関西ビジネスの変革を、先端テクノロジー×コンサルティングで支援

戸野本 時直
執行役員 関西オフィス統括責任者
兵庫県神戸市出身

アクセンチュアは世界52カ国に拠点を持つグローバル企業ですが、日本法人は1963年の日本事務所開設以来、50年以上の長きに渡って日本でビジネスを行っており、日本にしっかりと根を下ろした企業です。日本の企業や公的機関が日常の業務を超えて行う“変革(トランスフォーメーション)”を支援し、現在は、社員数約1.1万人、北海道から熊本まで全国に拠点を有する組織へと成長を遂げました。なかでも大阪市中之島の関西オフィスは、東京オフィスと並ぶ日本の2大拠点の一つとして2018年に拡充。関西圏の企業・公的機関のイノベーション創出やグローバル市場における競争力強化に一層貢献することを目的に、新卒・中途採用を加速させています。

アクセンチュアには、一人ひとりの社員が強みを活かして自分らしいキャリアを構築していけるよう、いろいろな仕事があります。チームで働くことが前提の環境で、フラットでオープンな文化の中、多様な性格、強み、背景を持つメンバーと協働し、自らを成長させることができます。在宅勤務・時短勤務といった柔軟な働き方を推進するための制度やツールを誰でも使えるようにすることで、柔軟な働き方が当たり前となる文化の醸成にも会社全体で取り組んでいます。

英エコノミスト誌「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」による2018年度版「世界で最も住みやすい都市」ランキングで大阪が3位に選ばれるなど、関西圏にはよりよいワークライフバランスが築ける環境が整っています。しかし何より、関西にはグローバルにビジネスを展開する企業や世界トップシェアを誇る製品を生み出す企業が数多く存在し、アクセンチュアのデジタル、テクノロジー力とコンサルティング力により、お客様のビジネスの可能性を大きく拡げる、チャレンジし甲斐のあるプロジェクトが数多くあります。知的好奇心旺盛な方、チャレンジ精神旺盛な方、テクノロジーを生かしたビジネスに関わりたい方、ぜひ私たちと一緒に、新しい成長のステップを踏み出しましょう。



募集要項

システムコンサルタント
仕事内容
応募資格

仕事内容

  1. ITコンサルタント
    企業における基幹系および情報系の業務システムに関する全社最適化計画、刷新計画の立案を担当します。

  2. AMOコンサルタント
    企業における基幹系レガシーシステムに対するモダナイゼーションと最適化 (AMO:Application Modernization & Optimization)を推進します。現行システムの現状を評価し、最適なマイグレーション手法を検討し、マイグレーション計画の立案を担当します。

  3. テスティングサービススペシャリスト
    企業における基幹系および情報系の業務システムに対するテスト実行計画立案やテスト結果に基づく品質分析・評価を担当。自動化テスティングなど効率的なテスト手法の導入を担います。また、お客さまのテスティング業務のアウトソーシング化の計画も担当します。

  4. テスティングスペシャリスト
    企業における基幹系および情報系の業務システムの、アプリケーションに関するテスティングの自動化・効率化を担当します。

  5. 業界特化型コンサルタント

アクセンチュア コンサルティングの中の通信・メディア・ハイテク本部、金融サービス本部、製造・流通本部、公共サービス・医療健康本部、素材・エネルギー本部のいずれかに所属し、お客様企業のCIOに対して、どのように自社のITが業務に貢献していくべきか、その道筋と、そこに至るまでの具体的なロードマップを描き、サポートします。

<対象となるお客様の業界/業種>
【通信・メディア・ハイテク業界】通信、エレクトロニクス・ハイテク、メディア・エンターテイメント、ソフトウェア・プラットフォーム
【金融サービス業界】バンキング、キャピタル・マーケット、保険業
【製造・流通業界】消費財、サービス、流通、小売り、自動車、産業機械、建設、不動産、運輸、貨物、旅行、航空宇宙、ライフサイエンス
【公共サービス・医療健康業界】公共、保健・医療
【素材・エネルギー業界】化学、電力・ガス事業、エネルギー、製紙・製材

応募資格

必須要件
  1. ITコンサルタント
    • ITプランニング経験5年以上
    • 各種業務システム(カスタム、ERPパッケージ等)の導入経験
    • 次期システム導入の計画立案
    • ベンダ製品ソリューションの評価および選定
    • クライアントとの高度なコミュニケーション能力

  2. AMOコンサルタント
    • ホストマイグレーション経験5年以上
    • COBOL開発、運用、保守経験
    • オープン系開発言語を用いたシステム開発経験

  3. テスティングサービススペシャリスト
    • テスティング経験5年以上
    • オープン系開発言語を用いたシステム開発経験
    • テスト計画・設計・実行・結果検証の経験
    • テスト自動化ツールの使用経験

