Yu K.

ソリューション・エンジニア [テクノロジーコンサルティング本部 金融サービスグループーエマージング テクノロジー] マネジャー

関西オフィス


"2009年に新卒でアクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(現アクセンチュア)に入社。エンジニアとしてキャリアを積み、現在は関西オフィスにて拠点立ち上げに携わる。"

What I do

より早く・多くの経験を積むため、アクセンチュアに
早くからスキルアップできる環境で経験を積みたかったため、新卒でアクセンチュアへ入社を決めました。現在はテクノロジーアーキテクトのマネジャーとして、金融業界のオープン系カスタム開発プロジェクトを手掛けています。

私の担当するテクノロジーアーキテクトでは、企業の情報システムを一貫して扱うシステムインテグレーションプロジェクトの立ち上げにおいて、開発/実行アーキテクチャの策定、開発プロセスの定義を行い、お客様の課題解決に向け、システム全体としての最適策を定義します。IT技術の革新や開発期間の短期化が進む中で要件を正しくシステムに反映したシステム構築を行い、それを的確に開発側に伝えていくアーキテクトは非常に重要な役割を担っていると思います。

また、今年の7月から関西オフィスに赴任し、オフィス立ち上げメンバーの一員としてスキルを持った人の採用や育成に携わっています。まだ始まったばかりのプロジェクトですが、拠点立ち上げという滅多にない機会に参加することができ、刺激的な毎日を送っています。

Financial Services Careers TOP (金融サービス本部)

A day in my life

新拠点立ち上げに携わる
アクセンチュアには、やりたいことに手を挙げた人なら何でもチャレンジできる環境が整っています。また、チーム意識が高く、お互いにサポートしながら品質を高めていく文化があります。今取り組んでいるプロジェクトでも様々なバックグラウンド、スキルを持ったメンバーが集まっていますがお互いに補い合い、同じ目標に向かって日々取り組めていると感じます。

また、私は2019年の7月に東京オフィスから関西オフィスに赴任しました。関西圏のお客様に向けたテクノロジーサービスを強化していくという会社の方針や、拠点の立ち上げに携わることができるというまたとない機会に惹かれ赴任を決意しました。新しい拠点においても互いにサポートしながらより良いものを作り上げる文化を醸成できるよう、励みたいと思います。

"高いスキルを持った人たちが、互いに補い合いながらより良いものを作り上げるという文化を、新しい拠点でも根付かせていきたいです。"

My advice

専門領域を究めるために
入社してからの10年間には多くの変化がありましたが、みんなその変化をポジティブに楽しんでいる人ばかりだと感じます。自分のやりたいことが明確にある方や、変化を楽しみながら仕事ができる方がどんどん成長していく環境なので、そうでない方にとっては働きにくい会社だとも思います。

私自身、やりたいと感じたことには自ら手を挙げて経験を積んできました。これからも率先して自分の専門領域のスキルを極めていきたいと考えています。もちろんエンジニアとして、自ら学習する機会を作らなければ技術力を維持することは難しいです。特に技術は目まぐるしく進歩しているので、意識して学ばなければ取り残されてしまいます。アクセンチュアではトレーニングや勉強会も充実していますので、学ぶ姿勢があればより専門的な知識を習得できるのも魅力の一つだと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る