Skip to main content Skip to Footer


アクセンチュア・インタラクティブ採用情報

ACCENTURE INTERACTIVE

黒川 順一郎

デジタル コンサルティング本部
マネジング・ディレクター
アクセンチュア インタラクティブグループ日本統括
黒川 順一郎

アクセンチュア インタラクティブは、お客さま企業のブランド、並びにそのブランドが提供する体験のデザイン、ビジネス戦略立案、テクノロジ戦略立案、クリエイティブ戦略立案、コミュニケーション戦略立案、業務・テクノロジ実装、オペレーションまでを一貫して提供することをミッションとする、グローバルグループです。

アクセンチュアが元来持っている強みであるコンサルティング、テクノロジーの要素に加え、クリエイティビティを併せ持つユニークな集団で、お客さまの“エクスペリエンス・エージェンシー”であることを志向します。

グループ設立以来、アクセンチュア インタラクティブは年々進化を続けており、2017年度は、アジア太平洋地域を代表する広告・マーケティング誌「Campaign Asia-Pacific(キャンペーン・アジアパシフィック)」が主催する「2017年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」において、日本部門の「デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」最高賞である金賞を受賞しました。

お客さまに寄り添い、“エクスペリエンス・エージェンシー”であり続けるためにも、アクセンチュア インタラクティブは多様な領域におけるトップタレントが仲間になってくださることをお待ちしています。様々な文化やバックグラウンドを尊重しつつ融合してサービスを提供する、という強みを活かした組織で、是非ご自身の個性や能力を発揮し、日本のデジタル変革推進を経験していただきたいと思います。


ACCENTURE INTERACTIVEのビジネス詳細についてはこちら

募集中のポジションはこちら

Digital Transformation Consultant
仕事内容
応募資格

仕事内容

お客さまや生活者体験を起点として、クライアント企業のデジタル改革に関する計画立案・実現支援を担います。また、アクセンチュアインタラクティブ、アクセンチュア全体のオファリングに精通し、多様なタレントやサービスラインとコラボレーションして、クライアント企業の成長を最短距離で実現するためのダイナミックなソリューションや、クライアント企業の環境を踏まえた全体アーキテクチャを提案することが期待されます。クライアント企業にオーナーシップを持ち、変革実現におけるアクセンチュアの要となる職種です。

<具体的な業務内容例>
  • 先進デジタルサービス/テクノロジーの調査・評価
  • 企業・業務・システムの課題抽出、デジタルを活用した変革テーマ企画・立案
  • デジタル/IT組織、投資戦略立案
  • 変革施策抽出と実行管理

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方
[Business Consultant出身]

  • 通信・ハイテク・メディア・エンターテイメント/製造小売り流通/金融のいずれかの業界経験
  • 事業企画・マーケティング・営業・販売・カスタマーサービス業務理解
  • 戦略コンサルティング・事業企画の経験(実務経験)
  • ロジカルデザインシンキング
  • 業務改革経験

[Technology Consultant出身]

  • SI実務経験
  • テクノロジーコンサルティング経験(実務経験)
  • ロジカルデザインシンキング
  • 業務改革経験
歓迎要件

[Business Consultant出身]

  • 高度なプレゼンテーション能力
  • デジタルビジネス・サービストレンドに対する、高い感度と洞察力
  • 提案力
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション

[Technology Consultant出身]

  • 高度なプレゼンテーション能力
  • デジタルテクノロジー、トレンドに対する、高い感度と洞察力
  • マーケティングテクノロジに関する理解
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Service Designer
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客体験を主軸に、顧客企業のデジタル時代における新たなサービス(事業)のあり方を企画(デザイン)します。真に生活者(顧客企業のサービスの利用者)体験の視線からインサイトを抽出し、新しい視点に基づく事業やサービスアイデアを着想し、五感を用いて直感的に理解できる方法でアイデアを表現します。大胆かつ新鮮な視点から、実際の顧客企業の新たな事業を着想し、実際に顧客企業のサービス(事業)へと具現化していく、ダイナミックなサービス(事業)デザインを行っていく職種です。大きな経営・事業変革テーマの中で、インパクトのあるテーマに取り組み、そのアウトプットをアクセンチュアの総合力をもって現実のものにしていくことで、クライアント企業のパフォーマンス改革を行うことができます。

