Manami N.

サプライチェーン&オペレーションコンサルタント、マネジャー

東京オフィス


"日系の大手電機メーカーにて購買業務を担当したのち、アクセンチュアに入社。お客様のサプライチェーン改革や新規事業開発など、幅広いプロジェクトを担当。"

What I do

素材・エネルギー業界のサプライチェーン改革
私は前職で約8年、資材調達部門にて購買業務を担当していました。宇宙産業や防衛といった高い専門性が求められる分野だったため、特殊部品や輸入システム機器を手がけた私は自ずと特定領域の知識と経験を深めることができました。そのスキルを他の業界・業種でも使って自分の活躍の幅をより広めたい、プロジェクト型の働き方で自分らしいキャリアを実現したいという思いから、コンサルティング未経験ながらもアクセンチュアに飛び込む決意をしました。入社後は素材メーカーや化学業界のお客様のプロジェクトを中心に、サプライチェーンマネジメント改革や新規事業の開発などを幅広く担当してきました。グローバル案件では語学力を使う場面も多く、スキルアップも実感しています。

戦略立案から現場改善まで、全方位的に支援
一般的にサプライチェーンマネジメントというと、物流や資材関係をイメージされがちですが、アクセンチュアのサプライチェーンはカバーしている範囲の広さが特徴です。経営層と直接対話し、お客様が目指す経営目標を実現するための戦略立案やマーケティング、生産現場に通ってオペレーションの効率化や省力化のための改革実行まで、企業の縦軸と横軸を全方位的に俯瞰しながらお客様のCOO的な立場で、経営の効率化を支援します。以前携わったサプライチェーンプロジェクトでは、お客様とその先の顧客企業まで一気通貫で繋げるデジタルサプライチェーンを構築しました。
プロジェクトでは他部門のコンサルタントや、デジタル技術に詳しいエキスパートなど、多様な人材と連携しますので、付加価値の高い仕事に取り組んでいるやりがいを強く感じる日々です。

Supply Chain Management & Operation Careers TOP

A day in my life

チームワーク重視のカルチャーと独自の「働き方改革」
私はコンサルティング未経験でしたし、正直なところアクセンチュアに対しては「激務」「怖い人が多そう」といった先入観を持っていました。しかし転職を検討する過程で独自の働き方改革「Project PRIDE」を進めていることや、人材の多様性を尊重していることなどを知り、イメージが180度変わりました。実際に働き始めてみると、同じプロジェクトのメンバーが親切な人ばかりで逆に驚きました。チームワークで価値を出すカルチャーが浸透していて知識の共有に積極的ですし、皆さん時間内でしっかり業務を完遂しようというマインドで日々集中しているので、作業に無駄がなく、日系の事業会社出身の私からすると、あらゆる場面でカルチャーショックを受けました。もちろんプロジェクトのピーク時など多忙な場面もありますが、日常的にフレキシブルな時間の使い方をして平準化しますし、プロジェクト後には長期休暇を使って旅行でリフレッシュもできます。コロナ禍の今は身動きが取りにくいですが、以前であれば私は海外旅行や沖縄の離島でのマリンスポーツを楽しんでいました。プライベートの時間も充実しているからこそ、仕事で力を発揮できる気がします。

実力主義で、やる気のある人が報われる社風
アクセンチュアで強く感じるのは、年功序列ではなく、実力・実績に基づき評価制度が公正ということです。私はコンサルティングの経験がなかったため、最初はアナリストのキャリアレベルで入社しましたが、上司や同僚の支えもあり、入社した年にコンサルタント、翌年にはマネジャーに昇進することができました。外資ならではのスピード感に驚きつつも、やる気のある人、努力して結果を出した人が報われる社風は魅力的に感じます。

また、アクセンチュアはキャリアの幅が広く、会社都合で業務がガラっと変わるような異動は無いに等しいです。ビジネス コンサルティング本部では、部内で進行中のプロジェクトを全員見ることができるため、興味のあるプロジェクトに手を挙げることもできます。自分のキャリアは自分で描く文化が根付いているアクセンチュアだからこそ、多様なキャリアパスがあります。

"チームで価値を出す文化、無駄のない作業、全てがカルチャーショックでした。"

My advice

教わることは恥ではない。風通しの良い社風
社会人経験が長くなると、「年下に教えを乞うのが苦手」「知らないことは恥ずかしいこと」といった意識を持ちがちですが、アクセンチュアでは学ぼうとする姿勢こそが重要です。事業会社とコンサルティングファームでは仕事内容も異なりますので、相手の年次に固執しない柔軟なマインドを持ち、プライドで壁を作らないことがアクセンチュアで活躍できるコツだと思います。加えて自ら手を挙げることで、キャリアや働き方を自分で決めていける環境でもあります。「やりたい」という気持ちがあれば、遠慮せずに希望を言えますし、そうすることで周囲のメンバーの協力も得られます。風通しの良い社風をぜひ活用して、成長につなげて欲しいと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る