Skip to main content Skip to Footer

戦略ファーム出身者が語る、転職経験談。

川原 英司
川原 英司
マネジング・ディレクター

東京大学卒業後、自動車メーカー、シンクタンクを経て、1998年に外資系の戦略コンサルティングファームに入社。自動車産業や製造業を中心に幅広い経営テーマでのコンサルティングを手掛け、2016年にAccenture Strategyに参画。
経済産業省(自動車課、化学課、繊維課など)や、国土交通省(自動車局)、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)などの各種委員も経験。
主な著書:『自動車産業 次世代を勝ち抜く経営』(日経BP社、2011年)、『電気自動車が革新する企業戦略』(共著、日経BP社、2009年)、『情報革命と自動車流通イノベーション』(共著、文眞堂、2000年)など。

Q1. どのような思いで転職を決断されたか、また、どうしてアクセンチュアを選ばれたかを教えてください。

デジタル化やIoT化など時代の大きな変化の中でお客様が次世代に向けた変革に取り組む必要に迫られる中、これまでの延長線上にない大きなチャレンジへ足を踏み出すことが必要となってきています。そこにおいては、従来型のコンサルティングアプローチでは、真にお客様がサポートを必要としているテーマや期待されているアウトプットに対し、十分な価値を提供することが難しいという危機感が高まっていました。

また、以前戦略コンサルティングファームに転職した際には、特定の業界や具体的な企業を想定して仕事に向き合っていたというよりは、よりジェネラルに「日本の企業のためになれば」という感覚でしたが、今回の転職は、上記のような具体的な課題を抱える特定のお客様の将来の発展のために力になりたいという思いと、それを実現するためのアセットを持つアクセンチュアに身を置くことでそれを実現できそうだという感覚を信じてアクセンチュアに入社しました。アクセンチュアの戦略的方向性はこれからますます世の中に価値を出していくものとなってくると思っています。

Q2. 前職の戦略コンサルティングファームとの違いを教えてください。

取り組んでいるテーマや、そこでのアプローチ、お客様との関わり方が大きく異なると感じています。

テーマとしては、経営トップの意思決定を必要とする大きな打ち手や変革に関わるテーマ、既存事業の改善とは異なる未来志向の新たな領域のテーマが多く、また、既存事業でも抜本的な改革に関わるテーマが多いです。

アプローチ面では、常に未来志向のテーマで考察と経験を先行して積み重ねることで、それを活かしてお客様の戦略を次世代からのバックキャストの視点で支援できること、また、お客様が戦略と変革の実行に自信をもって挑戦できる様々なオファリングがあることが他社との差異になるかと思います。

また、海外も含め全社レベルで戦略から実行フェーズまで様々な局面で支援し続けられる機能を持ち合わせていることで、お客様と長期にわたって深く関わり続けることができます。

私は現在、アクセンチュア・ストラテジーでI&Tチーム(自動車産業や、産業財企業、運輸および旅行産業などを主なお客様とするチーム)の日本のリーダーを務めていますが、グローバルチームと連携をとって経験を共有したり議論したりすることで、プロジェクトや提案の品質を高めることができますし、お客様への価値を最大化すべくグローバル全体でのこの領域のレベルアップを図っています。

Q3. アクセンチュアはどのような会社だと思われますか?

Value Propositionの異なる5つの本部が有機的に連携して総力でお客様と向かい合う、というダイナミズムは他社を圧倒するものだと思います。グローバル全体で社員数40万人以上という組織力を日々実感します。また、そのような大企業なのに柔軟性が高く、様々な価値観を持つ社員が属している中で、軸となる方向性や価値観は共有されています。各プロジェクトにおいても、スキルやバックグラウンドが大きく異なる人材がお互いを補完しながら、大きなプロジェクトチームを形成していることも多くあり、アクセンチュアの強力な強みの1つと言って良いと思います。

アクセンチュア・ストラテジーは、他の戦略コンサルティングファームと類似の比較的小規模組織としての良さ(柔軟性や一体性)を持ちつつ、アクセンチュア全体のアセットを活用できたり、連携を通じたより高い価値をお客様に提供できたりする点が特長だと思います。また、経営トップ層と次世代にむけた戦略議論ができること、お客様とアスピレーションを共有し、共に挑戦し続けている臨場感を肌で感じられる点も魅力的です。

次世代に向けた変革テーマで企業や世の中の発展をリードしたい、それを通じて自らも成長したい、そういった挑戦を惜しまない、と考えている方に是非門戸を叩いていただきたいと思います。 「世に生を得るは事を成すにあり」。

戦略コンサルティング本部についてはこちら

最新の募集ポジション

現在日本で募集中の全ポジションをご確認いただけます。また、下部の検索ボックスよりキーワードで検索いただくことも可能です。

募集ポジション

検索 を開始: ポジション名、スキル、これまでのご経験や希望勤務地を入力

最新情報を受け取る

アクセンチュアのタレント・コネクションに登録すると、ジョブ・アラート機能で最新の空きポジション情報を受取ったり、キャリア・ブログを読むことができます。