<具体的な業務内容例>
  • 業界トレンド、事業トレンド把握、サービストレンド把握
  • 市場や競争環境・利用者動向など、定量データの把握・分析
  • 生活者理解、テクノロジートレンド理解、ビジネス環境の将来動向理解に基づくインサイト抽出
  • エスノグラフィー調査・デプスインタビューの設計と推進
  • 社内外における、ブレインストーミング、ワークショップや各種イベントにおけるファシリテーション
  • 革新的なサービス・デザインのコンセプト策定
  • 社内外のデザイナーやイラストレーター達との協業によるエクスペリエンスの設計

応募資格

必須要件

下記 いずれか3年以上経験をお持ちの方

  • デザイン工学の理解
  • サービスデザインの経験(ビジョン/コンセプト策定, 新規事業/サービスの企画・立上げ, Web/Mobileサービスの企画・立上げ)
  • クリエイティブ・デザインシンキング(デザイン思考の方法論)についての理解・経験
  • ビジョン・ステートメント, Future Vision, ロードマップ, Product evolution mapping の知識および業務経験
  • 新規ビジネス策定経験
歓迎要件
  • デザインコンサルティング先進事例に関する理解と知見 (Professional Soft Skills)
  • テクノロジー・トレンドや世の中/生活者トレンドに対する、高い感度と洞察力
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Digital Strategist
仕事内容
応募資格

仕事内容

デジタル革命が引き起こす競争環境の抜本的な変化に直面するクライアントに対し、事業戦略立案のアプローチと、生活者の体験・感情を起点とした“デザイナー”としての直観力を組合せ、顧客企業のデジタル時代の新たな事業・ビジネスモデルの構築を支援します。デジタル化が生むディスラプションに対する本質的な理解に基づいた環境分析を行うとともに、顧客企業のサービス・収益・組織構造のみでなく、ミッション、歴史、文化も踏まえた顧客企業理解のもと、生活者視点に基づく新たな視点を加え、デジタル時代において顧客企業がとるべき事業ドメイン・主要戦略の方針を策定します。新たな事業モデルへの転換・立上げに向けた、クライアントの組織・ケイパビリティ変革も含めた、実行可能な企業変革までの道筋を描き、顧客企業の事業変革に必要な準備を整えます。

<具体的な業務内容例>
  • 業界トレンド、事業トレンド把握、技術トレンドの把握と分析
  • 顧客企業のサービス、収益構造、組織構造等、内部環境の分析
  • 経営の在り方の検討、進出ドメインの定義
  • 新たなサービスのコンセプトの定義
  • 社内のケイパビリティ・組織構造の在り方の定義
  • ビジネスケース(収支計画・投資計画)と実行計画の策定

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • 経営学の基本的な知識
  • 戦略コンサルティング・企業経営企画の経験(実務経験)
  • ロジカルシンキング
  • デザイン思考への理解
  • 新規事業計画立案経験
歓迎要件
  • クライアントへの大きな変革を提言する強いオーナーシップと高い人間力
  • 高度なプレゼンテーション能力
  • ビジネス環境・テクノロジー・顧客トレンドに対する、高い感度と洞察力
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Brand & Creative Strategist
仕事内容
応募資格

仕事内容

デジタルによるディスラプションが進む中、自社のポジショニングやあり方の見直しが迫られている顧客企業に対し、生活者、ビジネス、テクノロジのトレンドに関する深い洞察に基づき、クリエイティブなアプローチでクライアント企業と生活者のコミュニケーションのあり方をデザインします。企業ブランディング、サービスブランディング、サービスコンセプトデザイン、コミュニケーションプラン、コンテンツプランを策定し、デジタルを活用した具体的なクリテエイティブ戦略の立案と具体的なデザインを担当します。マーケティングの枠を超え、企業戦略レベルでクライアント企業をクリエイティブアプローチで支援することで、そのパフォーマンス改革を実現していきます。

<具体的な業務内容例>
  • ブランド戦略立案、コンセプト策定
  • コミュニケーションプラン・施策策定
  • クリエイティブディレクション
  • ビジュアライゼーション

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • ブランド戦略立案の経験
  • クリエイティブディレクターの経験
  • アートディレクターの経験
  • デザインシンキング
歓迎要件
  • 高度なプレゼンテーション能力
  • ビジネス環境・テクノロジー・トレンドに対する、高い感度と洞察力
  • 先端デザイントレンドへの感度
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
  • デジタルテクノロジーバックエンドへの理解
  • 新規部署/会社設立経験者、歓迎
メール応募
閉じる
Digital Product & Service Creator
仕事内容
応募資格