  4. テスティングスペシャリスト
    • テスティング経験3年以上

  5. 業界特化型コンサルタント
    • SI経験、システム構築経験、PMO、ITコンサルティング経験1年以上
歓迎要件
  1. ITコンサルタント
    • 経営計画を実現するための次世代ITシステムの立案経験
    • SAP/Oracle/IBM等の主要な製品ソリューションに対する導入経験や知識
    • インフラからアプリケーションまで幅広い技術に関する経験および知識

  2. AMOコンサルタント
    • 脱ホスト(メインフレームからオープン系アーキテクチャへの移行)の実施経験

  3. テスティングサービススペシャリスト
    • 最新テクノロジーを用いたテスト自動化手法
    • ソフトウェア工学に基づいた高度な品質管理スキル
    • テスティング業務の外部アウトソーシングに関するセールス経験

  4. テスティングスペシャリスト
    • ソフトウェア工学に基づいた品質管理スキル
    • オープン系開発言語を用いたシステム開発経験
    • テスト設計・実行・結果検証の経験

  5. 業界特化型コンサルタント
    • 製造流通・通信メディア・金融・公共事業・素材エネルギー業界関連のSI、ITコンサルティング経験
    • ビジネスレベルの英語力
メール応募
閉じる
ソリューションエンジニア
仕事内容
応募資格

仕事内容

  1. Java ソフトウェアエンジニア
    企業における基幹系および情報系の業務システムの、アプリケーションに関する要件定義、設計、構築、テスト、開発、保守、運用を担当します。

  2. AMOエンジニア
    企業における基幹系レガシーシステムに対するモダナイゼーションと最適化 (AMO:Application Modernization & Optimization)における、マイグレーション実行を担当します。

  3. アプリケーションセキュリティスペシャリスト
    企業における基幹系および情報系の業務システムの、アプリケーションにおけるセキュリティを確保するための設計・開発ガイドラインの策定や、それに基づきアプリケーション設計・実装がなされていることの検証・評価を担当します。

  4. 業界特化型エンジニア

業界に特化したソリューション・エンジニアのポジションもあります。

<対象となるお客様の業界/業種>
【通信・メディア・ハイテク業界】通信、エレクトロニクス・ハイテク、メディア・エンターテイメント、ソフトウェア・プラットフォーム
【金融サービス業界】バンキング、キャピタル・マーケット、保険業
【製造・流通業界】消費財、サービス、流通、小売り、自動車、産業機械、建設、不動産、運輸、貨物、旅行、航空宇宙、ライフサイエンス
【素材・エネルギー業界】化学、電力・ガス事業、エネルギー、製紙・製材

応募資格

必須要件
  1. Java ソフトウェアエンジニア
    • Java開発経験3年以上

  2. AMOコンサルタント
    • COBOL/Java開発経験3年以上

  3. アプリケーションセキュリティスペシャリスト
    • セキュリティ経験5年以上

  4. 業界特化型エンジニア
    下記のいずれかのご経験3年以上
    • オープン系開発言語(Java, Javascript, PHP, angularJS, Node.JS等)を用いたシステム開発経験
    • SAP, Oracle等のパッケージアプリケーション導入経験
    • セキュリティ、コスト、可用性などの観点から最適な技術基盤を計画、設計する知識、経験
    • PMBOK等を使用してプロジェクトのマネジメントを行った経験
歓迎要件
  1. Java ソフトウェアエンジニア
    • オープン系開発言語を用いたシステム開発経験

  2. AMOコンサルタント
    • COBOL開発・運用・保守経験

  3. アプリケーションセキュリティスペシャリスト
    • オープン系WEBシステム開発経験
    • インフラ及びアプリケーションレイヤに対するセキュリティ対策・対応実務経験

  4. 業界特化型エンジニア
    • 対象となるお客様の業界の業務知識
    • ビジネスレベルの英語能力(TOEIC 650点程度)
  5. 求める人材
    • チームワーク指向の職場環境への適応、協調力、人間関係構築スキル
    • 定型業務処理型ではなく課題解決型の思考力
    • エンジニア志向で、システム全体の構造を捉える理解力
    • 業務システムで使用される幅広い技術への関心と旺盛な向上心
    • 日々変わっていくセキュリティ脅威に対しアンテナを張り、自らリスクを低減することができる自主性
    • セキュリティ専門ベンダーやツール等を上手く組み合わせ、総合的なセキュリティリスクを低減した上で、最終的にリスクとコストの案配を見極めお客さまに提言できるバランス

メール応募
閉じる
テクノロジーアーキテクト
仕事内容
応募資格

仕事内容

アクセンチュアのテクノロジー・アーキテクトは、ITテクノロジーのスペシャリストとして、様々な企業の課題を解決するシステム企画・開発を上流工程から担います。クライアントの事業変革からその実行までの全てを支えています。

