Kohei S.

マネジメントコンサルタント[製造・流通業界-人材・組織管理領域] シニア・マネジャー

東京オフィス


"日系IT企業におけるSE経験を経て、2007年にアクセンチュアへ転職。現在は人事・組織管理領域のコンサルタントとして人材マネジメント案件を中心に活躍。自動車業界の経験が豊富。"

What I do

SEから転身し、現在は人材・組織領域のコンサルティングで専門性を磨く
2007年にアクセンチュアに入社し、当初はテクノロジー コンサルティング本部で前職の経験を活かしてシステム要件定義や、システム導入に伴うBPRやコミュニケーション、トレーニング支援等を行うチェンジマネジメント等を担当しました。その後、自動車業界に軸足を置き、特に自動車販売店周りのシステム導入や業務変革、コーチングプログラム等の実行支援を担当してきました。ここ3年ほどは、人事組織領域のコンサルティングチームに所属し、プロジェクトマネジャーとして、特にグローバル人事構想検討や人事業務変革の企画などを中心に活動しています。

各フェーズに最適なチームを編成
現在のプロジェクトでは、お客様のグローバルHRシステム導入を支援しています。このフェーズではSIのメンバーにも入ってもらい、連携しながら業務を行なっています。そこでは、専門性の違いによる垣根などはなく、ワンチームとして動いています。ジョブマネジャーとしては、それぞれ異なるケイパビリティを持ったスタッフが得意領域を生かしながら、うまく分担できるように配慮して、業務を渡すようにしています。

職種について詳しく見る→製造・流通本部 採用案内

A day in my life

個では難しい状況もチーム力でカバー
アクセンチュアの強みは集合知を活かせるチーム力にあると思います。10年超のコンサルティング経験の中で、当然ながら未経験のことや、知見の乏しい領域のプロジェクトを担当することもありましたが、その都度アクセンチュア内のスペシャリストに相談し、必要なサポートを受けながら個の力では突破できない状況をチーム力でカバーしてきました。このような経験により自らの視野と知見を広げる刺激を常に受け続けることができるのは、魅力のひとつだと考えています。

妻と育児分担し、子供を保育園に送るのは私の担当です
子供がまだ小さいのですが、仕事の都合上、夜の帰宅時間は流動的なので、妻と分担して朝の保育園への送りはなるべく私が担当するようにしています。そのため、朝早いタイミングの会議の設定は極力避ける、もしくはインターネット経由で参加などするようにしています。また、資料作成等の個人ワークで夜遅くなる場合は、一旦帰宅し家族と過ごす時間を作ってから残りの仕事に取り掛かるなど工夫しています。

"アクセンチュアの強みは集合知を活かせるチーム力にあると思います。個の力では突破できない状況をチーム力でカバーしてきました"

My advice

会社の中でもキャリア形成
アクセンチュアには、入社後も自分のキャリアを自分で描いて行ける環境があります。私も、アクセンチュアへの入社当初はテクノロジー部門所属で、ITシステム導入を中心としたプロジェクトに関わってきましたが、その後自動車業界中心のコンサルティング、さらには人事・組織管理領域の専門コンサルタントとして、キャリアの変遷を遂げてきました。実現したいキャリアのビジョンと意思があれば、その機会は常にオープンにされていると思います。数年に一度はグローバル全体での大きな組織変更があり、自身のキャリアについて考える機会を持たされるので、常に変化と挑戦を厭わない人や可能性を模索したい人には適した会社だと思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る