仕事内容

デジタル接点における生活者との関係構築が重要性を増し、デジタル接点こそが最前線を担うようになっている顧客企業のビジネスにおいて、ユーザインタビュー、リサーチ、ワークショップなどを通じて生活者視点で、生活者とクライアント企業の関係性となる新たな顧客体験をデザインします。その上で、デザインされた顧客体験を素早く目に見える形でプロトタイプとして実現し、検証と改善を繰り返しながら、本格的なサービス立ち上げにつなげてゆきます。

<具体的な業務内容例>
  • ユーザインタビューやリサーチを通じ課題の発見、定義
  • ワークショップを通じたアイディエーション
  • コンセプトメイキング
  • UI/UX設計
  • アプリプロトタイピング
  • ハードウェアプロトタイピング

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • デザインシンキング
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • UI/UX設計スキル
  • アプリプロトタイピングスキル
  • ハードウェアプロトタイプ設計(電子工学・プログラミングスキル)
  • 2Dスケッチ/3Dモデリングスキル
歓迎要件
  • ロジカルシンキング
  • 高度なプレゼンテーション能力
  • インタビュー/ワークショップの設計、ファシリテートスキル
  • ビジネス環境・テクノロジー・トレンドに対する、高い感度と洞察力
メール応募
閉じる
Marketing Data Scientist
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客企業のマーケティング戦略立案に必要不可欠な、様々なデータの収集・分析・可視化を行い、顧客企業のビジネス目標達成に必要なアクションプランを導き出します。

<具体的な業務内容例>
  • マーケティングデータ収集のためのプラットフォーム構築
  • 分析ツールを駆使した、マーケティングデータの加工・可視化
  • 分析ツールを駆使した統計分析
  • アクションプランをロジカルに取り纏めた提案書作成

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • 運用型デジタル広告最適化経験(GA、配信最適化ツール運用経験)
  • ウェブアクセス解析/SNSデータ分析運用実務経験(Adobe Analytics、Facebook Analytics、Social Listening Toolなどの運用経験)
  • BIツールの活用経験(Tableau, Altrycs, DOMO, Clicktale などの活用経験)
  • マーケティングテクノロジーに関する理解
歓迎要件
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Strategic Media Planner
仕事内容
応募資格

仕事内容

マーケティングを科学的に設計し、実行施策と経営貢献を可視化することで、投資の最適化(ROI最適化)を実現します。マス・デジタルチャネルを横断し、経営レベルのKPIから施策レベルのKPIを垂直に結び、可視化することで、マーケティング投資効果の最適化を図ります。クライアント企業目線で経営戦略とアラインしたKPI設計・モニタリングをすることで、経営目線で真に効果のあるパーソナライズドマーケティングを実現し、企業パフォーマンス改革に貢献してゆきます。

<具体的な業務内容例>
  • 経営から施策レベルのKPI設計
  • パーソナライズドマーケティング戦略立案
  • mROI分析をベースにしたマーケティング予算配分最適化
  • PDCA設計(プラットフォーム、分析ロジック、組織)

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • メディアプラニング(マス・デジタル両方)経験
  • マーケティングKPI設計・運用実務経験
  • mROI最適化経験
  • ロジカルシンキング
  • データ分析実務経験
  • マーケティングテクノロジーに関する理解
歓迎要件
  • 高度なプレゼンテーション能力
  • ビジネス環境・テクノロジー・トレンドに対する、高い感度と洞察力
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Strategic Communication Designer
仕事内容
応募資格

仕事内容

マーケティング、コミュニケーションの戦略立案・企画提案業務。クライアントのビジネスゴールやKPIなどを深いレベルで理解しながら、クライアントのマーケティング活動全般をサポートします。また、最新のデジタルコミュニケーションのトレンドや、データドリブンなアドテクノロジーを理解し、コンサルティングチームおよびテクノロジーチームと連携をとりながら、アクセンチュアならではのトータルなマーケティングソリューションを、宣伝広告セクションはもちろん、経営層レベルへもダイレクトに提供します。

