Kohei S.

人材・組織コンサルタント、シニア・マネジャー

東京オフィス


"日系IT企業におけるSE経験を経て、2007年にアクセンチュアへ転職。現在は人事・組織管理領域のコンサルタントとして人材マネジメント案件を中心に活躍。自動車業界の経験が豊富。"

What I do

SEから転身し、現在は人材・組織領域のコンサルティングで専門性を磨く
2007年にアクセンチュアに入社し、当初はテクノロジー コンサルティング部門で前職の経験を活かしてシステム要件定義や、システム導入に伴うBPRやコミュニケーション、トレーニング支援等を行うチェンジマネジメント等を担当しました。その後、自動車業界に軸足を置き、特に自動車販売店周りのシステム導入や業務変革、コーチングプログラム等の実行支援を担当してきました。ここ3年ほどは、人材組織領域のコンサルティングチームに所属し、プロジェクトマネジャーとして、特にグローバル人事構想検討や人事業務変革の企画などを中心に活動しています。

各フェーズに最適なチームを編成
現在のプロジェクトでは、お客様のグローバルHRシステム導入を支援しています。このフェーズではSIのメンバーにも入ってもらい、連携しながら業務を行なっています。そこでは、専門性の違いによる垣根などはなく、ワンチームとして動いています。ジョブマネジャーとしては、それぞれ異なるケイパビリティを持ったスタッフが得意領域を生かしながら、うまく分担できるように配慮して、業務を渡すようにしています。

Consulting Careers TOP

A day in my life

正答のない仕事だからこそ、自分なりの考え・提案をプレゼンできる
私は前職ではSEでした。その頃は確立された方法論やルール、前例に則った確実なプロジェクト運営を求められていましたが、現在担当している人材・組織コンサルティングでは、お客様の経営課題解決や全社のデジタル変革という「正答のない仕事」を手がけています。この役割を担うことになった当初は不安ばかりだったものの、今では社内の先進事例を参考にし、自分の頭で考えて最適なアプローチを提案する絶好の機会となっています。前例がない取り組みばかりですので、私はお客様に「この課題に対しては、この方法が最適解だと思います」とプレゼンできますし、「既存業務の効率化よりも、その業務自体を廃止する方が効果的なのでは」といった改革案を提言することもあります。これは「どのような問いを立てるか」にフォーカスして仕事に取り組める環境だからできているとも言い換えられるでしょう。そして自分が考え抜いた提案が採用されたときは本当にうれしいですね。

"アクセンチュアの強みは集合知を活かせるチーム力にあると思います。個の力では突破できない状況をチーム力でカバーしてきました"

My advice

教え合うカルチャーが高付加価値の実現と個人の成長を両立
人材・組織コンサルタントは、お客様企業にしっかりと寄り添うことが求められます。自分のスペシャリティや得意分野・業界に固執してしまうと新しい価値を生み出しにくくなってしまうように思いますので、「枠を超えてみよう」「何でもやってみよう」といった自由さとチャレンジ精神を大切にしてみてください。そうしたマインドを持っているメンバーに、上司や他のメンバーは惜しみなく知識や情報を共有してくれます。こうしたアクセンチュアの「教え合うカルチャー」はプロジェクト成功のためだけでなく、個人の成長にもつながっています。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る