Jun M.

システムコンサルタント、プロセス・トランスフォーメーション、

東京オフィス


"生命保険会社のシステム子会社に3年勤務したのち、アクセンチュアに転職。大規模システム開発、RPA導入、AIソリューション導入提案と一貫して導入プロジェクトを担当。"

What I do

新しい技術の提案から導入まで携わる
「先端テクノロジーに触れられる」「提案からシステム導入まで携われる」という2つを軸として、転職活動を行っていました。大学院で音声認識など信号処理系の研究をしていた経験から、まだ企業に取り入れられていないような先端テクノロジーを導入したい、またそういった新しいテクノロジーを導入するのであれば、提案から導入まで一貫して対応したいと考えたからです。

いくつか内定を頂いた企業のなかで、グローバルの知見を活かして先端テクノロジーの導入を実行できる環境があり、戦略から保守まで対応できることを強みとしていたアクセンチュアに魅力を感じ、入社を決めました。面接官の方が熱心にアクセンチュアのことや、入社後のキャリアについて語ってくれたことも決め手になりました。入社してからは大規模なシステム開発を経験し、後にRPA、AIソリューションの提案と、当初想定していた通りのキャリアを1歩ずつ進んでいけていると感じます。

Financial Services Careers TOP (金融サービス本部)

What I do

A day in my life

働き方改革で変化した「成長」の考え方
働き方改革をきっかけに、よりワークライフバランスが取れた働き方ができていると感じます。ちょうどアソシエイト・マネジャーになってからのタイミングで業務がコントロールしやすいプロジェクトに参画したこともあり、定時で退社し平日の夜には仕事以外で成長につながることを始めようと考えました。

まず、当時参画していたプロジェクトとは異なるスキル習得のため、社内の有志メンバーで勉強会を開催してみたり、実際に手を動かしてシステムを開発する等の活動に参加してみたりしました。また、毎週平日夜には近所のスタジオを2時間借りて、趣味であるサックスとドラムの練習をしています。なるべく水曜日に練習をしてリフレッシュし、週の後半に臨んでいます。

仕事をする時間が減ると成長が鈍化するという声もありますが、その逆でむしろ成長するための良い機会だと感じます。一昔前は、成長するために人一倍仕事するぞ!と意気込んで日々の仕事に邁進していましたが、この取り組みを機に、成長する道には色々な方法があるということに気づかされました。

プロジェクトが変われば今のワークスタイルは変化してしまうかもしれませんが、そのたびに自分が何を成長させたいのか、どうやって成長させていくのか考えて新しいワークスタイルを作り出し、日々楽しみながら取り組んでいこうと心がけています。

"成長するためにもいろいろな方法があることに気づいた経験から、新しいワークスタイルを作り出すことに楽しみを見出すよう心がけています。"

My advice

すぐに相談できる文化
入社前は、アクセンチュアには完全実力主義で他人に厳しくドライなイメージを持っており、入社してからやっていけるか不安でした。しかし、実際に入社してみると、仕事の進め方で悩んでいる際に相談すれば、上司や同僚は熱心に話を聞き、解決案や意見を提案してくれました。むしろ困って手が止まってしまうようであればどんどん相談してくれと言われ、想像していたイメージを良い意味で裏切られました。

今は直属の上司だけでなく、所属部署のマネジング・ディレクターや、他部署の有識者へ意見を求めることも多いのですが、いずれも快く引き受けてくれます。アクセンチュアへの転職を検討しているが、やっていけるか不安という方は、困っている人をサポートするという文化が強く根付いていますので、臆せず飛び込んでいただければと思います。

My Advice

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る