Skip to main content Skip to Footer

採用案内


公共サービス・医療健康本部

公共サービス・医療健康(Health & Public Service)本部は、官公庁、地方自治体、教育・医療機関など、公共分野におけるコンサルティングを担当します。日本の社会と経済において、大きな影響力を持つこうした公共機関を支援し、社会に大きなインパクトをもたらす仕事に携わっています。

現在求人中の関連職種を調べる

ビジネス拡大を続けるアクセンチュアでは、現在以下の職種について積極採用を実施しています。公共サービス・医療健康本部のポジションについては、ここからメールにて簡単にレジュメと職務経歴書をお送りいただくことが可能です。また、職種検索ページにて現在募集中のその他のポジションを検索いただくこともできます。

公共サービス・医療健康分野のキャリア

アクセンチュア コンサルティングは5つの業界別組織に分かれています。それは各業界への深い知見・専門性を持つアクセンチュアのプロフェッショナルたちが、業界別に特化した付加価値の高いサービスを提供するために最適化された体制です。 そのうち、公共サービス・保険医療(HPS)本部は、政府や自治体が運営する、社会保障、教育機関、保健・医療機関などの公共サービスのクライアントを対象とするグループです。世界中の公共サービス・医療機関等で蓄積した叡智を日本へ還元し、より良い未来社会を創造するという、社会に大きなインパクトをもたらす仕事に携わっています。

公共

公共サービス・グループは、革新的なコンサルティング・ソリューションとサービスを軸として、世界中の行政機関や教育・医療機関が市民や関係者に価値を提供するためのお手伝いをしています。 他の先進国に先駆けて少子高齢化が進行中の日本は、「課題先進国」でもあります。社会保障や医療、教育などの公共サービスは深刻な課題を多数抱えていますが、今こそ公共機関が多様化する市場の変化に対応しながら、サービスの充実と改善を実現するチャンスでもあります。アクセンチュアが参画しているプロジェクトは世界中にあり、諸外国での経験を日本で、また日本の経験を海外で活用できる場面も多々あります。アクセンチュアのグローバルなネットワークは、効率的かつ効果的な公共サービスの戦略策定や実行に生かされています。

 保健・医療

保健・医療

情報技術の進歩、国際化、規制緩和、業界障壁の撤廃など、保健・医療・介護福祉の市場もさまざまな変化の影響から無縁ではありません。しかも、その変化のスピードはますます加速しています。アクセンチュアの保健・医療サービス・グループは、どんな急速な変化にもお客様が対応できるよう、保健・医療・介護福祉関連業界のあらゆる分野における多種多様なコンサルティングサービスを35年以上にわたり提供し続けています。

社員の声

経験やスキルを活かして公共サービス・医療健康業界に変革をもたらし、アクセンチュア コンサルティングで自身のキャリアを磨き成長を続けている、世界の社員の声を是非お聞きください。

求人を検索する

検索 を開始: ポジション名、スキル、これまでのご経験や希望勤務地を入力

最新情報を受け取る

アクセンチュアのタレント・コネクションに登録すると、ジョブ・アラート機能で最新の空きポジション情報を受取ったり、キャリア・ブログを読むことができます。