Skip to main content Skip to Footer

採用案内


詳細はこちら:

Yuki. S

名前

Yuki. S

役職

シニア・マネジャー

勤務地

Japan

関心分野

キャリア

Business & Technology Integration

学歴

東京大学 工学部

自己紹介

アクセンチュア入社前はメーカー系SIベンダーで、勘定系システムの開発など金融分野のSEとして働いていました。もともと営業職で採用されましたが、入社後に「システムを学んでおいた方が営業としても役に立つ」とのアドバイスを受け、システム開発に携わりました。いつでも営業に転身すればいいと思っていましたが、初年度から大型プロジェクトにアサインされるなど、必死になって業務をこなしている間に歳月が流れてしまいました。

転職のきっかけは、結婚を決めたライフステージの変化にありました。そんな折りに転職フェアに足を運んだのがアクセンチュアとの出会いです。金融系コンサルタントを募集しているところで、とんとん拍子に話がまとまりました。もともと営業職を希望していおり、もう少し密にお客様と接する環境が欲しかったと常々感じていました。アクセンチュアであれば、これまでのスキルを生かしながらその希望も叶えられる。そう思い、転職の道を選択しました。

アクセンチュアのオープンな社風も魅力でした。なかなか上下関係を気にせずに発言できる企業はありません。ですが、アクセンチュアにはそれを感じられました。実際に入社してみても、転職活動中に受けた印象そのままの風通しのよい風土です。最近は経営層のお客様と仲良くさせていただく機会が増えています。なぜかというと、私がとてもストレートに発言するからのようです。会議などでもあまり上下関係を意識することなく、必要なことは発言します。それができるのは、私の元々の性格もあるのかもしれませんが、アクセンチュアがトークストレートな文化を持っているからにほかなりません。

仕事内容

アクセンチュアに入社してからは、金融企業向けに、テクノロジーベースのコンサルティングを行っています。システム開発のPMO(プロジェクト・マネージメント・オフィス)としての活動が主になります。念願のお客様と接することの多い職場に就き、楽しく仕事をしています。

ある会社の人事・給料パッケージの導入プロジェクトは、とくに印象に残っています。1人のチームメンバーとして加わった私が、難航していたプロジェクトのプロジェクトマネージャーとしての重責を担うことになったのです。この時は、育児休暇から復帰し、まだ子供も幼い頃でした。それまでは、仕事をある程度セーブしてきたのですが、ここは「やるしかない」と心の中で覚悟を決めました。家族にも協力を仰ぎ、結果として、プロジェクトをうまく着地させることができました。会社からも評価をいただき、翌年マネージャーに昇格しています。

この時に感じたのは「継続は力なり」ということです。学生時代はピンとこない言葉でしたが、いまはこの言葉を自分のものにできたと思っています。育児休暇からの復帰直後には、この仕事を続けていけるのか不安もありました。それでも、続けてきたことに意味があったのです。継続していれば、チャンスが来た時に発揮できる力も身についている。そのことを実感できました。

このプロジェクトのおかげで、お客様からの信頼も厚くなり、再度同じお客様の別プロジェクトに携わりました。

オフの過ごし方

平日は子供と接する時間に限りがあるので、いまは自分の趣味というよりも子供との時間を大切にしています。女の子なので一緒にショッピングへ出かけたり、パン教室に通ったり、週末は子供と一緒に楽しんでいます。確かに家庭と仕事の両立は大変ですが、案じるよりもやってしまえばなんとかなるものです。

昨年からアクセンチュアの「ウーマン・イニシアチブ」の活動に参加し、社内にママ友が増えました。みなさんのお話を聞いていると、やはりそれぞれに工夫をされています。一人で抱え込み過ぎずに周りを巻き込むのもコツ。私も早く帰らなければならない時は、週のはじめに「この日は帰ります」と、お客様にも予めお伝えしています。もちろん仕事はきっちりこなすことが大前提ですが、みなさん理解を示してくださいます。

それに、私は娘を出産する際に、4カ月の入院を余儀なくされました。ある日突然不調を感じ、病院にいったその場で即入院です。4カ月間の絶対安静、子供は助からないと宣告されたこともあります。この経験は確実に私の転機になりました。怖いものがなくなったのです。そのためか、復帰後のことはあまり苦になりません。突然のプロジェクトマネージャーのオファーにも、決断できたのはこの経験のおかげです。

私からのアドバイス

アクセンチュアで働くことは、シビアな面も確かにあります。お客様が費用を捻出してアクセンチュアへ依頼されている以上、その費用に見合うだけの成果を確実に出す必要があるからです。社会人である以上、自分の給与分は仕事で返さなければならないのは、どの職場も同じです。

しかし、アクセンチュアは決して個人主義ではありません。ここはチームプレイの会社です。何か問題があれば、すぐに上司のフォローが入ります。他のプロジェクトメンバーからの手助けもあります。お客様に結果を出すためにも、組織として力を出し合うのです。そこが、アクセンチュアの強みであり、私がこの会社を大好きな理由です。

女性の場合は、結婚、出産と人生のライフステージが変化する中で、仕事と家庭を両立させる難しさもあるでしょう。ですが先ほども言いましたが、続けているうちに道は開けます。アクセンチュアが「ウーマン・イニシチブ」活動を先導していたり、ダイバーシティの推進を経営目標に掲げています。私の入社当時と比べても、女性が働く環境作りは進んできました。

確実に問題解決能力が身につきます。どこが問題かを見極め、それを可視化し、分かりやすく資料に落とし込んで伝える。このスキルはどんな職場でも役立ちます。ビジネススキルはもちろんのこと、根本的な人間力を身につけられる職場なのです。