<具体的な業務内容例>
  • マーケティング戦略やコミュニケーションアイディア立案時の情報リサーチ
  • インターナルでのコミュニケーションアイディア提案
  • PJ内マーケティングチームのサポート
  • 提案書や制作物のサポート業務
  • インターナルチームやパートナーエージェンシーとのコミュニケーションサポート

応募資格

必須要件

下記いずれか該当する経験をお持ちの方

  • 広告代理店またはデジタルエージェンシーにて、3年以上の広告・マーケティングエリアでの業務経験
  • デジタル施策をメインにしたキャンペーンプロモーション実施、実施チームへの参画経験
歓迎要件
  • 英語でのコミュニケーション能力
  • マーケティングコミュニケーションのアイディア/発想能力
  • クリエイエティブ・テクノロジー・デジタルトレンドに対する、感度と洞察力
  • マーケティングテクノロジーに関する理解
  • プロアクティブなコミュニケーション力
  • チームコラボレーション
メール応募
閉じる
Digital Content Strategist
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客企業との強固なパートナーシップのもとで、デジタルコンテンツをデザイン・設計・運用することで、顧客企業のビジネスおよびマーケティングの目標をデジタルソリューション、実行プラン、具体的なアイディア、顧客体験にまで落とし込んでゆきます。

<具体的な業務内容例>
  • ビジネスおよびマーケティングの戦略的な目標のコンテンツおよびデジタルマーケティングへの落とし込み
  • コンテンツおよびデジタルマーケティングに関するビジネスケースの立案
  • ハイレベルなプランニング(デリバリーロードマップ、オペレーティングモデル、およびガバナンスモデルなど)
  • ハイレベルなソリューションアーキテクチャの定義と合意形成
  • 上級管理職および幹部レベルに対するプレゼンテーション
  • ソリューションの値付けおよび見積り
  • プロジェクトリードとして、クライアントコミュニケーションを円滑に進め、コンテンツサービス関連の業務を牽引
  • クロスカルチャーかつグローバル案件のマネジメント

応募資格

以下の項目の複数で5年以上の経験を有すること

  • 経営幹部、ならびにビジネス・IT・マーケティングのシニアな現場担当との信頼関係の構築
  • 大規模コンテンツおよびデジタルマーケティングソリューション
  • マーケティングプロセスをソリューションへの落とし込み
  • クライアントマネジメント、セールスもしくはデリバリのリード
  • クリエイティブエージェンシー、もしくはシニアなマーケティングチームとの連携
  • ビジネス提案、値付け/見積り、プロジェクトファイナンス管理
  • オフショアを使った開発、運用のリード
メール応募
閉じる
Digital Content Management Consultant
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客企業との強固なパートナーシップのもとで、デジタルソリューション、実行プラン、具体的なアイディア、顧客体験に落とし込まれたプロジェクトの進め方を具体的に設計します。その上で、顧客企業のビジネスゴールの実現に向けてプロジェクトを管理・推進します。

<具体的な業務例 (Project Manager)>
  • マーケティング、クリエイティブ、IT、コンテンツ開発のチームを横断した作業管理
  • クリエイティブエイジェンシーが作成したモックアップから最終的なデリバリーまでを含むコンテンツサービスマネジメント
  • マーケティング・クリエイティブ・技術者・品質管理者と伴に、キャンペーン施策やソリューションを実施するためのウェブサイト運営管理
  • デジタルキャンペーン施策PDCAマネジメント
  • オフショアの作業マネジメント
<具体的な業務例 (Business Analyst)>
  • マーケティングに関する要件のコンテンツソリューションへの落とし込み
  • デザイン/モックアップの開発要件整理、ウェブサイト設計への落とし込み
  • マーケティング/クリエイティブ担当者とともに、キャンペーン施策やソリューションを開発・実施
  • ウェブサイトやキャンペーン施策の継続的なPDCA運用

応募資格

以下の複数項目で3年以上の経験を有すること

  • コンテンツソリューション設計
  • ウェブサイトディレクター/プロデューサー、運用リード
  • クリエイティエイジェンシーやマーケティングチームを含むBA(ビズネスアナリティクス)およびクライアントマネジメント
  • UI/UXデザインマネジメント
  • 中/大規模チームの運用リード
  • グローバルウェブサイトの運用
  • オフショアチームの作業マネジメント
  • プロジェクトの値付け/見積り、プロジェクトファイナンス管理
  • ウェブサイトディレクター/プロデューサー、運用リード
  • BA(ビズネスアナリティクス)、UI/UXデザイン
  • グローバルウェブサイトの運用
  • オフショアチームとの作業経験
メール応募
閉じる
Digital Commerce Strategist
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客企業がオムニチャネルデジタルソリューションを設計・導入・運用する上でのパートナーとして、顧客企業のビジネス目標に基づく、デジタルソリューション・実行プラン・顧客体験デザインへの落とし込み、および導入・運用に関するロードマップの策定を行います。

