6月は「プライド月間」。日本だけでなく、世界中でいつも以上にLGBTQに関するイベントが開催されるプライド月間を記念し、アクセンチュア・ジャパンが誇るLGBTQアライ*について、リレー形式で紹介していきます。第5回は、IT業界LGBT交流会である「nijit(ニジット)」の活動支援を担当されている西脇 若菜さんです。

* アライ(Ally)とは、支援者を意味し、LGBTQの人たちの活動を支持し、支援している人たちのことを意味します。

 

当事者との出会い、nijitとの出会い

テクノロジー コンサルティング本部所属、2008年の新卒入社以降、主にメーカー、エネルギー業界のクライアントのSAPの保守運用を担っています。LGBTQアライ活動としては、IT業界LGBT交流会である「nijit」の運営、またnijit幹事企業と協賛した、外部向けのイベント企画等に携わっています。

<<< Start >>>

プライド月間2022

nijitは、企業文化や価値観で共通点の多い、IT企業で働くLGBT当事者およびアライが、LGBTへの取り組みについて情報交換する場として生まれました。

<<< End >>>

アライとなったきっかけは、2つあります。2019年の春頃、同僚がつけていたレインボーカラーのネックストラップに目を惹かれました。その同僚に聞いてみると、社内でアライ登録をするともらえるとのこと。その時はアライが具体的に何を意味するかもよくわからず登録しました。これが私のアライへのアプローチ一歩めでした。

その後、アライ登録者に向け、社内イベントの案内が定期的に来るようになり、そういったイベントに参加するようになりました。そんな中、当事者の社内メンバーや外部のゲストの方々のお話を聞くうちに、当事者の抱える潜在的ストレスへの理解が深まっていきました。そして、「ただ単に仕事をこなすだけでも大変なのに、さらにストレスも抱えるなんて・・・もっと当事者の方が生き生きとパフォーマンスを発揮できる職場環境を実現したい」と思うようになりました。

その思いを実現するためには、まず周りの理解が必要であり、また理解してもらうには、皆に広くLGBTQを知ってもらわなければ、と思うようになりました。これが、本当の意味での自分のアライへの第一歩となりました。

<<< Start >>>

プライド月間2022

当事者の方がもっと生き生きとパフォーマンスを発揮できるように!

<<< End >>>

アクセンチュアのLGBTQアライ活動には、社内向け・社外向けの活動がありますが、私が、社外向け、とりわけnijitという他企業とのコラボレーションに活動の主軸を置いたのは、自分の会社だけではなく、世の中全体にLGBTQについての理解の底上げを実現したいと思ったからですnijit幹事企業の中にも、当事者をサポートする社内制度が十分に整っていない会社もたくさんあり、そこにアクセンチュアのノウハウを伝えることで、制度を整えていくサポートができたら、と考えています。

 

コレクティブ・インパクトを目指して

今年nijitでは、新たな試みとして、幹事企業がコラボレーションして、どなたでも参加いただける、多様な性についてのイベントを定期開催しています。

これまでに2回開催されており、第一回は「ジェンダーとLGBTQについて語ろう ~誰もが幸せになれる社会へ~」、第二回は「「愛」とLGBTQについて語ろう ~愛はもっと自由でいい~」がテーマです。イベント前半にはnijit幹事企業から参加した当事者の方々がパネルセッションを繰り広げ、後半は参加者も一緒にグループトークを行っています。前半、後半を通し、参加者からいろんな話が飛び出し、活発な話し合いが行われています。そして、第三回も絶賛企画中です。

<<< Start >>>

プライド月間2022

多様な性についてのイベント第1回は「ジェンダーとLGBTQについて語ろう~誰もが幸せになれる社会~がテーマ

<<< End >>>

今回のイベントシリーズ以前に行われていたnijit主催の会合としては、四半期に一度、幹事企業のみの定例会や、そのお友達が参加いただける懇親会を開催していました。それに対して、この多様な性についてのイベントは、学生にもご参加いただき、もう一歩踏み込んだ形で参加者の幅を広げています

<<< Start >>>

プライド月間2022

多様な性についてのイベントでは、参加者の幅を広げて開催されています。

<<< End >>>

この新たな取り組みは、コレクティブ・インパクト(共同の効果を最大化するための枠組み)を目的としています。IT系大企業の集まりでもあるnijitが力を合わせてメッセージを発信することで、世の中に大きな影響を与えることを願っています

そして、当事者の学生が就職を考える際に、安心して会社選びができる世の中を目指していきたいと考えています。

第三回以降のイベントについては、nijitのホームページからお問い合わせいただけます。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご一報ください!

 

その想いに強く共感

ブログリレー次回は、アクセンチュアの取り組みに関する記事の執筆や、イベント内容の考案に尽力されている柏原 涼佳さんです。

現在は、他企業とコラボレーションで開催するイベントの企画をメインに取り組んでおられます。社内外問わず、LGBTQひいてはジェンダーや障がいのある方のI&D(インクルージョン&ダイバーシティ)も含め、すべての個人が尊重される世の中を目指しているという想いに、強く共感しています。また、熱意をもって活動に取り組まれている姿勢が素晴らしいと思っています。

学生時代からLGBTQを意識していたという柏原さん、そんなエピソードもお楽しみに。

LGBTQプライド月間スペシャル 第6回ブログはこちら

 

アクセンチュアのLGBTQに関する取り組みはこちら: Pride at Accenture

 

LGBTQプライド月間スペシャル ブログリレー

LGBTQプライド月間スペシャル 第1回ブログはこちら

LGBTQプライド月間スペシャル 第2回ブログはこちら

LGBTQプライド月間スペシャル 第3回ブログはこちら

LGBTQプライド月間スペシャル 第4回ブログはこちら

 

西脇 若菜

テクノロジー コンサルティング本部 ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション コンサルタント

Subscribe to Accenture's LGBTQプライド月間スペシャル Blog Subscribe to Accenture's LGBTQプライド月間スペシャル Blog