Momoko H.

カスタマー&セールスコンサルタント、シニア・マネジャー

東京オフィス


"日系の事業会社で経験を積み、コンサルティング未経験で管理職(マネジャー)として入社。入社後一年でシニア・マネジャーに。"

What I do

コンサルタントへの転身は発想になかった
私は前職でインターネット企業の新規事業企画や、ビジュアルコンテンツ制作会社でクリエイティブ関連の仕事をしていたことから、企画職として転職活動をしていました。その過程で出会ったのがアクセンチュアです。最初にお話を受けた時は、思わず「ご冗談を!」と言ってしまうほど、コンサルタントへの転身という発想はなかったです。しかし話を聞いてみると、これまでの経験を活かせることや高い視座で仕事ができる点に魅力を感じ、マネジャーとして入社することを決意しました。現在は期待通りの仕事ができております。お客様の課題を聞き出し、最適なソリューションを提案するうえで自分がこれまで培ってきたバランス感覚や俯瞰力、チームワークで価値を出すマインドが今の仕事に貢献していると感じます。入社して一年弱でシニア・マネジャーへ昇格でき、私にとって大きな自信にもなりました。

メディア業界の顧客体験向上プロジェクト
私は現在、メディア業界のお客様のプロジェクトに携わっています。お客様は、「顧客体験の向上こそが自社の継続的成長に不可欠な要素である」と捉えており、具体的にはパーソナライズされた心地よい体験をエンドユーザーへ提供するためのアプリ開発や基盤構築を支援しています。これまでのキャリアで私が経験してきた事業計画の立案や実施、UI/UX開発やサービスデザイン、デジタルマーケティングの経験を活かしながら、プロジェクトに取り組むことができています。
過去のプロジェクトでは、アクセンチュアのグローバルチームと連携したプロジェクトが特に印象的でした。ヨーロッパやアジアにまたがる各拠点のメンバーと仕事するにあたって、はじめは文化のギャップに苦労しましたが、全員で知恵を出しながらお客様の課題解決に挑むことに大きなやりがいを感じました。

Women Careers TOP
Customer, Sales & Service Careers TOP

A day in my life

当時の面接官がそのままキャリアカウンセラーに
私はこれまで日系企業でキャリアを歩んできたので、コンサルティング未経験の自分がアクセンチュアのマネジャーとして通用するのか正直なところとても不安で、敷居の高さを感じていました。しかし入社してみると、面接の時にお会いした女性のマネジング・ディレクターがいつも気にかけてくれて、スーパーバイザーとして私の経験が活かせるよう立ち上がりを支援してくれました。常に連絡を取り合いながらプロジェクトを進行しています。アクセンチュアでは、社員一人ひとりにプロジェクトとは異なる上司がキャリアカウンセラーとして付くのですが、そのカウンセラーも面接でお会いしたマネジング・ディレクターで、細々とした悩みにもいつも的確なアドバイスをもらえます。また、プロジェクトにおいては、チームメンバーも会議の進行方法やグローバルメンバーとのやりとりの仕方などを細かく教えてくれて、人を大切にする社風が浸透しているのを強く実感したことをよく覚えています。

最前線で活躍しながらも、自分や家庭の時間も大切に
私の日々の仕事は進行中のプロジェクトの業務が約7割、提案活動や営業など、管理職者として次の仕事を獲得していくための取り組みが約3割です。アクセンチュアは大企業にも関わらず、社内の人材や知見にはアクセスしやすくて驚きます。知見を属人化させず、最新トレンドを積極的に共有するカルチャーなので、私も時間を見つけては社内の研修を受けて、知識やスキルを継続的にアップデートすることを心がけています。今はAIやデータ分析に興味があり、お客様の「より良い顧客体験の創造」を実現したいと考えています。
とはいえ、人生では自分の時間や家庭も大切です。私には成長した子供がいますが、仕事に集中する時間と、家族と過ごす時間の工夫は試行錯誤を重ねています。また、介護など、突発的に対処しなければいけないプライベートの問題が発生することもありますが、周囲の理解を得ながら、仕事もプライベートも両立するようにしています。

"人を大切にする文化が浸透しているからこそ、これまでのキャリアを最大限活かすことができます。"

My advice

事業会社での経験が自分の武器になる
外資系コンサルティング企業へマネジャー職での入社となると、日系の事業会社の出身者は尻込みしてしまうかもしれません。しかし実は、事業会社の経験者は「お客様企業の内情を身に染みて知っている」という点で貴重な存在です。つまり、コンサルティング経験がないからといって、アクセンチュアではマイナス評価になりません。むしろ、あなただからこそ持っている強みや経験を伸ばすことを期待されています。大切なことは「自分事として問題解決に取り組む姿勢」。アクセンチュアには女性の管理職も多く、それぞれが個性を発揮しながら活躍されています。インクルージョン&ダイバーシティの取り組みも全社的に進んでいますので、ぜひ肌で感じて欲しいですし、アクセンチュアを舞台として、大きく羽ばたいていただきたいと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る