Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュアは働きやすい?
新卒入社・中途入社・再入社の3名の女性社員が、
アクセンチュア デジタルの仕事内容やワークスタイルについて
“本音”で語り合いました。

Nana-H.

Nana H.

アナリティクス コンサルタント職
マネジャー

Yayoi N.

Yayoi N.

インダストリーX.0 コンサルタント職
マネジャー

Tomoe O.

Tomoe O.

デリバリー・ソリューション・アーキテクト職
シニア・マネジャー

デジタルで社会が変わる。私たちの仕事も“課題の解決”から“新たな価値の創出”へ


―本日はお集まりいただきありがとうございます。まず、皆さんの役職や役割、専門領域についてお聞かせください。

Tomoe O.私はデジタル・インテグレーション所属です。主にモバイルやIoT技術を用いたサービスの企画・開発プロジェクトにおいてデリバリーリードを担当しています。
対象業界は流通・小売業、消費財メーカーから航空、通信、金融、ITなど多岐に渡りますが、現在は小売業界のお客さま向けに、店舗スタッフの方々が利用するアプリの企画・開発から保守までを担当しています。
リリースされたアプリも保守するだけでなく、新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、業務のさらなる改善を推進しています。最近はRFIDやビーコンなどを採用しながら、店舗オペレーションの改善に取り組んでいます。

Yayoi N.私はインダストリーX.0所属です。現在は通信・メディア・ハイテク業界のお客さまのオフィスに常駐し、デジタルサービスを協創するジョイント・イニシアチブのプロジェクトに参画しています。
お客さまがお持ちのIoTデバイスや顧客リレーションといったケイパビリティを活用してどのようなサービスを形にできるかを考え、製品化までご一緒するプロジェクトです。事業の戦略立案から営業フェーズまで幅広くご支援しています。
インダストリーX.0は“モノを作り出す仕事”や“ゼロから新しい価値を創出する仕事”がメインなこともあり、毎日楽しく働いています。

Nana H.私はアプライド・インテリジェンスに所属していて、専門はデータ分析です。いまはデジタルトランスフォーメーションという大きなテーマのもと、金融業界のお客さまのお仕事に取り組んでいます。
私のミッションは、お客さま企業内でこれまで活用されていなかったデータを分析して“新しい発見”をしていくこと。デジタルトランスフォーメーションで最も重要な「データ」に深く関わるチームであり、ビジネス要件とシステム要件をつなぐ要素も担っているなど、やりがいを感じます。

Tomoe O.金融業界はいま、最先端のデジタルが熱いですね。

Nana H.そうですね。ですが法律の適用や規制が厳格な業界なので、取得可能なデータに制限があるのが現状の課題です。データをサービスへ活用することについては、Tomoe O. さんがなさっているように小売業界で特に進んでいます。
アクセンチュア デジタルは業界横断組織なので、各業界でのデータの使われ方や、ビジネスの違いで保有しているデータ資源の違いなどを広く見ることができます。

Yayoi N.デジタルで働き方も変わりましたね。“課題ベースのコンサルティング”だけでなく、新しくゼロから考えてソリューションを創出していくのが最近の私の仕事の主軸です。
日頃から世の中の人たちが何に興味や関心を持っているのか、何を面白いと感じているのか、何をどのようなシーンで使うのかにアンテナを張るようになったのは私にとって新たな変化です。人も仕事の内容も多様化しているのを感じます。

Tomoe O.同感です。私も最近、休みの日には街の中を観察して“新しいことはないかな”、と考えています。

Yayoi N.観察力は特に鋭くなった気がします。

Nana H.私も同じです。アナリティクスでも「データ分析でこんな事ができるかも」というアイデアを出し、それを実行に移すのが私たちの仕事だと思っています。

転職組も再入社者も自分のペースでキャリア構築。社員の強みを伸ばす評価制度が奏功中

―日頃、どんな場面でアクセンチュアを働きやすい環境だと感じますか? キャリア構築についてはいかがでしょうか。

Tomoe O.私は新卒でアクセンチュアに入社し、コンサルタントとして働いていました。数年経ってから、もっと自信をつけるために事業会社を経験したいと考えて、実際に経営の現場で働いてから、アクセンチュアに再入社しています。

Nana H.再入社ですか! アクセンチュアで働いている人はバックグラウンドや経歴が多様ですね。

Tomoe O.はい、マネジャーとして再入社して、デジタルの配属になりました。アクセンチュアには“退職して新しい経験をしてから再度入社して活躍する”という人も多く、再入社のハードルも低いと感じています。

