Skip to main content Skip to Footer

採用案内


詳細はこちら:

秦 純子

名前

秦 純子

役職

マネジング・ディレクター

勤務地

日本

関心分野

Consulting Careers

キャリア

Management Consulting

学歴

早稲田大学


ビジネスコンサルティングの最前線に身を置くワーキングマザー



コンサルタントのやりがいと難しさ

天国と地獄。アクセンチュアに入社してすぐに、私はプロジェクトの成功と失敗を両方経験します。当時、私が所属していた戦略グループはまだ発足したばかりの小さな組織。まさに試行錯誤の連続で、メンバーが喧々諤々と議論しながら手探りで業務を進めていました。私たちの仕事には、明確な線引きがありません。お客様の課題に耳を傾け、深いレベルで理解した上で改革案を導き出す。その過程は誰も経験したことのない挑戦の連続で、何をどこまでやればいいのかという基準がないのです。「人一倍やりがいがあって、難しい」。私はコンサルタントという職業に、すっかり魅了されました。

オフィスを出たら、1人の母親として

毎日一緒にいた息子と離れるのが、こんなに辛いなんて。入社2年目に長男を出産し、復職した時のことを昨日のように覚えています。アクセンチュアには、母体保護休暇や産前産後休暇、育児休暇、育児時短勤務制度などが充実しています。こうした制度を実際に使うのは勇気が要る職場も多いときいています。でも、先輩や上司、仲間が協力し、支えてくれたおかげでほぼすべての制度を活用できました。勤務時間ではなく、パフォーマンスで評価してくれる。柔軟な勤務スタイルを提供してくれる。これらはアクセンチュアならではの文化でしょう。ワーキングマザーにとって何より大切なのは、気持ちの切り替えです。プロジェクトが多忙を極めても、オフィスを出たら1人の母親として家族に向き合う。仕事とプライベートのバランスを上手く取れるようになったことは、出産を通じて得た財産です。

人との「縁」が自分を育ててくれた

以前、ビッグデータの講演会に登壇した時のこと。ある大学院教授の方が私に声をかけてくださいました。「ビジネスの最前線の話を学生にもしてくれませんか」と。息子の中学受験を通じて教育に関心を抱いていた私は、迷わずこのお誘いを引き受けることに。現在、熱い情熱を持つ若者たちに刺激を受けながら、ビジネススクールでマーケティングを教えています。また、29か国5,000名以上の女性リーダーが集うIWF※主催のプログラムへの参加など、国境を越えた多くの出会いが私を成長させてくれています。仕事を含めた自分の人生をとことん楽しめる。そんな、刺激に満ちた職場がアクセンチュアなのです。
※ International Women’s Forum