Skip to main content Skip to Footer

採用案内


サービス・デリバリーグループ
採用情報

サービス・デリバリーグループについて

Shinji Tanaka

テクノロジーコンサルティング本部
サービス・デリバリーグループ 統括
マネジング・ディレクター
Shinji Tanaka

ITテクノロジーを駆使し、
高まるアウトソーシングサービスへのニーズを形にする

アクセンチュアにおけるアウトソーシング事業の比率は年々増加しています。お客さまのビジネスの根幹である基幹系・情報系ITの効率化、急速に進むデジタル化に向けて要求が高度化しているIT部門へのサポート役として、経営戦略からシステム構築、運用までを一貫して支援できるアクセンチュアならではのアウトソーシングサービスへの期待が高まっています。 当部門では、お客さまと長期的な関係を築きながら経営課題への理解を深め、システムや業務領域に深く関わり、コアメンバーとしてお客さまとともに新たなビジネスの創出に携わることができます。また、お客さまの経営課題を把握することで、担当案件・作業の意味合いや位置づけを理解しながら、上流から下流まで一貫して、当事者としてプロジェクトをリードできる醍醐味があります。こうした真のビジネスパートナーとしての一体感こそが、アクセンチュアが多くのお客さまから選ばれる最大の理由です。

私たちが関わるプロジェクトは大きく2種類。1つは、アクセンチュアがシステム開発、導入、継続的管理までを総合的にサポートするDBR型(*Design, Build, Runの略)。もう1つは、他社が開発・運営してきたシステムを引き継ぎ、機能強化と継続的管理を行うパラシュート型です。近年は後者の案件が多く、システム単体にとどまらず、お客さまのITニーズ全般をお任せいただく案件が増えています。 若いうちからお客さまのシステム/業務領域に深く関わることで、小規模なものから大規模なものまで様々なプロジェクトにおいて、上流から下流までの一連のフェーズを経験する機会が豊富にあります。若手・中堅からプロジェクトマネジメント、チームリーダー等にチャレンジできるので、成長スピードも早いと言えるでしょう。 転職して更なる成長を遂げたい、お客さまに付加価値を提供できる環境で働きたい、という方には是非門戸を叩いていただきたいと思っています。

現在募集中のポジション

以下ポジション名のリンク先より応募フォームによるご応募が可能です。また、履歴書、職務経歴書を添付いただいて送信するだけで応募が完了する簡単メール応募も受け付けております。

ITアウトソーシングコンサルタント


【仕事内容】
ITアウトソーシングコンサルタントは、テクノロジーコンサルティング本部に所属し、お客様のニーズに合わせてアプリケーション、アウトソーシング、サービスのカスタマイズを行うことで「クライアントのニーズを形にする」役割を担っています。
開発と保守・運用だけでなく、長期的な関係を築きながら組織のハイパフォーマンス実現に向けた提案を行う、いわばお客様に最も近い戦略実行パートナーといえます。また、お客様とアクセンチュアが持つITテクノロジーをつなぐ”Hub”の役割も担っており、最新技術を駆使したより良いソリューションの提供をミッションとしています。

<対象となるお客様の業界/業種>
通信・メディア・ハイテク業界:通信、エレクトロニクス・ハイテク、メディア・エンターテイメント
金融サービス業界:バンキング、キャピタル・マーケット、保険業
製造・流通業界:消費財・サービス、小売り、自動車・産業機械、建設、不動産、運輸、旅行、航空宇宙・防衛産業、ライフサイエンス
公共サービス・医療健康業界:公共、保健・医療
素材・エネルギー業界:化学、電力・ガス事業、エネルギー、製紙・製材


【募集要項】
◆応募要件
- Java、.Net、C++、VBなどの言語を用いたオープン系システム開発、もしくはCobolを用いた汎用系システム開発1年以上
- SAPやOracle等のパッケージを用いたカスタマイズ経験、システム設計、開発、運用保守などの経験1年以上
- Oracle DBやSQLServerの構築運用経験、Linux管理作業(rootを使った作業)経験

◆望ましい経験・スキル
- 特定業界の業務に関する知識
- ビジネスレベルの英語能力(ユニットによって需要が異なります)

◆期待するヒューマンスキル
- 新しいことにチャレンジする気持ちを持っていること
- 途中で投げ出さずに、やりきる強い気持ちを持っていること
- 物事を客観的にとらえて、論理的に考えをまとめ、相手に応じた最適なコミュニケーションで仕事をこなせること

社員インタビュー

“助走”を経て自分の領域を広げ、入社2年目でチームリーダーに


前職では、大手SIerにて証券業界のプロジェクトのデータベース設計や構築に携わる。2011年1月アクセンチュアに入社。以降現在まで、証券会社のお客様を担当し、制度対応やSI案件、保守開発、社員支援業務などに従事。現在、2つのチームにおいてチームリーダーを務めている。