  1. 技術基盤アーキテクト
    企業における基幹系および情報系の業務システムについて、技術基盤層の全体最適化構成を立案および設計を担当します。

  2. 技術基盤エンジニア
    企業における基幹系および情報系の業務システムの、技術基盤層の各MWに関する要件定義、設計、構築、テスト、開発、保守、運用を担当します。

応募資格

必須要件
  1. 技術基盤アーキテクト
    • 技術基盤設計経験5年以上

  2. 技術基盤エンジニア
    • 技術基盤構築経験3年以上
歓迎要件
  1. 技術基盤アーキテクト
    • セキュリティ、コスト、可用性などの観点から最適な技術基盤を計画、設計する知識、ご経験
    • クラウドマイグレーション計画の策定、実行経験
    • 各種MW(RDBMS、Web/Appサーバー、運用系MWなど)に関する設計、導入経験
    • 技術基盤全体の構成検討経験

  2. 技術基盤エンジニア
    • 同一領域に関する複数の製品ソリューションの導入経験
    • 複数領域に関する技術基盤の設計、構築経験
    • クラウド基盤での環境設計、構築経験
    • 各種MW(RDBMS、Web/Appサーバー、運用系MWなど)に関する設計、導入経験
メール応募
閉じる
SAPコンサルタント/エンジニア
仕事内容
応募資格

仕事内容

事業改革のツールとしてSAPソリューションを用いて、お客さまの事業モデルの再構築を含む大規模な変革を実現する役割を担います。具体的にはSAP導入プロジェクト推進の中枢となる組織の一員として、要件定義から設計、開発、テスト、オフショアのマネジメントまで一連の工程を担当します。
グローバルレベルでのプロジェクトが多く、ITの構築・導入に関わる各種作業はオフショアのデリバリーネットワークが行うため、上流フェーズとマネジメント業務に特化できることが魅力です。また、近年のデジタル化の進展に伴い、様々なクラウドサービスや、ECパッケージなどを組み合わせた”ハイブリッド型゛のプロジェクトも増えており、入社後に所属していただく私たちのグループも、SAPを中核に据えながらも、新しいテクノロジーへと、その仕事の幅を拡げています。

◆プロジェクト例

  • 大手半導体メーカーのグローバル基幹システム構築、展開およびクラウドソリューションによる調達改革
  • 大手通信業に対して最新テクノロジーを活用した全社見える化の促進
  • 大手出版会社に対するクラウドソリューションによる調達改革
  • 大手ハイテクメーカーにおけるIT組織巻き取りの一環の基幹システムの保守運用および拡張
  • 大手ハイテクメーカーにおける基幹システムの刷新および世界展開

応募資格

必須要件
  • コンサルティング企業/Sier/事業会社システム部門にて、SRM/CRM/MM/SD/PP/QM/APO、FI/CO/BO/BPC/BI/FSCM/PS、HR/PMのいずれかの業務プロセス経験2年以上
  • 英語(TOEIC 650以上)
  • ビジネスレベルの日本語
歓迎要件
  • HANA、SAPのCloud製品(ARIBA, SuccessFactors, hybris, Cloud for Customer等)に対する知見
  • 製造業または素材・エネルギー業界でのご経験
求める人材
  • 業務の早期キャッチアップ能力(セルフスターター)
  • コミュニケーション能力
メール応募
閉じる
クラウドコンサルタント/エンジニア
仕事内容
応募資格

仕事内容

先進的なソリューションを通じて、お客さまのマーケティング/会計/人事領域の業務改革を推進していただきます。システムデザイン、要件定義から設計、開発、テスト、オフショアのマネジメントまで全てを担当します。

  1. CRMコンサルタント
    • 先端CRMソリューションによる、グローバル営業基盤の構築
    • 日米欧に加え新興国市場への迅速な展開と定着化、効果創出の支援
    • 先端CRMソリューションによるコールセンターシステムの統合、刷新の支援、および基盤の構築
    • ソーシャル化する顧客接点、多様化する顧客ロイヤリティの変化への対応支援、および管理基盤の構築
    • ソーシャル・メディアを活用したマーケティングプロセスの確立

  2. 会計領域(FEP)コンサルタント
    • 経営戦略から落とし込んだ共通の管理指標(KPI)と運用ルール (ex.組織階層ごとのKPI/KPIの更新プロセス)の設定
    • 横串での管理を実現するためのコード体系の統一 (e.g. 品目・仕入先・得意先・勘定科目)
    • SaaSの最適範囲での組み込みを踏まえた、グローバルレベルでの財務・経営管理業務標準化・統合化の実現支援
    • 標準化業務に基づき、最適範囲のシェアードサービス、アウトソーシングを組み合わせたローコストオペレーションの実現支援
    • クラウド、SaaSの「目利き」として、最新動向をおさえた最適なクラウド化、SaaS化の方向性を含んだシステムグランドデザイン策定支援

