こんにちは。
アクセンチュアの テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ所属のTakanoriです。

この記事では、事業会社でエンジニアであった私がアクセンチュアでどのように経験を活かしているかをお伝えできればと考えております。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

アクセンチュア以前の経歴

 

まず、私の前職の事業会社での経歴をご紹介します。
2010年に理工系大学院の修士課程を修了した後、新卒で日系電機メーカーにソフトウェアエンジニアとして就職しました。主に官公庁のシステム開発に従事し、システムエンジニアやセールスエンジニアも経験しました。
前職にいる間、転職を意識したことはありませんでしたが、当時通っていたビジネススクールのクラスメイトであったアクセンチュア社員に声を掛けてもらい、2018年に転職しました。

 

事業会社でのエンジニア経験の活かし方

 

アクセンチュアでは、前職の事業会社での経験を活かすべく、引き続き官公庁のお客様を担当するとともに、エンジニアとして培ってきた技術力を生かすべくテクノロジーコンサルタントという職種を選びました。そのため、官公庁ならではの業界特性を踏まえつつ、システムを導入する際の設計や実装もイメージできたうえで提案できる強みを活かすことができました。例えば提案段階でPoCを実施することになった際も、エンジニアの方に確認せずとも、設計や実装方法まである程度の範囲は自身の経験から語れる強みを活かせます。しかし、前職で経験できなかったようなCxOに対する提案業務やコンサルティングワークは、適切な課題設定から素早い課題解決力が必要とされるため、いままでと異なる思考の使い方に初めは苦労しました。そのため、事業会社での経験は活かせるものの、コンサルタントとして必要なスキルなどを新たに身に着ける必要があることを実感しました。

アクセンチュアに転職するきっかけでもあったビジネススクールで、様々な企業のケーススタディを通じ思考力を鍛えてきたことは大いに役に立ちました。しかし、実務となるとお客様との交渉や、しみじみ感(地に足の着いた具体的なイメージ)が必要となるため、自分なりに泥臭くアウトプットすることで少しずつ慣れてきたと実感しています。

その他意識したこととして、アクセンチュアDNAを取り込んで強みを発揮するよう努めました。 アクセンチュアDNAは、例えば「チャレンジに手加減せず、最後までやり遂げる」「自分も会社も世の中までも、変えたいと望む」など、社員の成長を重んじているアクセンチュアが求める人物像を示します。前職とアクセンチュアとでは企業文化や人の属性が大きく異なっていたため、自身の強みを活かしつつ、しなやかに環境や文化に溶け込むことが重要と認識し取り組んできました。自分なりに譲れない強みは持ちつつ、つまらないプライドは捨て、アクセンチュアの良さを真摯に取り込むことで自分の強みをさらに引き出せることと考えました。

アクセンチュアでは、クライアントであるお客様からの期待値も高いため、素早く質の高いアウトプットが求められますが、チームや組織のメンバーがいつでも積極的に協力してくれる文化があります。また、様々なプロフェッショナルな人がいるため、自分独りでは成し遂げることが困難な課題にも対応でき、自分自身の成長も加速されると実感しています。

 

最後に

 

アクセンチュアは様々な業界のお客様に対し、サービスを提供しています。事業会社とは異なった刺激的な経験をされたい方自分を更なる高みにアップデートしたい方がいらっしゃれば、ぜひアクセンチュアで挑戦いただくことをお薦めします。

アクセンチュアにはみなさんの業界知識や専門性をいかんなく発揮できる機会が多くあると考えます。アクセンチュアと共に成長されたいみなさんとご一緒できることを楽しみにしています。

※最後の写真は、自宅の仕事場の風景です。頂きものも一部活用し、リモートワークを快適に行っています。アクセンチュア社員は以前よりリモートワークに慣れていた方が多いため、コロナ禍でリモートワークに移行してからも、ストレスなくチームで業務に没頭できています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 


 

関連サイト:

テクノロジーストラテジー&アドバイザリー採用情報
採用イベント・セミナー案内

テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループのブログ連載:

事業会社から転職した私のアクセンチュアライフ
IT未経験でも安心!クラウド資格取得プログラム(テクノロジーアドバイザリーコンサルタント)

Info  アクセンチュアには社員紹介制度もあります。応募の際は社員までお声がけください。

 

Related posts

人材とテクノロジーを編成し最適なソリューションを生み出す。アクセンチュアのクロスプラットフォーム コンサルティング

October 19, 2021

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部 クロスプラットフォーム コンサルティングの大浦と申します。1997年にアクセンチュアに新卒入社し5年後に退職、その後フリーランスや起業を経て2011年にアクセンチュアに再入社しました。現在はクロスプラットフォーム コンサルティング(XPF)のリードを務めています。本記事で

アクセンチュア関西でのキャリア構築(テクノロジーコンサルタント(通信・メディア・ハイテク領域))

October 15, 2021

アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 関西オフィス所属のMasayukiです。私が所属している通信・メディア・ハイテク グループの仕事を紹介します。

育児も“ニューノーマル”を模索。妻の復職後、6か月間育休を取った私の体験談

October 7, 2021

アクセンチュア インタラクティブ本部のAkihiroです。2008年に新卒で入社し、主に小売業や旅客業界のお客様のコンサルティングを担当してきました。現在はシニア・マネジャーとしてお客様とともにプロジェクトを推進しています。

アクセンチュア退職後、再入社した理由と現在のキャリア(Microsoftコンサルタント)

October 4, 2021

テクノロジー コンサルティング本部のKoichiroです。私はアクセンチュアに新卒入社した後、他社への転職を経て、2019年にアクセンチュアに再入社し、現在はマイクロソフトビジネスを展開する、アクセンチュア マイクロソフト ビジネスグループに所属しております。

アクセンチュア ServiceNowグループの紹介(ServiceNowエンジニア)

October 1, 2021

テクノロジー コンサルティング本部ServiceNowグループのHiroです。本記事では、当グループでの仕事について、簡単に紹介をしようと思います。

アクセンチュアにおける、上司・部下の良い関係性とは?(テクノロジーストラテジー&アドバイザリー)

September 30, 2021

アクセンチュアのテクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ(TS&A)に所属しているAyanoとYudaiです。アクセンチュアは外資系コンサルティングファームということもあり、「個人プレー」「上司が怖そう」など色々と噂されるのですが、実際のところどうなのでしょう?!

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る