<具体的な業務内容例>
  • 戦略的ビジネス・マーケティング目標に基づく、デジタルカスタマーサービスとオムニチャネルコマースに関連したソリューション方針策定
  • ハイレベルなプランニング(デリバリーロードマップ、オペレーティングモデル、およびガバナンスモデルなど)
  • デジタルカスタマーサービスとオムニチャネルコマースに関連したソリューションのビジネスケースの立案
  • コンセプトレベルでのソリューションアーキテクチャの定義
  • ソリューションの費用対効果試算、値付けおよび見積り
  • 上級管理職および幹部レベルに対するプレゼンテーション

応募資格

以下の複数項目で5年以上の経験を有すること

  • 経営層・ビジネス及びIT部門の経営幹部との信頼関係構築
  • セールス及びデジタルソリューションの提案
  • 大規模なオムニチャネルコマースまたはデジタルカスタマーサービスに関するソリューション導入
  • クライアントの管理/セールスまたはデリバリーの統括
  • ビジネス提案、値付け/見積り、プロジェクトファイナンス管理
  • クロスカルチャーかつグローバル案件のマネジメント
メール応募
閉じる
Digital Commerce Technology Consultant
仕事内容
応募資格

仕事内容

顧客企業がオムニチャネルデジタルソリューションを設計・導入・運用する上でのパートナーとして、顧客企業のビジネス目標に基づく、デジタルソリューション・実行プラン・顧客体験デザインへの落とし込み、および導入・運用に関するロードマップの策定を行います。

<具体的な業務内容例>
  • オムニチャネル、コマース、カスタマーサービス業務に関わる要件定義とソリューション選定
  • オムニチャネルコマースソリューションに関する機能から導入全般にわたるスペシャリストとしてのアドバイス提供
  • ビジネス目標と要件に合わせたソリューション選定・導入

応募資格

以下の複数項目で3年以上の経験を有すること

  • 大規模なコマースまたはデジタルカスタマーサービスに関するソリューション導入・デザイン
  • 業務要件に基づくオムニチャネルデジタルソリューションの選定
  • eコマースの機能設計・テクニカルアーキテクチャー定義および運用モデル設計
  • デジタルソリューション導入における機能面・技術面でのリード
  • オフショアの作業マネジメント
メール応募
閉じる
社員紹介
Taehan.Y
マネジャー
さらに詳しく
Sotatsu.K
シニア・マネジャー
さらに詳しく
Todd.B
シニア・マネジャー
Coming Soon
Yoko.K
マネジャー
さらに詳しく
Koji.T
マネジャー
さらに詳しく
Yoshiki.S
シニア・マネジャー
さらに詳しく

リスペクトしあえる仲間と共に、お客さまの期待に応える結果を出す

Taehan.Y

デジタルコンサルティング本部
マネジャー
Taehan.Y

Q1 これまでのご経歴と現在のお仕事内容を教えてください。

前職はクリエイティブエージェンシーに所属しており、約9年間、デジタル広告専門のシニアインタラクティブディレクターとして企画提案から制作・実行までを担当しておりました。

現在の仕事は2種類です。1つめは私が所属するブランド&クリエイティブストラテジーチームの仕事。これはお客さまのブランド戦略とクリエイティブ戦略を描くチームで、新サービスの立ち上げ、新商品開発、新ビジネスを始める場合にマーケットにおけるお客さまの唯一の価値を見つけ出し、ポジショニングを明確化。それに基づいて、どのように顧客とコミュニケーションしていけば良いのかといったブランド戦略を描き、実行に導きます。

2つめは、IMJとのシナジー案件としてデジタル広告の企画提案から制作・実行までを担当しています。IMJとアクセンチュア、それぞれの強みを活かした形でお客さまに具体的なサービスを提供する機会が増えています。

Q2 アクセンチュアの業務のどのようなところに仕事のやりがいを感じますか?