【アクセンチュアを選んだ理由】
前職のSlerでは、証券業界のプロジェクトにてデータベース担当として設計や構築に携わっていました。規模の大きなプロジェクトで分業制のため、データベースの専門性は磨ける一方、それ以外の経験を広げにくい状況でした。また、自社開発の特性から、ベンダーの管理や仕様書に沿って設計をする作業が中心で、当時はお客様と直接やりとりする機会はほとんどなく、日々お客様ではなくデータベースに向き合う環境でした。ちょうどそのプロジェクトが終了する時に異動の話が出たこともあり、思い切って外の世界で挑戦してみようと転職を決めました。 いくつかの企業を受けましたが、基盤領域の経験しかない私の職歴から、データベース系の部署をオファーされる状況が続きました。その中で「アプリケーションエンジニアとしても経験を広げていきたい」という私の意思を尊重してくれたのがアクセンチュアでした。経歴だけで判断せず、挑戦意欲をくみとり、成長の場を与えてくれる社風に魅力を感じ入社を決めました。


【アクセンチュアでの経験と成長】
“大手お客様企業の担当者からチームリーダーへ”
入社後は金融業界大手のお客様を担当、最初の約3カ月はお客様に提出する資料や成果物についてシニア・マネジャーからレビューを受け、きめ細かく指導をしてもらいました。その“助走”を経て、ある程度一人でできるようになると、一転して私の担当業務として完全に任され、その範囲はどんどん広がりました。


“上流工程の経験を経て提案型スタイルへと進化”
パッケージソフトウェアのメンテナンスを中心としたプロジェクトでしたが、パッケージへの知識が増えるにつれ、踏み込んだ提案もできるようになりました。お客様のビジネス状況や課題を深く理解した上でニーズに応える提案を行うなど、1年目から提案や要件定義といった上流工程から、プロジェクト一連の流れをすべて経験することができました。2年目からは複数チームのリーダーに就いています。アクセンチュアには若手であっても、自分の成長次第でチームを任せてもらえる土壌があります。


“チームリーダーとしてオフショアメンバーも率いる”
チームリーダーに就いた際に立てた目標の1つが業務の効率化。そのためチーム内での仕事の属人化を避け、知識や情報を体系化してメンバー間で共有することに努めました。また、お客様とも相談した上で作業の優先順位を調整するなど、限られた時間内で効率を高めることを徹底。その結果、メンバー全員のワークライフ・バランスも高まりました。 現在、チームの半数は上海のオフショアメンバーですが、彼らのコスト意識を持った働き方は日本のメンバーにとって刺激になります。逆に、お客様が言葉に出さないニーズをもくみとる日本的なホスピタリティは、オフショアメンバーにもぜひ学んでほしいと日ごろから伝えています。

絶えず主体的にスキルを磨ける環境は、成長しながら長く働き続けられる理由


前職は映像系ハードウェアのシステム設計や構築・施工管理などに従事し、2006年3月アクセンチュアに入社。現在は消費財ネット通販会社のプロジェクトにて、基盤チームのリーダーとしてシステム更改や保守運用に関わっている。毎朝出社前に5歳の子どもを保育園に送るのが日課。


【アクセンチュアを選んだ理由】
前職では映像系ハードウェアのシステム設計から構築・施工管理までを広く担当していました。その中でネットワークを使った動画配信のプロジェクトに関わる機会があり、データベースの経験を積み、「ORACLE MASTER」を取得。「このスキルをもっと生かしたい」という思いから、転職を考えるようになりました。コンサルティングファームという前職と全く異なる業種に挑戦することに不安もありましたが、募集要項にあった「Oracle Databaseの経験者」という文字を頼りに、思い切って転職を決めました。


【チームリーダーとしての経験と成長】
“自分のスキル、ワークスタイルに応じた選択”

入社後、インフラチームのメンバーとしてお客様のシステムの保守運用を担当。続いて自身のスキルを生かし、3社のインフラ更改案件に順次関わりました。2013年9月からは、消費財ネット通販会社のプロジェクトに参画し、インフラチームのリーダーとして、ハイブリッドクラウド技術を利用したシステム基盤領域の運用統括や課題管理、最新インフラサービスの提案も任されています。また、毎朝子どもを保育園に送ってから出社し、帰りに迎えにいくこともあるなど、ワークライフ・バランスを保ちながら働いています。


