Haruki F.

全社マネジメント変革コンサルタント

東京オフィス


"事業会社の経理部にて決算・税務申告を約4年間担当。2018年アクセンチュアに入社し、現在は、全社マネジメント変革コンサルティングに在籍。"

What I do

新たな強みを見つけるため環境を変える
前職では、事業会社の経理部にて決算・税務申告を約4年間担当していました。そのなかで、日々の業務を早く・正確にこなすことを求められており、ExcelやAccess、会計スキルの向上に注力してきました。年次が上がるにつれて、他部署との協業による業務改善、並びに経営課題の発見/解決を自ら提案/推進することに興味を持つようになり、アクセンチュアに転職しました。

アクセンチュア入社後(当時はMC所属のアナリスト)は、PowerPointを用いた資料作成やプロジェクト進捗管理/課題管理、会議運営を通じて、コンサルティングスキルを磨いています。2019年には部署異動を希望し、現在は全社マネジメント変革コンサルタントとして、金融機関の経営課題である規制対応について、業務プロセスの改革、及びシステム導入を支援しています。

Consulting Careers TOP

A day in my life

自分が価値提供できる場を考える
アクセンチュアでは、多様なバックグラウンドを持つ方々と働くことができます。私と同じ経験者採用入社の方でも、金融機関やコンサルティングファーム、監査法人、SIer出身と、業界や職種は幅広く、また各々が前職で身につけてきたスキルや経験を活かして働いています。同世代の新卒入社の方々は難所に対して、豊富なプロジェクト経験、そして入社以来培ってきたコンサルティングスキルを活かして活躍しています。

そのような環境のなかで私自身も価値を提供できる領域/場面はないか、常に考える習慣がつきました。全社マネジメント変革コンサルタントへの部署異動は前職での経理経験を活かしつつ、会計・リスク領域の専門性を高めたいと考えたことがきっかけです。

"専門性を培う場に自らを置くことで、よりお客様に価値提供できるスキルを身につけられると考えています。"

My advice

互いに成長し合える環境
アクセンチュアは前職と全く環境が異なるため、プロジェクト単位で働くことや非定型業務に対応できるかなど不安なことだらけでした。入社後の実際は、SV(プロジェクトの上司にあたる先輩社員)や同世代の仲間たちに助けられ不安に感じていたことを一つずつ解消することができました。

アクセンチュアの社員は周りに教えることが好きで、かつ理解しやすい説明を心がけている方が多い印象です。今後は私自身がSVを担いつつ、お客様、そしてプロジェクトメンバーと共にプロジェクトを推進することを目標としています。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る