Skip to main content Skip to Footer

採用案内


詳細はこちら:

Tomomi. I

名前

Tomomi. I

役職

マネジャー

勤務地

日本

関心分野

Consulting Careers

キャリア

Management Consulting

学歴

東京外国語大学
M&Aのあらゆるニーズに、一気通貫で応える。

頭を使って動くこと、そして何事にも動じないこと

好奇心とグローバル。この2つが、私のキャリアデザインのベースです。例えばアクセンチュアに就職を決めたのも、「コンサルタントってどんな職業だろう?この目で解明したい!」と思ったから。そんな熱い気持ちに応えるかのように、入社した私を待っていたのは、これ以上ないエキサイティングな日々でした。最初に所属したSIコンサルティング部門では、ある日系企業の米国現地法人向けにシステムを導入する案件に参画。プロジェクトメンバーが少人数しかおらず、日米の大手クライアントを相手にほぼ自力で企画や提案を行いました。トラブルや失敗は当然つきもの。でも、頭を使って動けば大抵のことは乗り越えられる。この経験を通じて、私は何事にも動じない心の大切さを学びました。

かゆいところまで手が届くのがアクセンチュア

SIコンサルティング部門から経営コンサルティング部門へ、そして現在、素材・エネルギー本部へ。これまでに私は2回所属部署を変えています。部門ごとの考えや進め方の違いに苦労もしますが、多くの領域で経験を積むことで、自分だけのカラーを身につけたいと思っています。今は石油・化学業界のお客様を中心に、生産・保全など工場関連領域のM&Aや、業務プロセスを再構築するBPR等のプロジェクトに従事。近年、M&Aは国内だけでなく、クロスボーダーで行われることも増えています。そこにグローバルネットワークを活かし、部分的ではなく一気通貫で“かゆいところまで手が届く”サービスを描き、具体化するのがアクセンチュアの強み。コンサルタントの仕事というと個人プレーのイメージがあるかもしれませんが、私たちは違います。各分野の世界中のエキスパートが、力を結集してお客様を支援するのです。案件にもよりますが、多ければ数十名規模のチームが編成されるケースも。その時は、やりがいも数十倍ですね。

全力で休んでこそ、仕事も全力でやり抜ける

一度プロジェクトが始まったら、瞬間風速を一気に上げて最後までやり抜く。無事にカットオーバーしたらとことん休み、しっかり遊ぶ。アクセンチュアでは、多くの社員が仕事とプライベートをバランスよく両立させています。羽を休めてこそ、次も思いきり羽ばたけることを誰もがよく知っているからです。私自身も愛犬のチワワと遊んだり、長期の休みがとれた時には旅行に出かけたり。これからも、自分のやりたいことを納得いくまでやらせてくれる“我が家”のようなこの会社で、冒険心を忘れずに挑戦していきたいと思います。