Nana H.そうなんですね。私は中途入社です。前職は日系SIer企業でしたが、データ分析をより深くビジネス現場で実践したくてアクセンチュアに転職しました。
働きながら社会人大学院にも通ったので、両立に苦労した時期もありましたが、アクセンチュアでは“自分のペース”でキャリアアップしていけると実感しています。

Yayoi N.私は新卒入社ですが、当時はまだデジタルの組織自体がなくて、通信・ハイテク、金融、公共サービスなどいろいろな業界のプロジェクトを経験してからインダストリーX.0の前身の組織に入り、現在に至ります。
アクセンチュアでは組織の変化の波に乗ると、常に時代を先取りする仕事ができますね。スキルもおのずとついてきますし、このまま進んでいきたいと思います。

Nana H.アクセンチュアでは“新しいことをやるのが仕事”、みたいな魅力がありますね。

Tomoe O.新しいことといえば、評価制度も最新のトレンドを取り入れた「1人ひとりの強みや良い点を伸ばそう」といったものになりましたから、自分のやりたいことを探すとか、自分の得意分野をじっくり強化して、スキルを伸ばしながらキャリアアップするといったことが今まで以上に実現しやすくなったのではと思います。
私も、新しいモノをいち早く手にとってみることが好きです。デジタルは常に新しいことができて楽しいですね。


社会にインパクトを与える大きい仕事、常に時代を先取りする仕事を手掛けながら成長する

―職場環境や仕事の面では、アクセンチュアの特徴としてどんな点が挙げられますか?

Nana H.私は中途入社なので特に強く感じるのは、アクセンチュアには「大きい仕事」「世の中を変える仕事」が多いということです。大型プロジェクトで実力を発揮できるチャンスがたくさんあります。

Yayoi N.いろいろな分野の専門家が集まっているので知見が蓄積されていますし、自分なりに「この分野のスキルを磨きたい」という考えがある人には、それを伸ばせる環境があると思います。
社内勉強会も盛んですから、近くのチームが手掛けたばかりの最新事例を共有してもらったり、経験者に直接質問できたりするのは大きいメリットです。

Nana H.そうですね。一方で、アクセンチュアがアプリの開発まで手がけていることへの社会認知度は今一つ低い気がします。コンサルティング企業というイメージが先行しすぎているのかもしれません。
それから、アクセンチュアに来て他社にはないメリットだと感じたのは、例えば業務システムを構築する際に、大手ベンダーの製品を自由に選べるのはもちろん、中小ベンダーの尖った新製品やOSSなども採用して設計・ご提案できる点です。

Tomoe O.自社製品を使うことに縛られないのは面白いですよね。
「アクセンチュアはモノづくりもするんですか?」と言われることは確かに多いです。私も小売業界のお客さまのアプリを作っていますし、デリバリーを自社できっちりやっている会社です。大企業のお客さまの案件が多いので、何万人というユーザーが利用するアプリを開発できるというやりがいは大きいです。

Women at Table

Nana H.グローバル企業ならではの英語スキルの向上の機会もアクセンチュアの特徴かと思います。私は海外の社員と英語で会話するプログラムを毎週やっていて、仕事からプライベートの話まで気兼ねなく話せるので楽しいです。

Tomoe O.そうした組織としての良さは大きいでしょう。
アクセンチュアの雰囲気を表現するなら「オープン、フラット、かつポジティブ」だと思います。チームワークが前提なので、協力しあいながら大きなプロジェクトを推進していけるのは醍醐味です。

Nana H.同感です。私は「Think Straight, Talk Straight」のカルチャーが好きです。立場の上下を気にせず、フラットな関係で議論できるのがいいです。正直に言うと、入社直後は驚きました(笑)。ですが慣れてくると自分の頭で考え、自分の言葉で意見を言う習慣が身に付いていました。

Yayoi N.身に付く習慣やスキルとしては、“3を聞いて、10を知る”ような推察力や察する力、洞察スキルが磨かれました。
それに、ニュースや業界動向といった情報へのアンテナ感度も日々鋭くなっている気がします。デジタルは特に変化のスピードが速いので、日々アップデートされる情報を常に拾い集めています。

Tomoe O.昔から研修が充実しているのもアクセンチュアらしい点ですね。
私は最近、デジタルのマネジャー以上を対象とした研修でマレーシアに行きました。AIなどの最新情報を学ぶだけでなく、メールやチャットだけのやりとりだった海外の社員と会えたのもよかったです。

ライフステージに合わせて
柔軟に働きながら
“自分らしい”キャリア構築へ

―結婚や出産など、ライフステージが変化した場合のワークスタイルについてはいかがでしょうか?

