アクセンチュアのテクノロジー コンサルティング本部のMikaです。

Technology for Living Systems (TfLS) という組織でシニア・マネジャーとして働いています。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

アクセンチュアを一言でいうと、「激務」というイメージを持ってらっしゃる方、実は未だに多いのではないでしょうか。私がアクセンチュアに新卒で入社したのは今から15年以上前ですが、振り返ると今とはかなり違う会社でした。風土改革の詳細は別のブログに譲るとして、良い意味で普通の会社になったというか、スマートな働き方が推奨される会社になったなぁと思います。

優秀なメンバーが多く、どの仕事も刺激的。次はどんな仕事が待っているのか想像するだけでワクワクする。この点に関しては入社してから変わっていません。だからこそ、アクセンチュアを辞めずにここまでやってこられたのかなと感じています。

さて、今回のブログのテーマは、業務設計(BA)チーム のお仕事について。

私が所属しているTechnology for Living Systemsという組織では、主にBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)におけるITを支える役割を担っており、業務の超自動化・高度化をテクノロジーでの解決を目指すのが大きなテーマになっています。中でも、私がリーダーとして活動している業務設計(BA)チーム は、BPOのセールス段階では主にデューデリジェンスに参画し、プロセス上どこに自動化・高度化の余地があるかの見極めや、To-Be業務設計やソリューション選定を行います。

IT構築を行うフェーズにおいては、要件定義や開発管理、プロジェクト管理等を行ったり、BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)コンサルタントとして活動をしています。

新規にツールを開発するときなどは、アクセンチュアの世界中の拠点で広く利用できるようなものを作り、アセット活用を世界全体で行うことが基本。IT化の要件があがったとき、他国で同様のツールが既に開発されていないか、日本独自ツールをどのようにアセット化していくかなど、プロダクトオーナーの立場でアクセンチュアの海外オフィスのメンバーとコミュニケーションする機会も多く、英語力も生かすことができる仕事です。

<<< Start >>>


<<< End >>>

チームの中は、会計・調達・HR・マーケティングなど業務領域単位でサブチームが構成されています。アクセンチュアテクノロジーに属しながらも、「エンジニアではなくコンサルタントとして」業務知識に精通し、BPOの業務を行っているメンバーと、IT技術者の架け橋となって動く。少し特別な立ち位置ではありますが、立場の違う人たちをうまくまとめて1つのゴールに向けて動かしていくのは、難しくもありやりがいのある仕事です。

 さて、私自身は2児の母親でもあるのですが普段からこの「業務自動化・効率化」を私生活でも生かすようにしています。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

仕事・育児・家事の両立のために、特に家事の自動化・効率化を目指しています。日々、家事のプロセスを見直したり、部屋のレイアウト変更を行ったりして、いかに家事リードタイムを短縮するかを考えています。まさに、仕事で培ったスキルがプライベートで生きる瞬間です。

家事の効率化には、AI家電(床掃除ロボット、食洗器、洗濯乾燥機、自動調理器など)による自動化も重要なポイントです。

我が家では自動調理器を2台購入し、コンロの上に鎮座させています。もはや直火を使って調理することよりも自動調理器にお任せすることの方が多くなってきました。

また、2週に1度は作り置きのサービスも利用して、家事のアウトソーシングを行っています。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

このほかに、床掃除はロボット掃除機・床拭きロボットの組み合わせ、洗濯は乾燥機付き洗濯機を使いつつ最低限の動線で衣類を収納できるようにレイアウトを工夫する・・・・などなど、効率的に家事が行えるように日々試行錯誤しています。(家事コンサルの仕事があれば是非やりたい)

 アクセンチュアに入社した当時は、結婚や子育てをしながら働くなんて想像もしていなかった私ですが、今はフレックスタイム制度と在宅勤務制度を利用しています。ライフステージに合わせて仕事のやり方もアップデートしつつ、これからもキャリアを築いていけたらよいなと思っています。

 

 


 

関連サイト:

Technology for Living Systems (TfLS) Careers
採用イベント・セミナー案内

Technology for Living Systemsに関連するブログ連載:

TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.1
最適なソリューションを磨きあげる~Technology for Living Systems - テクノロジーソリューション策定チームのお仕事
データとビジネスを紡ぐ〜Technology for Living Systems - データ分析チームのお仕事
TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.2
自動化技術はビジネスの基本になる〜Technology for Living Systems - オートメーションチームのお仕事
Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1
Technology for Living Systems × 福岡での働き方 Vol.1
グローバルに活躍する社員Vol.5:世界56万人の仲間と共に!新組織で築くグローバルキャリア

Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

アクセンチュア ソングが手掛けるデザインの領域とデザイナーのキャリア形成について

December 4, 2022

みなさん、こんにちは。アクセンチュア ソングのデザインチームに所属しているマネジング・ディレクター、高山です。この記事は、デザインに携わる多くのみなさんに是非読んでいただきたいと思い、記しています。というのも、アクセンチュアにおけるデザイン領域のキャリア形成を想像できずにいる方がまだたくさんいらっしゃると思うからです。

障がいのあるエンジニア社員がアクセンチュア入社時に受講する研修とは?

December 2, 2022

テクノロジー コンサルティング本部にてDisability Inclusion活動に従事しております、Sareiです。Disability Inclusion(以下DI)は聞きなれない言葉かと思いますが、「障がいのある方(Person with Disability、以下PwD)のInclusio

マイクロソフト ビジネス グループ業務内容紹介③:ビジネスアプリケーション ドメイン

November 29, 2022

アクセンチュアマイクロソフト ビジネス グループのビジネスアプリケーション ドメインに所属している、コンサルタントのMegumiです。

エンジニアのデスク紹介Vol.1: 3畳一間に詰め込んだこだわりの作業環境

November 29, 2022

みなさん、はじめまして。テクノロジー コンサルティング本部のTakeshiです。2020年にアクセンチュアへ中途入社して以来、ソリューション・エンジニアとしてさまざまな業界のお客様のソフトウェア設計、開発を担当しています。

転職体験談:異なる業種(システムエンジニア→コンサルタント)と業界(通信事業→官公庁)への挑戦

November 28, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 公共サービス・医療健康グループに所属しているHirokiと申します。 私は、2016年に経験者採用で入社し、現在はマネジャーとして、官公庁関連のシステム開発に携わっています。 それまでは、システムエンジニアとしてSI企業で通信事業者向けの顧客管理システムを開発していました。

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る