  3. 人事領域(HCM)コンサルタント
    • 人材情報の管理レベルや管理項目(ローカル限定、グループ/グローバル共通)、展開可能性や個別許容を加味したコア業務プロセスの設計
    • 管理モデルの標準化/テンプレート化に向けた実行計画の策定
    • 既存ERPやローカルシステムとの連携(IDM系や給与系)、データ移行やチェンジマネジメントを含めた大局的なプロジェクトの計画及び実行を通じ、HRIT個別ソリューションの導入に留まらない情報・ 基盤との統合実現
    • SaaSサービス(SuccessFactors, Workday, Oracle HCM cloud, ADP等)の活用によるグローバル/グループ人事のIT化の早期実現

  4. CRMエンジニア、5.会計領域(FEP)エンジニア、6.人事領域(HCM)エンジニア
    • 業界・業種を問わずCRM/FEP/HCMアプリケーション開発案件において、設計・開発・テスト・移行を担当
    • クライアントITグループ担当者やプロジェクト内上位者(基本設計者等)とのコミュニケーション
    • 案件担当者としてオフショアへの作業指示と受け入れの担当を担う可能性もあり

応募資格

必須要件
  1. CRMコンサルタント
    以下のいずれかの経験2年以上
    Salesforce, Pega, ServiceNow等のCRMソリューション(Config, Coding(Apex、Visualforce)またはJavaの開発経験

  2. 会計領域(FEP)コンサルタント
    以下のいずれかの経験2年以上
    • ERP会計/SCMの開発経験(SAP、Oracleでも可)
    • ERPのコンフィグ経験(SAP、Oracleでも可)
    • ERPプロジェクトのPMもしくはチームリード経験
    • 連結管理会計領域の開発経験(BOFC、BPC、Hyperionでも可)
    • 連結管理会計プロジェクトのPMもしくはチームリード経験

  3. 人事領域(HCM)コンサルタント
    以下のうちどれか最低1つの開発経験2年以上
    SAPHCM / OracleEBS / Oracle Peoplesoft / Workdays / SucccessFactors

上記1~3 (CRM, FEP, HCMコンサルタント) 共通
英語(TOEIC 650以上)

  1. CRMエンジニア
    以下のいずれかの経験1年以上
    Salesforce, Pega, ServiceNow等のCRMソリューション(Config, Coding(Apex、Visualforce)またはJavaの開発経験
  2. 会計領域(FEP)エンジニア
    以下のいずれかの経験1年以上
    ERP会計/SCMの開発経験(SAP、Oracleでも可)またはERPのコンフィグ経験(SAP、Oracleでも可)
  3. 人事領域(HCM)エンジニア
    以下のうちどれか最低1つの開発経験1年以上
    SAPHCM / OracleEBS / Oracle Peoplesoft / Workdays / SucccessFactors

上記4~6 (CRM, FEP, HCMエンジニア) 共通
ビジネスレベルの日本語

歓迎要件
  1. CRMコンサルタント
    • CRM(SFA、サービス、コールセンタ、PRM 等)の一般知識
    • CRMソリューション開発プロジェクトにおける3~5名程度のチームリード経験(チーム運営、進捗、品質、課題管理、クライアントフェーシング)

  2. 会計領域(FEP)コンサルタント
    • 財務会計/SCMスキルおよび当領域の要件定義スキル
    • 連結管理会計スキルおよび当領域の要件定義スキル

  3. 人事領域(HCM)コンサルタント
    • 人事管理業務の業務理解、システム構築・運用経験

  4. CRMエンジニア
    • CRM(SFA、サービス、コールセンタ、PRM 等)の一般知識
    • Salesforce開発プロジェクトにおける3~5名程度のチームリード経験2年以上(チーム運営、進捗、品質、課題管理、クライアントフェーシング)

  5. 会計領域(FEP)エンジニア
    • 財務会計/SCMスキル
    • ERPプロジェクトのPMもしくはチームリード経験2年以上

  6. 人事領域(HCM)エンジニア
    • 人事管理業務の業務理解、システム構築・運用経験
メール応募
閉じる
ITアウトソーシングコンサルタント
仕事内容
応募資格

仕事内容

ITアウトソーシングコンサルタントは、テクノロジーコンサルティング本部に所属し、お客様のニーズに合わせてアプリケーション、アウトソーシング、サービスのカスタマイズを行うことで「クライアントのニーズを形にする」役割を担っています。
開発と保守・運用だけでなく、長期的な関係を築きながら組織のハイパフォーマンス実現に向けた提案を行う、いわばお客様に最も近い戦略実行パートナーといえます。また、お客様とアクセンチュアが持つITテクノロジーをつなぐ”Hub”の役割も担っており、最新技術を駆使したより良いソリューションの提供をミッションとしています。

