アクセンチュアのテクノロジー コンサルティング本部のYoshiです。

Technology for Living Systems (TfLS) という組織でシニア・マネジャーとして働いています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

2012年に経験者採用で入社し、金融系のお客様を中心に、統合合併やデータセンターの移転、働き方改革/業務改革など、様々な案件に関わってきました。

近年はBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス向けの業務自動化の支援をすることが多いです。本日はTfLSのなかでも業務自動化のプロである、オートメーション(Automation)チーム のお仕事についてご紹介します。

 

オートメーションチーム (Automation)の役割と仕事内容

 

私の所属しているオートメーション(Automation)チーム は、一言で言うと“業務自動化/効率化を担うチーム”です。

RPA(Robotic Process Automation)やマクロに代表される自動化技術の開発に精通することはもちろんですが、既存の業務を理解・分析し、自動化する余地がどこにあるのかを探るディスカバリや、業務の再配置・適正化といったBPR(Business Process Re-engineering)についてもかかわっています。

業務自動化で一番大事なのは“部分的な自動化に留まらない”ということです。

自動化技術は比較的敷居が低く導入でき、使い始めることができます。一方で、使い始めたものの、それほど大きなメリットを感じられない、と感じられてしまうことが多くあります。

その原因の一つに“自動化が部分的な範囲に留まっている”ことが考えられます。

それを解決するのが“Intelligent Automation”という考え方です。

<<< Start >>>

<<< End >>>

従来のRPAOCRやチャットボット/AIを組み合わせることでEnd To Endでの業務自動化を実現します。究極的にはロボットがすべての仕事を代替してくれる。そんな世界を目指しています。

高度なビジネス判断は人間が行い、実行はすべてロボットが行う。未来の世界のようでありますが、我々の組織・チームではすでに現実として見えている世界です。

<<< Start >>>

<<< End >>>

さて、では実際にどのような仕事をしているのか、BPOの業務を例にご紹介します。

プロジェクトには、オートメーション(Automation)チーム だけでなく、顧客業務を理解・遂行する“現場を主導するチーム”、グローバルの視点など横断的な技術に精通した“アーキテクトのチーム”など様々なチームが参画します。それらのチームと一体となり、お客様ビジネスを効率化/自動化するソリューション・プランをたてます。

<<< Start >>>

<<< End >>>

プランができたらあとは実行です。我々チームの技術力を結集し、開発を行います。開発もグローバルの事例やアセットなど様々なものを活用して効率的に行います。

開発したものは運用し、継続的に改善していきます。運用についても素晴らしい運用ツールが存在していて運用自体の自動化など効率的に行うことができます。

このように、上流から運用まで一貫して経験ができ、一緒に働くメンバーが持つ他のスキルも多岐にわたるので、現在持っているスキルを活かしつつも、その範囲をドンドン広げていくことができることが魅力です。

 

アクセンチュアでのワークライフバランス

 

最後に少しプライベートに触れます。

現在は在宅勤務が中心となっています。これも効率化といえば効率化ですが、家族と過ごせる時間が増え、メリハリつけて働けるようになったのは嬉しいですね。

メリハリといえば、アクセンチュアは“有休がとりやすい会社”と言って良いと思います。(本質的には取りやすい取りにくい概念自体NGですが)

プロジェクトの合間・余裕のある時は有休を使って旅行に行くことが多いです。

 

このようにワークライフバランスの取れた働き方ができるのも大きな魅力の一つと思っています。

 

 


 

関連サイト:

Technology for Living Systems (TfLS) Careers
採用イベント・セミナー案内

Technology for Living Systemsに関連するブログ連載:

業務とITの架け橋を目指す~Technology for Living Systems -業務分析チームのお仕事
TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.1
最適なソリューションを磨きあげる~Technology for Living Systems - テクノロジーソリューション策定チームのお仕事
データとビジネスを紡ぐ〜Technology for Living Systems - データ分析チームのお仕事
TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.2
Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1
Technology for Living Systems × 福岡での働き方 Vol.1
グローバルに活躍する社員Vol.5:世界56万人の仲間と共に!新組織で築くグローバルキャリア

Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

ソリューションの継続的な改善を先導する~Technology for Living Systems - プロジェクト管理チームのお仕事

May 18, 2022

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部アソシエイト・ディレクターのTakaakiです。私は新卒でアクセンチュアに入社して以来、一貫してITに関するコンサルティングやSIを中心に仕事してきました。今日は私が所属しているTechnology for Living Systems(TfLS)のプロジェクト管理(Del

ライフステージが変化してもアクセンチュアで働ける:産休育休を経てみて

April 25, 2022

テクノロジー コンサルティング本部ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション所属のMomoです。前職は商社のシステム開発をしている子会社に7年ほど勤めていました。転職するならば、嫌なことがあってではなく満足しているときにしたいと考えていたこと、ちょうどアクセンチュアで働いている友人から勧誘を受けて

福岡へのUターン転職!仕事もプライベートも充実させられるアクセンチュアの地方拠点での働き方とは?(Service Delivery)

April 22, 2022

はじめまして。オペレーションズ コンサルティング本部 サービスデリバリー所属のRisaです。私は、2019年1月に地方拠点のアクセンチュア・インテリジェント・オペレーションセンター福岡(以下AIO福岡)に経験者採用で入社しました。

開発学からIT業界へ舵の切り替え!悩む→誰かに聞く・真似をする→やってみるのサイクルで突き進む

April 20, 2022

テクノロジー コンサルティング本部所属のAiです。大学はイギリスで開発学を学んでいました。開発学というのは、発展途上国の開発、発展について経済・環境・社会学など様々なアプローチから考えていく学問で、私も実際にウガンダに行って活動したこともあります。

ネットワークからクラウドへの転身(クラウド戦略コンサルタント)

April 18, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントクラウド アンド インフラストラクチャー グループ(ICI) 所属のYutaです。2018年に経験者採用で入社し、製造業・エネルギー業・官公庁など幅広いお客様に対して、クラウドを切り口に、戦略の策定や組織全体への展開推進から開発や実装

営業・SEからコンサルタントへの転身。Salesforce界隈での女性活躍推進もリード

April 14, 2022

テクノロジー コンサルティング本部でマネジャーを務めるNorikoです。私は大学卒業後、業種・職種の異なる2社を経て、2015年8月に中途でアクセンチュアに入社しました。 大学時代は数学を専攻しており、大学教授への道も視野に入れていて、アカデミックな世界に入る前にまずは実務を経験しようと証券会社に新卒で就職

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る