Kota N.

ソリューション・エンジニア [テクノロジーコンサルティング本部 金融サービスグループーエマージングテクノロジープラクティス] マネジャー

東京ソリューションセンター


"前職は中小規模のSIer。自分がどこまで通用するのかを知るため、社会人5年目にリファラルプログラムで2014年にアクセンチュア入社。愛犬と戯れるのが日々の癒し。"

What I do

自分の力を試すため、リファラルプログラムで入社
前職で協力会社としてアクセンチュアと一緒にプロジェクトに参画したことがあり、興味を持ったのが転職のきっかけです。現場の雰囲気や働き方が大まかにつかめていたこともあり、アクセンチュア社員から直接紹介してもらう、リファラルプログラム を通じて入社しました。

前職の中小SIerでは、数ヶ月~1年といった短期間で多数のプロジェクトを渡り歩くような経験をしており、アクセンチュアのプロジェクトごとに配属されるスタイルでは、この経験を大いに活かせるだろうと考えていました。実際に、アクセンチュアのソリューション・エンジニアは短期間でプロジェクトが変わることが多く、前職からプロジェクトへ配属時の素早いキャッチアップを強く意識していたため、入社後もその経験を活かし即戦力として活躍できています。また、前職時代に多数のプロジェクトから得た知見が、自分自身の守備範囲を広げてくれたこともあり、新しい技術やポジションへチャレンジできていると感じます。

Technology Careers TOP

A day in my life

チャレンジとフォローのバランス
アクセンチュアは可能性がある人には積極的にチャレンジさせる文化と、何かあったときにフォローする体制を整えています。例えば未経験の人にチームをリードする役割を任せる場合、そのチームが安定してプロジェクトを進められるか、大きなリスクを伴います。しかし「この人なら大半はこなせる、ないし適切にエスカレーションできるはず」と、まずは潜在能力を見極めて任せてみようという文化が、結果的に人を成長させる機会を増やすことに繋がっていると感じます。

さらに、トラブルが発生した場合には、その状況をすぐに受け入れてフォローする体制を整えており、特にエスカレーション時の対応は驚くほど早いと感じます。トラブル発生時に上司への報告はしづらいものですが、アクセンチュアでは報告することで早急に解決できるため、ためらうことがありません。

"自分の力を試したいとエンジニアとしてアクセンチュアに飛び込みましたが、SEだけでなくマネジメント経験も積むことができています。"

My advice

技術とマネジメント、両方のスキルを培う
自分の想像を超える成長スピードを、アクセンチュアでは体感できると思います。20代後半で開発者として入社してから、昨年マネジャーに昇進することができました。2019年12月現在、オンサイト15名、オフショア8名のプロジェクトマネジャーを担当していますが、入社前にはこの年齢で今のような役職を経験できるとは思ってもみませんでした。技術だけではなくマネジメントのスキルもつけたいと考えていたので、良いキャリアを築けていると感じます。

同時に、中小SIerでは経験できなかった、お客様への価値創出を間近で感じる環境も、成長に大きく関係していると思っています。自分の発言がシステム仕様に反映されるのにはプレッシャーもありますが、それ以上に日々楽しさを実感しています。

関連する職種

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る