Qiushi H.

ITアウトソーシングデリバリーグループ、マネジャー

東京オフィス


"前職は映像系ハードウェアのシステム設計や構築・施工管理などに従事し、2006年3月アクセンチュアに入社。現在はインフラチームの全体統括に近い立場で、領域を問わず資料作成やレビュー、お客様に対面する業務に携わっている。毎朝出社前に子どもを保育園に送るのが日課のイクボスでもある。"

What I do

アクセンチュアを選んだ理由
前職は日系SIerで移動通信システムの開発担当でした。グローバルとのコミュニケーションができる環境で、オフショア関連のビジネスに携わりたかったので、アクセンチュアに応募しました。入社後は大手メーカーのECサイトのアウトソーシングプロジェクトに参画し、オフショアチームと連携し運用保守業務を担当。お客様の課題点を洗い出し、ご要望に応じて機能改善の提案などまで幅広く担当しています。

職種について詳しく見る→サービスデリバリーグループ 採用案内

A day in my life

さすがはアクセンチュアとお客様から評価いただくために
私は現在、お客様先でECサイトの運用保守業務を担当しており、日々の仕事においては、お客様側の担当者との緊密なコミュニケーションを最も重視しています。お客様の真のニーズは何か、本質的な課題は何かを日々考え、私の武器である「気づく力」を使って付加価値の高いサービスの提供を心掛けています。そのおかげで、「さすがはアクセンチュアですね」とお客様から高いご評価をいただけています。

外国出身社員ならではのバックグラウンドを活かしてオフショアメンバーと高度に連携
私が担当している重要なミッションの1つに「オフショアメンバーとの連携」があり、技術者同士の高度な連携を目指しています。お客様からヒアリングした課題の本質を解析し、仮説を立てた上でオフショアの担当者と共有します。オフショア側メンバーをサポートし、手戻りや時間ロスにならないようにする際は、自分の語学スキルと知見を最大限に発揮する工夫をしています。入社前、私はアクセンチュアを「外資系にありがちな個人プレー主体の実力主義の集団」と想像していました。ですが入社してみると、チームワークを優先し、人間性に優れた方々ばかりだったので驚きました。特に、組織の意思と個人の意思を両方尊重する「Respect for the Individual」の考え方が浸透している点が、私にとってのアクセンチュアの魅力です。社員一人ひとりの個性を生かしながら、最適なポジションに導いてくれる会社という姿勢を感じています。

"各自のスキルに合わせ自主的に学習できる仕組みが整っていることも、日々成長しながら仕事に打ち込める理由です。"

My advice

信頼を積み重ねて「指名」を受けるまでに成長
私は外国人社員なので、初めはお客様からの信頼を得るのに苦労しました。しかし「アウトプットで実力を証明するしかない」と気持ちを切り替え、努力を重ねたことでお客様の信頼を積み重ねることができました。最近では問い合わせいただく際に「Hさんをお願いします」と指名されるようになり、嬉しいです。今後は、RPAやAIなどの先端技術を提案へ積極的に取り入れていきたいと思います。「やりたい!」と手を挙げれば、上司は実現方法を一緒に考えてくれます。アクセンチュアには、自分の進みたい道を着実に歩んでいける環境があると実感しています。

関連する職種

日本 東京

デジタルソリューションアーキテクト

Business & Technology Integration

日本 東京

デジタルエンジニア

Software Engineering

日本 東京

UXデザイナー

Business & Technology Integration

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る