといった、橋渡し的な役割を担っています。

今担当しているお客様は海外に広く展開されている企業ですが、各拠点のお客様をサポートしている現地のアクセンチュア社員と連携しながら、グローバル一体となってのサービス提供を推進できており、アクセンチュアの強みが最大限に発揮されているプロジェクトだと感じています。また、開発部隊も今のプロジェクトでは中国のデリバリーセンターのメンバーで構成されていますが、前のプロジェクトではインドのデリバリーセンターと協業していました。様々な国の社員と協力して働くことができるところもアクセンチュアの魅力だと思います。

私は英語でのコミュニケーションに慣れていなかったため、海外オフィスの社員と週1回テレビ電話で会話するLanguage Buddy Programという社内プログラムを活用したり、会社の補助を利用して英会話教室に通ったりしました。驚くことにこのProgramに参加している海外オフィス社員は皆ボランティアです。私はBuddyのおかげで英語での打ち合わせへの抵抗が無くなり、とても感謝しています。

SAPは今HANAという新しいソリューションへの大きな転換点を迎えており、私の所属している部署でも、資格取得のための研修や有識者による勉強会が積極的に開催されています。アクセンチュアではHANAに関連する大規模なプロジェクトが既にいくつも立ち上がっており、習得した最先端のノウハウをすぐに現場の最前線で実践することも可能です。私の直近の目標は、そのような最新ソリューションを活用するプロジェクトに携わり、まだ成し遂げられていない成功事例を生み出すことです。

SAPは世界で最も使用されているERP製品と言われている通り、SAPを知っていると基幹業務のグローバルスタンダードが分かるようになります。また、SAPコンサルタントであれば業界に縛られず色々なお客様の業務を知ることができるので、幅広い視野が身に付いてきていると日々感じています。

私が考えるアクセンチュアの最大の魅力は、自主性が最大限尊重される文化です。自分で意志を持って手を挙げれば参画したいプロジェクトに挑戦できますし、時にはプロジェクトや所属組織を変えることさえも認められています。また、上司やカウンセラーと相談すれば、プロジェクト全体のプランの中で個々人の都合も考慮してくれるので、有給休暇なども計画的に取得することができます。私は入社当初は早いスピードでの成長を最優先に考えたワークスタイルを取っていましたが、今は幼い子供がいるので、定時に帰る日を毎週必ず作ったり、プロジェクトの合間に長期の休暇を取得したりするなど、働き方のペースをコントロールしています。

Kazuhiro.T

テクノロジーコンサルタント
コンサルタント
Manami.U

Q1 現在どのようなお仕事を担当されていますか?

製造業のお客さまに対する、基幹業務システムの大規模な再構築プロジェクトに携わっています。グローバル共通のSAPシステムに、日本独自の要件を盛り込んで導入を実現させるという難易度の高い仕事で、日々お客様と議論を重ねながら、チーム一丸となって取り組んでいます。

お客さま、他社ベンダー、社内メンバーなど、日々の業務で関わる人が多く、フィリピン拠点の開発メンバーとも密にコミュニケーションを取るため、英語を頻繁に使う機会にも恵まれていて、とても充実しています。

Q2 転職した理由を教えてください。

前職はインターネット関連サービスの会社だったためコンサル業界未経験者でしたが、20代のうちに、優秀な人に囲まれて働きたく転職を決めました。コンサル業界を選んだのは、頭の使い方や仕事の進め方、コミュニケーションなどの基本能力が総合的に高い人が多いイメージがあり、今後キャリアを積んでいく上で、自分もそういう人になっていきたい、キャリアの選択肢を広げたい、という単純な思いからでした。

転職する前は、未経験者が中途入社してお客さまのためにどの程度の価値が発揮できるのか、と不安は大きかったです。ただ入社前のドライな社風とは全く違い、手を差し伸べてくれる親切な人が多いことは、入社して感じた意外な点でした。一人で考え込んだ時にそばに助けてくれる人がいるのはとても心強く、チームで働いていることを改めて実感した瞬間でした。

Q3 転職してからどのような点を魅力に感じていますか?