お客さまの期待を超えて、120%の結果を出し切る。その瞬間にやりがいや喜びを感じます。あるお客さまの年末最後のミーティングにて「アクセンチュアのおかげで、新しい視点による斬新かつ意味のある取り組みと解決策を実行でき、それに伴い結果も出すことができました。ありがとうございます。」と声をかけられました。自分たちにしか出せない価値をお客さまにお届けし、直接言葉もいただけるとモチベーションが高まりますね。

私は基本的にAITと自宅でのリモートワークが半々です。アクセンチュアでは出会う人が皆、私のスキルや経験にリスペクトを持って接してくれます。新しい職能を持っている人間に可能性を感じ、自分たちの成長につなげるような人ばかりなのがうれしいですね。

Q3 ご自身の所属グループのどのような点に魅力を感じますか?

私が所属するアクセンチュア・インタラクティブは、「REINVENTING THE EXPERIENCE(顧客体験を再発明する)」というスローガンを掲げています。「生活者・企業・社会における体験価値を再定義・再創造・再発明し、それぞれの“体験”を次のステージへとアップグレードしていく」という思いが込められており、その実現のためならばどんな手段でアプローチをしても良い、と言われています。お客さまの先のユーザーを見つめて仕事に従事するグループである点に強い魅力を感じています。

スキルよりもマインドセットが成長への源泉

Sotatsu.K

デジタルコンサルティング本部
シニア・マネジャー
Sotatsu.K

Q1 現在のお仕事内容について教えてください。

現在は国内大手小売業のお客様に対して、ビジネス/デジタル変革のプランニングから実行推進の支援をしております。単純にプランを描くだけでなく、お客様と同じ目線で一緒に悩み・考えながら、プラン実現に向けた実行のお手伝いをさせていただいております。プロジェクトのリードとして、チームマネジメントすることが自分の役割となりますが、ここ数年若いスタッフを見ていて感じるのは、スキルよりもしっかりした“マインドセット”を持っている人のほうが、成長スピードも速く、活躍している印象です。

転職して入社される方は、コンサル未経験者が大半だと思いますが、モチベーションを高く持ち、謙虚な姿勢を維持できる人は、あっという間に成長できると思います。

Q2 業務のやりがいを感じる場面や所属グループの魅力をお聞かせください。

お客様が直面している課題は一見すると同じようなものも多いのですが、課題の背景・細部が異なるため、必要な打ち手は案件ごとに変わります。似て非なる課題と毎回向き合い、解決策を策定することは苦労も多いですが、我々がお手伝いしたサービスが世の中へリリースされたり、その裏側の仕組みを作りあげることに、とてもやりがいを感じます。また、しっかりとチームでパフォーマンスを発揮し、お客様から「ありがとう!」と言われることが、何にも代えがたい喜びです。

私が所属するアクセンチュア インタラクティブは、ダイバーシティ豊かな組織です。コンサルティング、テクノロジー、クリエイティビティなどのスキルを有するタレントの集団で、独自のカルチャーを醸成しており、新しい働き方を実践しようと毎年チャレンジしています。新しくオープンした麻布のスタジオで、多様なスキルを有するタレントとコラボしながら、新しいサービスを生み出していくことは、とても刺激的です。

Q3 ワークライフバランスはどのように工夫していますか?

オン/オフのメリハリのある働き方が好きなので、平日に仕事を終わらせることを意識しており、週末に持ち越さないようにしています。最近、ゴルフにハマっているため、週末に会社の上司・同僚と会う機会も多いのですが、仕事の話は殆どしないですね。

また、旅行も好きなので、プロジェクトの谷間など、年に複数回は海外へ行きます。「よく働き・よく遊ぶ」を心がけて、実践しています。

自分が誠心誠意向き合える、
いま越えるべき課題がいつもそこにある。

Mikito.H

セキュリティコンサルティング本部
スペシャリスト
Mikito.H

Q1. これまでのキャリアを教えてください。
2017年に前職の国内通信会社からアクセンチュアへ転職しました。前職ではセールスとして、大手製造業向けに自社クラウドサービスを中心としたインフラ基盤の構築、運用などの提案を行っていました。