<対象となるお客様の業界/業種>
通信・メディア・ハイテク業界:通信、エレクトロニクス・ハイテク、メディア・エンターテイメント
金融サービス業界:バンキング、キャピタル・マーケット、保険業
製造・流通業界:消費財・サービス、小売り、自動車・産業機械、建設、不動産、運輸、旅行、航空宇宙・防衛産業、ライフサイエンス
公共サービス・医療健康業界:公共、保健・医療
素材・エネルギー業界:化学、電力・ガス事業、エネルギー、製紙・製材


応募資格

必須要件
  • Java、.Net、C++、VBなどの言語を用いたオープン系システム開発、もしくはCobolを用いた汎用系システム開発1年以上
  • SAPやOracle等のパッケージを用いたカスタマイズ経験、システム設計、開発、運用保守などの経験1年以上
  • Oracle DBやSQLServerの構築運用経験、Linux管理作業(rootを使った作業)経験

歓迎要件
  • 特定業界の業務に関する知識
  • ビジネスレベルの英語能力(ユニットによって需要が異なります)

求める人材
  • 新しいことにチャレンジする気持ちを持っていること 
  • 途中で投げ出さずに、やりきる強い気持ちを持っていること 
  • 物事を客観的にとらえて、論理的に考えをまとめ、相手に応じた最適なコミュニケーションで仕事をこなせること

メール応募
閉じる


社員紹介

YOKO O.
素材・エネルギー本部
スペシャリスト
詳しく
AKIKO O.
テクノロジーコンサルティング本部
シニア・アナリスト
詳しく
MIHO Y.
通信・メディア・ハイテク部門
シニア・アナリスト
詳しく
DAISUKE M.
通信・メディア・ハイテク部門
シニア・マネジャー
詳しく
KAZUKO N.
テクノロジーコンサルティング本部
シニア・アナリスト
詳しく
AKIHITO I.
テクノロジーコンサルティング本部
シニア・マネジャー
詳しく
YOSHINORI M.
テクノロジーコンサルティング本部
シニア・マネジャー
詳しく
Yoko O.

Yoko O.

素材・エネルギー本部
スペシャリスト

生まれ育った関西でスケールの大きな仕事に
携わりたいと、コンサルティング業界へ転職
Q これまでのキャリアを簡単にご説明ください。

前職は独立系SIerで、主に通信業界のお客様のインターネットサイトのWebシステムやAndroidアプリの構築に携わっていました。
お客様が抱える経営課題の解決や経営目標を実現するための重要な打ち手である「システム化」という施策に関われることにやりがいを感じつつも、「システム化ありき」での助力がメインとなるSIerのサービス範囲に、もどかしさも感じていました。そうしたジレンマから、私はより大きなスケールでお客様の課題に寄り添えるコンサルティング企業への転職を考えました。

Q アクセンチュアへの入社を決めた理由と、関西オフィス所属を選んだ理由を教えてください。

私は生まれも育ちも関西です。前職の勤務地も関西だったため、これからも関西で働きたいという強い気持ちを持っていました。
コンサルティング業界で働きたいという思いで転職活動を始めた際も、関西地域の企業に絞って活動を進めていました。その条件にあてはまり、かつ関西での事業拡大を目指すアクセンチュアを知り、ここしかないと思いました。

Q 現在どのようなプロジェクトに参画していますか?

大手化学メーカーのお客様のプロジェクトにて、アウトソーシング・業務改善に基づくコスト削減の取り組みをしています。
私は現在、お客様のシステム系子会社に出向し、組織内部からの改善の一助となるべく、お客様と肩を並べて日々の業務を行っています。
現在進行中のメインテーマは「オフショア化によるコスト削減」です。アクセンチュア・ジャパンのメンバーを介することなく、お客様がオフショア先のアクセンチュアのメンバーと直接コミュニケーションをしていますが、オフショアのメンバーとお客様側、双方の「対応力の強化」を私のミッションとして取り組んでいます。

Q 入社後に働き方で迷ったことはありましたか? また、それをどのように解消したかを教えてください。

アクセンチュアのワークスタイルに十分に慣れていなかった入社直後の頃のことです。参画したプロジェクトで、「この現場で働くのは自分に合わないのではないか」と感じたことがありました。その気持ちを自分のキャリアカウンセラーに正直に相談してみたところ、わざわざ東京から飛んできてくださって、話を聞いてもらえました。そして話をしただけでなく、実際の状況の改善にも動いてくれました。

AKIKO O.

AKIKO O.

