Koji H.

システムコンサルタント [テクノロジーコンサルティング本部 金融サービスグループーデータサービス] シニア・マネジャー

東京オフィス


"銀行系SIerを経て、アクセンチュアに転職。情報系システム構築に長年携わった経験を活かし、現在は金融機関向けのDWH/BIプロジェクトを一貫して支援する。"

What I do

大規模プロジェクトを一気通貫でやり遂げる醍醐味
前職では情報系のシステム構築に従事していましたが、自分自身の幅を広げたいという思いからアクセンチュアに転職しました。現在は金融機関のDWH/BI刷新プロジェクトにおいて、プロジェクトの検討から構築・運用までの全体推進と、アクセンチュア開発領域部分のプロジェクトマネジャーを務めています。DWHとは基幹・業務システムで日々発生する大量のデータを集約・蓄積するデータ基盤であり、そのデータを用いてビジネスユーザが分析をするためのツールがBIです。

現在担当しているプロジェクトでは、金融再編の流れの中で老朽化していた複数のDWH/BIを刷新すべく、現状課題分析から始め、ソリューション選定し、構築、運用・定着化支援までを、一気通貫で支援しています。複数の大手SIerが絡む総額数十億円以上の大規模プロジェクトを、お客様と共に舵取りし、一方で開発領域部分についてはしっかりとした品質でスケジュール通りに成果物を出す必要があります。日々忙しいながらも、このような大規模プロジェクトを通じて、充実感と達成感を味わえるのは、アクセンチュアならではだと思っています。

Financial Services Careers TOP (金融サービス本部)

A day in my life

家族との時間を大切にできる
アクセンチュアには、ノートPCひとつあればどこでも仕事ができる環境が整っています。まだ小さい子どもがいるため、突発的な事態が起きても、自宅や出先で仕事に取り組める点は助かっています。チームに小さい子どもを持つメンバーも多く、お互いに理解があることも良い環境だと感じます。自身のプライベートに合わせて、働く時間や場所をある程度コントロールできるのは、魅力の一つです。また、アクセンチュアでは家族同伴で参加可能なイベントや、パートナーを招いてのディナー会といったイベントがあります。日常生活ではなかなか伝えられない家族への感謝を示すことができるため、とてもありがたい機会だと感じています。

"自分自身で手も動かしながら、プロジェクトの舵取りを進める。大変ではありますが、前職では得られなかった達成感を得られています。"

My advice

プロフェッショナルとしてやり遂げる覚悟
自分自身の成長はお客様の成長となり、アクセンチュアの成長へと繋がるのだと考えています。漫然と上司の指示待ちをするのではなく、お客様への価値提供のため、自分自身に何ができるか、そのために何を準備すべきかを常に考え、アクションを起こすことが重要です。アクセンチュアでは、日進月歩で進化し続けるテクノロジーに携わる者として、いつでも利用可能な多数のオンライントレーニングや、先人たちのナレッジを共有する仕組みがグローバルで用意されています。また有志での勉強会等も日々開催されています。

転職した当初は、開発をこなしながらプロジェクトの舵取りも行うスタイルに驚きましたが、お客様・自社メンバー・関係各社と議論を重ね、工夫したことが実現した時の達成感は言い表せません。シニア・マネジャーとなった現在、部下にはただのタスクでは無く、ビジョンをしっかりと示した上で指示をし、メンバー全員が達成感を得ることができるようにしています。お客様の前に立った瞬間から、自分自身がアクセンチュアの「代表」として立っている自覚を持ち、その立場を全うする覚悟を持つことによって、プロフェッショナルとしてプロジェクトをやり遂げることができるのだと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る