“お客様のデイリーのビジネスを支える喜び”
アウトソーシング部門はお客様のデイリーのビジネスに直結したシステムに関わることが多く、ビジネスを支えている実感が得られるとともに、サービスを一時でも止めることがあってはならない緊張感や責任感が伴います。ときにはチームリーダーとして、あらかじめお客様と調整やリスクヘッジを行った上で、あえてメンバーに“失敗”を経験させることで「ここから先は危険だ」という感覚を身につけてもらい、より大きなミスの予防につなげます。 基盤システムは、開発にかかる時間よりも、その先の維持していく時間の方がはるかに長くなります。その長期にわたる運用の段階において、どうすればお客様のパフォーマンスを高められるか日々考え提案していけることも、この仕事の醍醐味です。


“お客様との密なコミュニケーションが重要”
システムの基盤領域を担う立場として常に心がけているのは、スピードよりも正確さを優先することと、お客様の話に丁寧に耳を傾けて意志疎通を図ることです。なぜなら基盤領域では、同じ用語でも人によって指している範囲が違ったり、用語の認識そのものが異なったりすることが往々にしてあるため、お客様に合わせた柔軟なコミュニケーションを意識する必要があります。


“成長を支える国内外の多様なトレーニング”
入社以来、データベーススキルの研鑽と並行して、コンサルタントとしての知識も身につけ、Oracle EBSの認定コンサルタントの資格も取得しました。アクセンチュアの研修メニューは30,000コース以上。国内の共通プログラムはもちろん、E-learningやグローバルで実施されるものなど、各自のスキルに合わせ自主的に学習できる仕組みが整っていることも、アクセンチュアで日々成長しながら仕事に打ち込める理由だと感じています。

ワークとライフのどちらも充実させ、自分らしいキャリアを築ける環境がある


大手SIerから人材紹介ベンチャーを経て、2008年アクセンチュアに入社。1つ目のプロジェクトを経験した後、結婚を機に関西のプロジェクトへの参画を希望し、関西の大学における財務会計システムの保守運用とヘルプデスクに携わる。産休・育休を経て2015年9月より、行政案件にてサービスデスクのチームリーダーを務めている。


【アクセンチュアを選んだ理由】
前職は人材紹介事業を手がけるベンチャー企業で社内システムの保守運用などに携わっていました。ベンチャーならではの活気は刺激的でしたが、システム担当者が3名と少数で、経験を広げる上で限界も感じていました。転職先の選択肢としてコンサルティング業界に目を向けたのは、それまで経営層と近い距離で仕事をしてきて、経営全体を見渡した上で主体的にビジネスの方向性を考えられる仕事に関心を持ったからです。なかでもアクセンチュアは、お客様の業種が多岐にわたり、幅広い案件に携われる点に惹かれました。また、アクセンチュアで働いている知人がいて安心感があったことや、面接で会った社員の人柄がみな魅力的だったことも決め手となりました。入社して感じたのは、「Think Straight, Talk Straight」の文化が想像以上に深く根づいていることです。ベンチャーよりも風通しが良いと感じますね。若手でも常に価値を出すことが求められるので、自己成長を望む人にとって最高の環境だと思います。

【女性ならではの経験・成長】
“結婚を機に関西のプロジェクトを志願し、実現”
入社後、最初に携わったシステム構築のプロジェクトが終了するころに結婚し、夫が暮らす関西での勤務を願い出ました。その希望に柔軟に対応してもらい、関西にある国立大学のプロジェクトにアサインされ、そこで約5年にわたり財務会計システムのヘルプデスクや保守運用を担当しました。

“ワーキングマザーとしてのキャリア”
その後、第1子出産のため、産休・育休を取得。復帰が近づいた段階で、復帰後の働き方や仕事内容などについて事前に人事担当者と面談を行う機会があり、私の状況を考慮した上で現在のポジションを提案してもらいました。子どもを育てながら働く女性社員に気軽にコンタクトをとれる仕組みもあり、制度が整っているだけでなく、多様な働き方を温かく受け入れてくれる職場であることを実感しました。

“「自分らしさ」が新たな価値を生みだす”
現在携わっているプロジェクトが立ち上がるタイミングで育休から復帰。お客様先に常駐するサービスデスクのチームリーダーとして、システムに関するヘルプデスク業務などを担当しています。お客様からの問い合わせに対応するだけでなく、問い合わせが発生する根本原因を探り、問題を未然に防ぐことで付加価値を提供できるよう努めています。経験を積む中で、何ごともロジカルに考えて行動するようになったことに自身の成長を感じます。今後、産休・育休を取るメンバーが出てきたときには、経験を生かして役立ちたいと思っています。アクセンチュアには、女性であっても自分らしいキャリアを築ける環境があります。それと同時に、良い意味で女性が特別視されず、年齢・性別問わず価値を出すことが求められる企業文化も働きがいのある理由だと感じます。