テクノロジーコンサルティング本部
シニア・アナリスト

「関西のお客様のプロジェクトでバリューを発揮したい!」という夢が叶った
Q 現在のお仕事の内容と、そのやりがいをお聞かせください。

大手電力会社のお客様のシステム開発プロジェクトで設計を担当しています。現在はお客様先に常駐しながら、主に「新規メニューの設計」と「開発担当者のスケジュール管理」を遂行しています。
私にとって電力業界のプロジェクトは初めての経験です。社会インフラを担う企業のプロジェクトであり、その規模の大きさを強く実感しています。業務内容も前職では未経験の領域だったので毎日が新鮮です。新しい業務ナレッジをどんどん獲得できることにやりがいを感じています。

Q これまでのキャリアや転職のきっかけをご説明ください。

前職では、金融・公共・医療などの業界のお客様向けのシステム開発やWeb・モバイルのシステムソリューションを手掛けるIT企業に勤めていました。その中でも主に損害保険のシステム開発・保守運用などに携わっていました。
前職も多くの経験ができる職場ではありましたが、日々働く中で私は「もっと主体的にビジネスの方向性を決定できる仕事に携わりたい」と考えるようになりました。自分の経験をもっと広げながらスキルをさらに高めたいと考え、思い切って転職を決意しました。

Q 転職にあたって不安などはありましたか? その不安はどのように払拭したのか教えてください。

私には海外留学の経験もなく、英語のスキルが十分ではないと感じていました。そのため、外資系企業に採用された場合、その企業の働く環境にうまく適合できるかどうかという点に不安を感じていました。
ですがアクセンチュアでは、海外オフィスで働いている社員と週1回、Skypeで会話する「ランゲージ・バディ・プログラム」など、英語のスキルを向上するための研修やメニューが充実しているため、今は安心して英語のスキルアップに取り組んでいます。入社前に英語スキルに自信がない人でも安心だと思います。

Q アクセンチュアに入社を決めた理由や関西オフィス所属を選んだ理由は何ですか? アクセンチュアの関西オフィスで働く魅力も教えてください。

私は関西出身で、大学までずっと関西で生活してきました。そのため、元から関西での勤務を希望していました。前職も所属オフィスこそ関西だったものの、結局は首都圏での案件が多く、自分の希望する関西のお客様の業務を行うことはできませんでした。
一方でアクセンチュアには関西のお客様の案件・プロジェクトが充実しています。私のやりたい仕事ができていますし、待遇などの面でも私の希望にマッチしているので満足しています。

Miho Y.

Miho Y.

通信・メディア・ハイテク部門
シニア・アナリスト

IT、語学、経営に関する知見、女性の活躍。
すべてがそろった環境で成長したい
Q これまでのキャリアと現在のお仕事について教えてください。

前職は商社の情報システム事業部でインフラ系のシステムエンジニアとして働いていました。仕事を始めて5年ほど経った頃に中小企業診断士の資格取得に向け勉強したことがきっかけで、企業経営について学んだことを実務に活かしたいと思うようになりました。研修でアメリカに1年間滞在した経験もあり、語学力を活かすチャンスも探していました。
アクセンチュアが女性の活躍に積極的に取り組んでいるということを知り、これまで身に着けたITスキル、語学力をより高めるためにもぜひ挑戦してみようと考えてアクセンチュアに応募しました。
現在はメーカー企業のお客様の海外展開プロジェクトに参画しています。ターゲット地域選定のためのニーズ調査、販売方法の選定などにおいて、お客様の方針決定を支援する情報収集(文献調査や専門家へのインタビュー、各国情報比較など)をしています。
データ分析の際などに中小企業診断士で勉強した内容が役立つこともあります。学んだことが実務の中で出てくると嬉しくなりますし、有益な情報を引き出せたときにはやりがいを感じます。まだまだ知識も経験も足りないと感じる毎日ですが、自分の力を信じてくれる同僚・上司の存在がとても大きな力になっています。

Q アクセンチュア入社を決めた理由、また関西オフィス所属を選んだ理由を教えてください。

面接で出会った方々がとても魅力的でした。それが入社の決め手です。
アクセンチュアの面接官は誰に会っても人を引き込む力がありましたし、プライドをもって仕事に取り組む姿勢が自分のキャリアアップに必要なものだと感じました。
最終的には「この人たちと働けたら、きっと楽しいだろう」という自分の直感を信じて決断しました。
私は学生時代と前職を関西で過ごしており、慣れた土地で新しい仕事に集中できたのも自分にとって幸いでした。同月入社の関西オフィス所属のメンバーとも、すぐに打ち解けられました。

Q 制度・福利厚生やトレーニングで活用したものがあれば教えてください。

既に活用した制度は在宅勤務です。通勤時間を省略できるだけで、1日の時間の使い方が変わります。語学力は社内のLanguage Buddy Program(海外オフィスに所属するネイティブスピーカー(英語)社員がボランティアで英語を教えるプログラム)で磨いています。
女性のキャリア支援のほか、トレーニングもテクノロジー系からコンプライアンス、語学など、あらゆるカテゴリーがそろっています。全社員が同じソースへアクセスできるプラットフォームとして整備されている企業はアクセンチュアくらいなのではないか、と感じます。

Daisuke M.

Daisuke M.

