Skip to main content Skip to Footer

データサイエンス超入門~ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方

「データサイエンス超入門」と題したアクセンチュアの書籍。社会人の必須知識になりつつある「データ活用」に取り組むビジネスパーソンを対象に、意思決定を最適化する「データサイエンス」の基礎知識を紹介します。

データサイエンス超入門
~ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方

アクセンチュア株式会社 工藤卓哉、保科学世 著

データ分析力を生かせないビジネスパーソンはこの先、生き残れない――

ビッグデータのビジネス活用に関心が高まるなか、その成否のカギを握る方法論と人材に注目が集まっています。それが「データサイエンス」および「データサイエンティスト」です。 本書は、社会人の必須知識になりつつある「データ活用」に取り組むビジネスパーソンを対象に、意思決定を最適化する「データサイエンス」の基礎知識を身につけていただくための書籍です。

    【特徴】

  • 日本屈指のデータサイエンティストによる書き下ろしです。

  • この1冊で、ビジネス活動に役立つデータサイエンスを一通り理解できます。

  • 日々の生活で体験する身近な事例から先進的な企業事例までを具体的に紹介します。

  • 統計学に基づいたデータ分析の基礎知識を平易に解説します。

  • 巻末に「図解 統計の基本」を収録しています。

目次
第1章 「データを操る力」を使いこなせ!
第2章 ビジネス戦略を支えるデータサイエンス
第3章 データサイエンティストでなくとも知っておきたい統計基礎
第4章 データ分析のためのIT技術
第5章 データサイエンスで未来を切り開け!

付録A [図解]統計の基本
付録B 構造化データサイエンスモデル[SDSM]

発行:日経BP社、初版:2013年11月、定価:1,680円(税込) この本を購入する⇒⇒