まず全社を見渡して言えることは、「人」が魅力的です。一人ひとりが目標達成への強い思いを持って、責任感を持ち、前向きに仕事に取り組んでいます。プライベートも充実している人が多く、オンとオフを切り替えるマネジメント力が高い人が多い点はさすがだなと感じています。私は旅行が好きなので、オフの時にしっかり長期休みを取って海外旅行に行けるのが嬉しいです。

また、テクノロジーコンサルタントという職種で言うと、 IT戦略を考える仕事や、NEWテクノロジーを絡めた仕事、大規模システム構築の仕事など選択できる仕事の幅が広いことが魅力です。自分の軸が決まっていればそこに注力することもできるし、未経験の業務にチャレンジさせてもらえる環境もあります。

現在の私のチームは、少人数のチームながらもチームワークを上手に機能させて、お客さまに最大限の価値を提供しています。自分一人だけでできることはまだまだ少ないですが、チームに支えられて、お客さまの役に立つ仕事ができるのは、やりがいに繋がっています。

Q4 現在転職を検討されている方へのメッセージ

アクセンチュアは、仕事に対して前向きな人が多くて、働きやすい会社です。私のような異業種からの転職者でも活躍できる環境や、手厚いトレーニング体制も整っているので、全ては自分の意志と行動次第だと思います。やりがいがある分、大変なこともたくさんありますが、私は入社してからアクセンチュアに転職して後悔したと思ったことは一度もありません。

アクセンチュアには“Talk straight”という文化が浸透しているところが好きです。単に言いたい放題できるという意味ではなく、意見が言いづらくて遠慮しなければならない、といった雰囲気がないんです。理由や動機がしっかりしていれば、言いたいことややりたいことなどを立場に左右されず言える。それは他社と違い、とても良い点だと思います。

未経験だからという理由でもし転職を迷われている方がいれば、思い切ってチャレンジしてみてください。やる気を受け入れてくれる会社です。

Clara.S

SAPコンサルタント
シニア・アナリスト
Clara.S

Q1 これまでのご経歴と現在携わっているプロジェクトについて教えてください。

前職はIT教育の会社でSAPの研修講師や社内通訳を担当していました。仕事は充実していましたが、実際のプロジェクトでSAP導入に関わりたいと思い、アクセンチュアに転職しました。

現在参画しているプロジェクトは化学メーカーにおけるSAP導入の海外展開案件です。少数精鋭のプロジェクトのため要件定義から始まり、カスタマイズ、設計開発、ユーザートレーニング、受入テスト、データ移行、本番サポートと、最初から最後まで関わることができています。若手のうちからお客さま先のマネジメント層と対話できる機会が多く、プロフェッショナルとして扱われるところも成長につながるやりがいです。現在のプロジェクトでは、帳票などの成果物に愛情を感じるくらい思い入れを持って仕事ができています。メンバーと協力し、要件通りに出来上がった時は大きな達成感がありますね。

Q2 アクセンチュアで働く魅力を教えてください。

私が所属しているSAPグループでは、月に1回、Round-tableという名前で情報共有会があります。各地にいるSAPグループのメンバーをスカイプでつないで、聞きたい事・相談したい事などを共有する新しい場です。また、オンライン研修も非常に充実していて、学びたいという気持ちがあれば活用できるツールがたくさん揃っている会社です。

特に海外ネットワークの厚さは魅力です。様々な国に所属するアクセンチュア社員の経験や知識をコラボレーションさせながら仕事を進めていけるという点は非常に強力だと思います。世界中どこでも、協力的な社員が多く、とても心強いです。人を育てようとマネジメント層が気に掛けてくれていることをよく実感します。

入社前には、周囲の人から多忙なんじゃないかと聞かれたりして、不安になってしまいましたが、入社後に感じたのは、上司にきちんと相談して自分自身でコントロールができる環境がある、とういうことです。繁忙期は確かに残業もありますが、落ち着いている時期はアフターファイブに予定を入れて楽しんだり、週末は完全オフにしてリフレッシュしたり、充実しています。

PICK UP CONTENTS

その他関連情報ページ