通信・メディア・ハイテク部門
シニア・マネジャー

成長機会を求めてアクセンチュアへ。
未経験領域にも迅速対応できるスキルが身についた
Q これまでのキャリアや転職のきっかけをご説明ください。

前職はSIerの業務コンサル部隊に所属し、SCM領域の業務改革やシステム導入に携わっていました。古き良き日本企業の文化を持つ会社でしたが、さらなる自己研鑽と成長機会を求めて転職を考えました。
アクセンチュア出身の同僚に相談してみたところ、「成長機会を求めるならお勧めだよ」とアドバイスをもらい、アクセンチュアへの転職を希望する気持ちになりました。

Q 現在の業務内容を教えてください。

メーカー企業のIT部門における組織戦略・人材戦略の実行支援を担当しています。IT部門に求められる業務機能やスキルを定義し、組織としてそれらの要件を満たすための施策をお客様と共に検討するといった業務です。
組織戦略に従い、IT部門の社員の方々のキャリアパスや育成の枠組みの検討も担当したほか、人材育成プロジェクトの企画・運営も行っております。このプロジェクトでは、講義カリキュラムの作成や、講師を依頼するアクセンチュアのマネジング・ディレクターとの調整、講義資料の準備も行っています。
お客様から「今日はいいディスカッションができた」などの言葉をいただけると非常に嬉しく、仕事を進める上でのエネルギーになります。お客様の思考の“一歩先”を行くことを常に心がけて仕事をしています。

Q アクセンチュアで身につけたスキル、成長実感のある領域は何ですか?

最も身についたのは、「未経験の業務領域でも迅速にキャッチアップするスキル」です。
プロジェクトではお客様が抱える様々な課題を目の当たりにします。アクセンチュアでは社内に蓄積された知見や人脈を活用することで、お客様の課題解決に資する情報を得られます。それらの情報やエキスパートの意見を聞きながら、自分なりに解決策を検討していくスキルが身につきました。

Q 関西オフィス所属を選んだ理由を教えてください。

前職で私はコンサルタントとして東京で働いていました。しかし妻は大阪で働いており、実家も大阪だったのでUターンを検討していました。
転職先としてコンサルティング企業とメーカー企業のIT部門を探していました。私は成長意欲が強かったので、「アクセンチュアの3年は他社の10年」と言われる成長の場がどのような環境なのかに興味を持ち、アクセンチュアを選びました。

Kazuko N.

Kazuko N.

テクノロジーコンサルティング本部
サービス・デリバリーグループ シニア・アナリスト

仕事でのパフォーマンス発揮と二児の子育て。
自分らしいキャリアで、どちらも充実
Q アクセンチュアを選んだ理由を教えてください。

前職はベンチャー企業で社内システムの保守運用などに携わっていました。ベンチャー企業ならではの活気は刺激的でしたが、自分の経験を広げる上での限界を感じていました。転職先としてコンサルティング業界に目を向けたのは、経営全体を見渡した上で主体的にビジネスの方向性を考えられる仕事に関心を持ったからです。
アクセンチュアはお客様の業種が多岐にわたり、幅広い案件に携われる点に惹かれました。

Q アクセンチュアに入社して感じたことは何ですか?

入社して感じたのは、「Think Straight, Talk Straight」の文化が想像以上に深く根づいていることです。こうした社風のおかげで、大企業にも関わらずベンチャーよりも風通しが良いと感じますね。

Q 関西オフィス所属を選んだ理由を教えてください。

私はアクセンチュア入社後に結婚しました。夫は関西で仕事をしていたため、私も自分の生活基盤を関西に移したいと考えていました。
関西オフィス勤務を志望したところ、関西のある大学のプロジェクトにアサインしてもらうことができ、約5年にわたってその大学の財務会計システムのヘルプデスクや保守運用を担当しました。こうした配置の柔軟性は、日本各地のプロジェクトがあるアクセンチュアならではと感謝しています。

Q 現在はどのようなワークスタイルで働いていらっしゃいますか?

第1子出産のため産休・育休を取得し、その後復帰しました。復帰時も働き方や仕事内容などについて面談を行って、その時の私の状況を考慮した新しいポジションを提案してもらうことができました。第2子の育休が明けてからは、時短勤務で働いています。
産休・育休や時短勤務だけでなく、家庭とキャリアの両立に悩んだ際に相談できるカウンセラー制度や、育児をしながら働いている他の女性社員に気軽にコンタクトできる仕組みもあるなど、アクセンチュアはワーキングマザー支援が充実しています。多様な働き方を受け入れる柔軟な職場であることを実感しています。

Q アクセンチュアで働く中で、どのような成長を実感していますか?

仕事はもちろん育児などの経験を積む中で、何ごともロジカルに考えて行動できるようになった点に自身の成長を感じます。
また、産休・育休を取得するメンバーが身近にいるときには、自分の経験を生かして役立ちたいと思っています。アクセンチュアには誰もが自分らしいキャリアを築ける環境があります。女性社員が特別視や特別待遇されることもなく、平等で公平だと思います。

Akihito I.