Q2. 入社前に不安はありましたか?
転職自体が初めてであったことに加え、業界を変えることに対する不安はありました。入社当初は、周りのレベルの高さに圧倒され、能力を発揮できない日々が続いていました。そんな中、提案していたお客様の詳細調査実施が決まったのですが、上司が私の今後のキャリアを考え、そのプロジェクトにアサインしてもらえるよう調整してくれました。その結果、お客さま先に約2ヶ月間常駐させていただき、実際のお客様の課題、要望、そしてアクセンチュアの提案が現場の担当者にどのように伝わるのか、肌で感じることができました。この経験により、自分のキャリアを自分で切り開いていくことの重要性、またそこから得られる可能性の大きさを実感しました。数ヵ月単位で求められる役割が変わっていく環境に、戸惑うことも多かったですが、チャレンジしたい人にとっては、無数の可能性が広がっていると思います。
現在は、セキュリティチームの事業立ち上げメンバーの一員として、日々刻々と変わっていく状況下で、常に新しいことにチャレンジすることを求められる環境にいます。転職という形で一歩踏み出していなかったら、今のこの貴重な経験はできていなかったと思います。

Q3. ワークライフバランスはどのように工夫されていますか?
仕事を業務時間内に終わらせることを意識し、平日でも帰宅後に家族と過ごす時間を増やすようにしています。さらに、アクセンチュアには在宅勤務制度があり、家庭の事情を考慮して比較的柔軟に在宅勤務に切り替えることもできるので、状況に応じて在宅勤務を利用しながら勤務しています。

幅広いタレントとワンチームとなって社会に影響を与えられる仕事

Yoko.K

デジタルコンサルティング本部
マネジャー
Yoko.K

Q1 現在のお仕事内容を教えてください。

アクセンチュア入社後は小売業界のお客さまのプロジェクトに従事し、システム導入後のあるべき業務の設計やコスト削減のための業務効率化改革を担当しました。2015年にアクセンチュア・インタラクティブへ異動してからは、アパレルブランドのECサイト戦略を描いたり、百貨店が海外に新店舗を立ち上げる際のストアコンセプトをデザインしたりといった、より顧客接点に近い視点での新サービス企画を担当しています。地方や海外出張の多いプロジェクトも経験し、グローバルネットワークを日々活用して仕事しています。

手がけた仕事がお客さまの社内だけでなく、さらにその先の消費者まで届けられる点は、私たちの生活にダイレクトな影響があるように感じられて嬉しいです。

Q2 アクセンチュア・インタラクティブの強みはどのようなところにあると感じていますか?

アクセンチュア・インタラクティブは、業界内でユニークなポジショニングを築いています。ビジネスコンサルティング、クリエイティブエージェンシー、テクノロジーコンサルティングの3つの役割が融合したようなグループです。幅広いタレントが1つのグループに集まっていることは特異であり、それ自体が強みだと思います。

デジタルコンサルティング本部はアクセンチュア自身の変革の先端を担ってもいます。常に新しいことに取り組み続け、新しい文化を創っていくグループです。実際のプロジェクトではアクセンチュアの他グループと協働することがほとんどですが、各業界に精通したエキスパートや、大規模なデリバリーを行う精鋭部隊などがワンチームになってお客さまと相対せることはアクセンチュアならではのやりがいだと感じています。

Q3 ワークライフバランスはどのように工夫していますか?

“休むときは徹底して休む”ことを心がけています。サービスローンチ前やお客さまへの最終報告前といった“踏ん張りどころ”ではハードワークすることもありますが、そこで働いた分はしっかり休むようにしています。私はプロジェクトが落ち着いたタイミングなどに、勢いよく数週間まとめて休むのが好きで、海外旅行に出かけたら通信機器のスイッチを切る、ということを実践しています。アクセンチュアでは、制度があるだけでなく、実際に社員がそれぞれ自分の好むライフスタイルに応じて活用している点がよいなと思っています。

クオリティを求められる現場で、自分が鍛えられていく成長実感

Koji.T

デジタルコンサルティング本部
マネジャー
Koji.T

Q1 これまでのキャリアと現在のお仕事について教えてください。

私のこれまでのキャリアでは、業界全体で未だ融和されていない、“コミュニケーション”と“デジタルマーケティング”の両視点を持ち、“データ”を用いてそれらを駆動させ、お客さまのビジネスにコミットすることを意識してきました。