Tomoe O.私はいま2児の母です。朝は私が子どもたちを保育園へ送りますが、お迎えは夫が担当するなど役割分担をしてうまく回しています。
デリバリー業務には繁忙期が避けられませんが、閑散期には積極的に有給休暇を取得するなどして、メリハリをつけています。運動会や参観日などの行事についても、仕事を調整した上で参加しています。もちろん子どもは急に発熱することもあります。そういう場面でもフレックスやリモートワークを織り交ぜつつ、チームメンバーとうまく融通しあっているので、プロジェクトに影響はありません。
ワーキングマザーが働き方で負い目を感じたり、雰囲気が悪くなったりしたというような話は、私は聞いたことがないですね。

Nana H.社内の共有スケジュールで「保育園のお迎え」と明記されてバシッと時間帯をロックされているのはよく見ますね!(笑)。「保育園の送り迎えは他の人に替えがきかない仕事」という認識です。

Yayoi N.チームの男性社員からは、「アクセンチュアは融通が効くので、子どもが急病でお迎えが必要になった場合でも、妻より自分の方が動きやすい」という話も聞きます。もちろん、チームメンバーが互いに理解したうえでサポートしあえる環境を日頃から整えているからこそです。

Tomoe O.育児休暇を取得している男性社員も増えましたね。

Nana H.お子さんが生まれたばかりの若手の男性社員はほとんど取っている気がします。2ヶ月、3ヶ月、半年以上取得している人もいるとか。

Yayoi N.私も先日、自分のチームのスタッフに勧めました。「1ヶ月ほどプロジェクトが空きそうだから、育休取得してみる?」と。中途入社の方だったのですが、あまりそういう制度を把握していなくて、他社ならそういう休暇を取った瞬間に出世コースから外れることがあるから「アクセンチュアはそういうことがないんですね」って言ってびっくりしていました。ですが、私のほうがその話を聞いて驚いたくらいです。

Nana H.アクセンチュアはそういった点で、非常にフェアな会社だと思います。
昇進するかどうかも自分の意思次第です。立候補するかどうかを自分で決めます。立候補者を昇進させるかどうかの判定も、立候補から1年間のパフォーマンスだけで評価されます。
つまり、それ以前の働き方で休業したかどうかは不問だということですよね。とってもシンプル。変化の激しい会社ではありますが、これは昔から変わってない点でしょうか?

Tomoe O.そうですね。「変化し続けること」が不変の価値観だと私は思います。
ワークスタイル自体もアクセンチュア独自の働き方改革「Project PRIDE」によって長時間労働の改善や生産性の向上、ワークライフバランスの重視なども進んでいますし、これが号令だけでなくて、実際に改善が現場で進んでいるのがアクセンチュアらしさかな、と思います。
自分たちで試しているから、お客さまにも「アクセンチュアではこうやっています」と自信もって説明できます。

Yayoi N.ワークライフバランスや心身の健康は、いい仕事をするためにも必須だと思います。きちんと睡眠をとって、頭をクリアにしておくと、結果的にチームメンバーとも良いコミュニケーションがとれますし、お客さまにいいアウトプットが出せます。

Nana H.ミスが減りますよね。
私もあるとき、どうしても地方の実家へ帰省する必要が生じたのですが、リモートワークで乗り切りました。私生活と仕事、どちらかを選べない予定がある時に大変重宝する仕組みです。

Yayoi N.実は私は繁忙期の苦しい時になると瞬間的に転職したくなるのですが(笑)、ハードな時期を乗り越えると、ふと我に返って大きな達成感をかみしめてるんですね。
アクセンチュアの働きやすさは上司への「相談しやすさ」も理由だと思います。いま所属している組織のトップは女性のマネジング・ディレクターなのですが、相談したことに対して、すぐに動いてくださったり解決策を提示していただけたりします。

Nana H.ストレートに話せるフラットな人間関係だからこそでしょうか。

Tomoe O.そう思います。アクセンチュアでは日常的なことですよね。だからこそ全体がいい方向へ向かっていけるのだと思います。

Yayoi N.長期のキャリアデザインという考え方もありますが、何よりまず“目の前のお客さまに全力でパフォーマンスを発揮することに集中できる環境”なのだと考えています。
特にデジタルの仕事は最前線のことばかりの部門ですから、波に乗り続けられる環境なのだと思います。

―本日は長時間にわたり、ありがとうございました。