Akihito I.

テクノロジーコンサルティング本部
シニア・マネジャー

双子の誕生で故郷の関西へ異動。
「クライアント・ファースト」と「人の温かさ」がアクセンチュアの魅力
Q 現在の業務内容を教えてください。

大きく分けて3つの仕事を担当しています。
1つめは、中央省庁の長期ビジョン検討に向けた提案。10年先の未来へ向けた政策実現や変革のロードマップ、システムブループリントの策定を行っています。
2つめは、大手メーカー企業のお客様のグローバルシステムの刷新プロジェクト。インフラストラクチャ・アーキテクチャ全般を任されています。
3つめは、同じお客様におけるIoTプラットフォームの将来構想を策定するプロジェクト。PoC(概念実証)を行いながら分析環境の構築や分析モデルの確立が進行中です。

Q 業務のやりがいやアクセンチュアの強みを感じるポイントは何ですか?

アクセンチュアのお客様の大部分は政府や大企業なので、私たちが取り組む仕事はまさに日本全体の課題解決に直結する内容といっても過言ではありません。要求水準も高いですが、その期待に応える提案や価値を提供できることは大きなやりがいです。
アクセンチュアの強みは「クライアント・ファースト」の考え方にあると思います。お客様の言いなりになるのではなく、時には「No」も言える信頼関係を構築し、お客様とともに難しい課題に挑戦する覚悟と、その困難を乗り越える実力があります。

Q 入社前に不安はありましたか?

私はSIerから転職した中途入社です。入社前は、全てが不安でしたが、入社してみてアクセンチュア社員の温かさに驚きました。互いの体調や家庭の事情などに気にかけてくれますし、個人のキャリア形成・育成に重きを置くなど1人ひとりの意思を尊重するカルチャーがあります。ぜひ飛び込んでもらって経験して欲しいと思います。

Q 関西オフィス所属を選んだ理由を教えてください。

入社当時は東京オフィスで6年ほど仕事をしていました。同郷出身の妻が関西に戻りたいと常々口にしており、双子の子どもが生まれたことをきっかけに、関西オフィスへ異動しました。

Q 活用した制度・福利厚生を教えてください。

子どもが誕生した際に、在宅勤務制度を利用しました。おかげでプロジェクトに穴を空けることなく、業務を円滑に進めることができました。
上司からの、「子育てができる時期は限られているから、育児を優先させなさい」という言葉が胸に響きました。おかげで、チームメンバーに迷惑をかけたのではないかという心苦しい気持ちが晴れました。アクセンチュアでは男性社員も育児休業や在宅勤務の利用が一般的になっています。

Yoshinori M.

Yoshinori M.

テクノロジーコンサルティング本部
シニア・マネジャー

自分をもっと成長させられる場に出会い、
チャレンジへの意欲が再び湧き出た
Q これまでのキャリアや転職のきっかけをご説明ください。

前職はSIerでメインフレーム系の大型SI案件の経験を活かして、システムの可視化ソリューションやメインフレームマイグレーションに長年携わってきました。
ミッションクリティカルなシステムをメインフレームマイグレーションするプロジェクトにおいて、SIerはお客様の方針が決定したフェーズからの参画になりがちです。私は、お客様にベストな方針を提案したいと考えています。プロジェクトの企画段階から参画できるコンサルティング企業の方が、SIerよりもお客様により魅力的な提案が可能なのではないかと考え、アクセンチュアへ転職しました。

Q アクセンチュアに入社を決めた理由や関西オフィス所属を選んだ理由は何ですか?

アクセンチュアならば前職ではできなかったお客様層にアプローチでき、仕事の幅を広げることが可能だと期待したからです。
アクセンチュアではAMO(Application Modernization & Optimization)を行っており、このチームであれば私が今まで培ってきたメインフレームマイグレーションの知見や経験を最大限に発揮できると考えたことが転職の理由です。
また、大阪で生活している両親も高齢となり、将来について考えていたことも転職の動機になりました。
そうした背景があるなかで、アクセンチュアの関西オフィスに採用されたことは転職を決意する大きな決め手になりました。

Q アクセンチュア、および関西オフィスで働く魅力は何だと思われますか?

アクセンチュアで働く魅力は、新しい知識に触れたり先進的なプロジェクトを経験したりできる機会が多くある点です。
すでにSIerで長い経験を積んできた自分自身をさらに成長させられるチャンスに恵まれています。そうした環境の中で、アクセンチュアは新しいことにチャンレンジする意欲を思い出させてくれました。
前職では、お客様にソリューションを提案する際も、特定の取引先ベンダーや自社製品/サービスなどで制約があり、必ずしもお客様にとってベストな選択肢を提供できない事もありました。ですがソリューションフリーのアクセンチュアでは、お客様に満足いただける選択肢を提案・提供できるのでやりがいを感じます。