Miao L.

マネジメントコンサルタント [オペレーションズ コンサルティング領域]

東京オフィス


"前職はBPO・DXソリューションを提供する会社のプロダクトマネージャー。2021年にアクセンチュアに転職し、大手損保企業のプロジェクトに従事。就学前の子供がいる"

What I do

ステップアップを目指し、アクセンチュアへ転職
前職ではBPOのデジタルトランスフォーメーション・ソリューションを提供する会社に勤めていました。BPO業務の分析・移管から、業務を効率化・最適化するためのソリューション商品の企画・提案・導入まで携わりました。
アクセンチュアを選んだ理由は、プロフェッショナルなコンサルティングスキルを磨くと同時に、最新テクノロジー(AIやRPA)の活用によって、保険事業のコア業務も含めてend to endのDX推進を経験することでステップアップを目指したためです。
また、家庭と仕事の両立を考えたときに、アクセンチュアは女性の働きやすい環境づくりに力を入れていることに魅力を感じてアクセンンチュアへの転職を決めました。

新環境へのキャッチアップ
転職による新環境での仕事のスタートが、コロナ禍のためオフィスではなく在宅勤務だと教えて頂いた時に、在宅勤務制度がコロナ禍以前からすでに導入されていたことに感動しました。前職で最後に推進したプロジェクトは、自社のインターナルとクライアント双方向けのテレワーク導入でしたので心に響きました。新しい同僚や上司と対面で会えないので最初は不安に感じてしまいましたが、入社オリエンテーションや経験者採用者向けトレーニングでは、リモート環境でもとても親切な説明を受け、さらにネットワークの構築ができましたのでとても心強くなりました。

Operations Career TOP (オペレーションズ コンサルティング本部)

A day in my life

前職の経験を生かし、価値貢献と自己成長
現在は大手損保会社向けの全社トランスフォーメーションを推進するプロジェクトで周囲のみんなに追いつこうと取り組んでいます。
入社して3か月目ですが、アクセンチュアの効率的な働き方に感銘を受けました。毎日の朝会でプロジェクト全般の進捗状況と方向性を認識合わせし、これを踏まえてチーム内で当日のゴールとタスク分担を決める流れです。大規模なプロジェクトですが、タスクは時間単位で小分けにして管理されているので効率的に動けるようになっています。1日も早くキャッチアップして、より多くの分担を買って出られるよう価値貢献できればと思います。

主体性を持って取り組む
プロジェクトメンバーはみんな前向きに取り込んでいく雰囲気です。指示を仰ぐより、自分が状況を確認して、できることとやり方を考えて、主体性を持って行動することは大事だと思います。

"前職の経験を生かす、価値貢献と自己成長。家庭と仕事も両立できるので安心しています"

My advice

グローバル企業ならではの英語環境
アクセンチュアに入って、初めて英語ベースのミーティングを体験しました。グローバルプロジェクトですので、資料や会話の中に英語が沢山使われています。慣れるまでの期間の辛抱が必要ですが、これもスキルアップだと前向きに乗り越えていきたいと思います。アクセンチュアでは社員に英語学習のオンラインプログラムを提供しています。それを気楽に活用しています。英語スキルはまだまだだと思いますが、入社時の自分と比べて成長を実感しています。英語スキルを生かしたい、または強化したい方にはお勧めです。

家庭と仕事の両立
「お子さんの用事で休みを取りたい場合は遠慮なく教えてね!」というスーパーバイザー(上司、社内通称SV)からの一言で安心しました。フレックスタイム制も適用されていますので、仕事と家庭のバランスをうまく保ちながらアクセンチュアにいます。さまざまな制度や、それを利用できる文化が根付いているので、子どもが学校に入学してからも、家庭と仕事の両立を実現できると思っています。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る