アクセンチュア入社以後は、大きなデジタルマーケティング全体戦略を描き、単に実行するだけでなく利益や売上の継続的向上など成果にコミットして、「データに基づきお客さまのビジネスを伸長させる”実現可能な明るい未来”」を作り続けています。

現在は大手化粧品メーカーのお客さまのデジタル推進部において、EC売上の必達のためCRMと広告のパフォーマンス改善に取り組んでいます。このプロジェクトではパフォーマンス改善にとどまらず、業務デザイン・フローの構築、運用ドライブまで踏み込んだサポートを行っています。

Q2 アクセンチュアの仕事で特にやりがいを感じるポイントは何でしょうか。

広告代理店に勤務していた際、お客さまのビジネスを改善するアイデアを持っていたとしても、部分的な領域しか任されず、メディアやツール・システムを売ることが一番稼ぎになっていたので、そちらに偏りがちでした。しかしアクセンチュアではお客さまにとって真に必要なことは何かを率直に指摘することができ、最適な改善アイデアをアクションまで手がけられるところがやりがいになっています。

お客さまからの何気ない質問でも対応クオリティが求められます。期待にお応えするために、四方八方へアンテナを張り巡らせ、常にインプットをしつづけています。知識が増えて鍛えられていく成長実感が、これまでのキャリアの中で一番強いです。また、組織の風通しもよく、フランクに接することができるファミリー感もあります。

Q3 アクセンチュア・デジタルまたは所属グループの強みは何でしょうか?

コンサルティングの領域・代理店の領域・その他の領域と、広い領域をカバーしているうえで、カルチャーが融合できているところが強みだと思います。とはいえアクセンチュア自身も日々、汗をかきながら融合を模索しています。この苦労はそのまま糧となりますので、お客さまへ同じ思いで、リアルに、価値のあるものが提供できていると思います。国内においてこの価値を体現できている会社はアクセンチュア1社だけではないでしょうか。

「発見」と「変化」にあふれている、ワクワクする仕事環境

Yoshiki.S

デジタルコンサルティング本部
シニア・マネジャー
Yoshiki.S

Q1 現在のお仕事内容とアクセンチュアの仕事のやりがいを教えてください。

これまで私は、ITコンサルタント、ビジネスプロデューサー、モバイルサービスベンチャー、戦略コンサルタントと様々なキャリアを経験して新しい価値を作り出す仕事に触れ続けてきました。今は業界に特化したコンサルタントやサービスデザイナーの仲間たちと、デザインシンキングを活用した新サービスやマーケティング・コミュニケーション戦略の検討を行っています。新規事業や新サービスなどを具現化する組織・ガバナンス・プロセスやオペレーションなど裏側の仕組みまで変革することが私のミッションです。

アクセンチュアの仕事のやりがいは2つ。①発見。常に進化するデジタル領域やアクセンチュアが蓄積してきた/蓄積し続けているナレッジ、私にはない価値観やスキルを持つ多くの同僚から、毎日新しい何かを発見しています。②変化。いかにしたらお客さまの変革を実現できるかを全員が常に考えていますし、様々なタレントと一緒に働くことで自分自身も変化しています。

Q2 入社前に不安はありましたか? その不安はどのように払拭しましたか?

バリューを出せるかどうか不安はありました。新しいキャリアへの挑戦はこれまでの経験を活かすだけでなく、ときには壊すことも必要です。社会人としてのキャリアが長くなってきたこともあり、そのチャレンジに不安を感じたのかもしれません。入社してみるとアクセンチュア デジタルをはじめ、他の部門を含めた仲間のサポートが大きく、支え合うスタイルが染み付いているので、不安はワクワクに変わっていきました。

Q3 デジタルコンサルティング本部や所属グループの強みや魅力は何だと思いますか?

「自由」と「多様性」です。具体的には①ワークスタイルやオフィス環境など、一般的な企業とは異なる自由な「組織風土」、②コンサルタント、デザイナー、エンジニアなど多くの職種とキャリアバックグラウンドから生まれる多様な「価値観」、③デザインシンキングに基づく自由な「発想」など、人材の融合や組織能力などのソフト面の変革を実現できている点が魅力です。

これほど多様な人材の集まっているコンサルティングファームは稀有ですし、その領域のトップクラスといわれる人材が普通にオフィスを歩いています。そういう意味では既にコンサルティングファームの枠組みを超えているのではないでしょうか。