Skip to main content Skip to Footer

採用案内


詳細はこちら:

Yuki. S

名前

Yuki. S

役職

コンサルタント

勤務地

Japan

関心分野

キャリア

Strategy

学歴

国際基督教大学 教養学部

自己紹介

アクセンチュアに入社前は外資系SIベンダーで、主に通信会社のシステム開発に従事していました。要件定義からテストまで、足掛け数年のプロジェクトでした。そこで、開発スキルだけではなく、プロジェクト管理なども経験し、多くの業務を学ぶことができました。しかし、システム開発といってもある程度要件が決められたものしか扱うことができませんでした。システムの改善提案を行っても、「もう決まっているから」の一言で片づけられる。システムだけではなく、業務プロセスや経営面も含めた上流工程に関わりたい、そんな思いがフツフツと湧き上がり転職を決意しました。

他のコンサルティング企業も検討しましたが、アクセンチュアに決めた理由は、職種が豊富だったからです。ビジネスプロセス・コンサルタント職を目指して転職を果たしましたが、やはり不安はありました。しかし、もしも職種を変更したくなった場合でも、アクセンチュアならこれまでの経験を生かしたテクノロジーコンサルタント職としての道がある。不安は杞憂に終わりましたが、職種の豊富さはこの会社の魅力でもあります。

仕事内容

アクセンチュア入社後は、あるカード会社のプロジェクトを担当しています。システム統合、業務統合両面からのコンサルティングを行いました。現フェーズでは、ビッグデータを活用しての分析やマーケティング提案に踏み込んでいます。念願通り、システムに関わらず上流工程での提案ができるため、やりがいをもって毎日を過ごしています。

まだ入社間もないため、こなしたプロジェクト数としては少ないのですが、グローバル案件も経験しています。金融会社のWebサイト診断が主な業務内容です。これまで各国でバラバラに制作していたWebサイトを、グローバル規模で統一するためのプロジェクトになります。そこにアクセンチュアが加わり、「本当に統一する必要があるのか」まで遡り検討を進めました。アクセンチュアには、Web診断のアセットもあります。ですがこの時は、日本ではまだ知見がたまっておらず、海外メンバーの協力を仰ぎました。日本、インド、イギリスと3カ国メンバーによる連携です。それぞれが現地にいながら対応するため、ミーティングをするにも、時差を考慮した調整にひと苦労でした。また、何よりも大変だったのは、日本人メンバー同士では通じる「あいまいさを残したコミュニケーション」が、海外メンバーにはまったく通用しないことでした。一度は、こちらが頼んだ成果物とまったく違うものが出てきたこともあります。それからは、目的を設定し、どんな成果物を何日までに仕上げるのか、細部まで明確に決めてから伝えるようにしています。

オフの過ごし方

オンとオフは、しっかりと切り替えています。オフではリラックスして、仕事をしている時とは別人です。そのため、家事をしたり友人と食事に出かけたり、のんびりと過ごしていました。

また、最近はゴルフを始め、いまではすっかり夢中になっています。その時に、プロジェクトメンバー全員がゴルフを始めたので、メンバーたちとコースや打ちっぱなしに行くこともしばしばです。友人からは、「よく仕事仲間と休日にまで会う気になるね」と言われることもありますが、それだけ同じプロジェクトを経験した仲間は絆が深いもの。楽しくて仕方がありません。

また、フランス語の学習を再開させたいとも思っています。大学時代にフランス語を学び、アクセンチュア入社前も定期的にスクールに通っていたのですが、最近ではすっかり足が遠のいてしまっています。忘れる前にもう一度おさらいしておきたいのが目下の希望です。こうした語学に興味を持つのは、子供の頃から「日本の良さを世界に伝えていきたい」と思っているからです。

小中学生時代をイギリスと香港で過ごし、そこで感じたのは日本の文化が、とても外国人の興味を引くということ。折り紙が流行ったり、お手玉に興じたり、私が教えた日本の遊びに外国人が興味を持ったのです。これまで私が外資系の企業を選んできた理由の1つも、こうした海外での経験が原体験として残っているのだと思います。

私からのアドバイス

アクセンチュアで必要なのは、技術よりも「自分の意見を明確にし、伝える力」だと思います。この会社は、トークストレートを大事にする企業文化です。自分の意見を言えないことには、何事も進みません。

それは、「自分のやりたいことを明確にし、伝える」という面でも同じです。アクセンチュアは、手を挙げた人には必ずチャンスを与えてくれます。しかも多少の無理が見えても、上司や先輩がフォローしながら挑戦させてくれるのです。その時に、自分が何をやりたいのか分かっていなければ、「ただ疲れた」で終わってしまう。それでは、この会社に入社した意味がありません。アクセンチュアではやろうと思えば何でもやれてしまいます。だからこそ、自分は何がやりたいのか、考えながら走ることが大切だと思います。

アクセンチュアに入社し、スキルや経験も重ねていますが、仕事への取組み方も大きく変化しています。常に「どんな価値を生み出したか」を考える日々です。周りを見ても同じです。「今日はどんな価値が出せただろうか」。一日の終わりにはこんな会話が聞こえてきます。今日一日、この一週間、そしてこの一年。どんな小さなことでも価値を生みだし続けようとすれば、いつしか大きなものが実現している。今はそれを楽しみに仕事に励んでいます。