こんにちは。

アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部SAPグループEPM/Analyticsドメイン(領域)に所属しておりますRyusukeです。

2018年に新卒で入社し、SAP Analyticsを専門に活動しています。

SAP Analyticsとは予算・計画、管理会計や予測分析等アナリティクスをスコープとしており、多数のグローバル企業が採用している経営管理を中心とした最新パッケージ製品群です。

私の所属組織ではSAP Analyticsを活用する事で、お客様企業の多種多様なビックデータの統合管理を実現し、重要かつ適正なデータをリアルタイムに把握することで、効果的な経営戦略の立案と経営管理を支える業務・システムを支援しています。

 

現在のSAPグループ内のEPM/Analytics ドメインでの担当領域と私の役割

 

EPM(Enterprise Performance Management)/Analyticsドメインでは3本の柱でお客様に経営管理のサービスを提供しております。

ビジネス(戦略含む)
お客様企業のデータドリブン経営やアナリティクスの戦略立案、Vision/To-Be像(あるべき姿)の定義

データ分析(アナリティクス、AI含む)
データ分析やAIを用いた予測分析による未来型(予測型)経営への変革を支援、及び業務改善/高度化の支援

テクノロジー
アクセンチュアが開発したSAP AnalyticsベースのEPM/Analyticsのテンプレートを用いてアクセンチュアのグローバルチーム(インドや中国等)と協業したシステム導入。グローバル経営の基盤となる統合データの整備・運用

私は特にデータドリブン経営を実現するための予算立案の製品であるBPC(Business Planning and Consolidation)、データ分析基盤に蓄積されたデータを予測、分析、可視化するSAC(SAP Analytics Cloud)を専門としております。

(※クリックで拡大します)

 

現在携わっているプロジェクトの概要

 

私は現在、ある製造業のお客様に対して、オペレーションから集積した経営情報をインサイト(洞察)し、経営課題を検出し解消する経営管理プロセス(戦略・予算⇒実績⇒予測⇒アクション)の導入・運用のサポートをしております。

 

SAP EPM/Analytics領域のやりがいとチャレンジ

 

一般的なSAPコンサルタントであれば、担当領域のデータにしか触れることができませんが、SAP AnalyticsではSAPで蓄積されたデータや他システムのデータを扱うことにあり、様々な業務領域に触れることができます。

業務を横断的に高い視点で見ることができるのが面白いところであり、分析した結果が経営情報として活用してもらえることにやりがいを感じております。

アナリティクスドメインでは「フィードバック型からAIによる未来予測型の経営へ」にチャレンジしており、詳しくは所属組織のリードが公開している記事をご覧いただければと思います。

フィードバック型からAIによる未来予測型の経営へ

 

新しい技術のキャッチアップ方法

 

新しい技術はSAPのトレーニングに参加、社内勉強会に参加、エキスパートの書いたBlogを常に確認するように心がけています。

またアクセンチュアではグローバル含む社内資料がサイト上に保管されています。各国のエキスパートの知見が一元管理されており、そこから最新技術を収集し、必要に応じてエキスパートにコンタクトすることで情報収集しています。

また国内の先輩社員などとコミュニケーションをとり、様々な情報を収集することもSAP Analyticsを極めるうえで重要となります。

 

トレーニングや資格取得支援制度

 

トレーニング、資格取得は受講にあたって承認が必要なものの、様々なトレーニングに参加させていただいています。私は資格取得支援制度を利用してSAPの資格や、AIに関する資格を取得させていただきました。

またトレーニングの受講内容を社内に発表する機会も多くあり、トレーニングを受講するモチベーションにも繋がっています。

 

ワークライフバランスのために心がけていること

 

アクセンチュアではプロジェクトの間に長期休暇を取得できるので、私も旅行に行きリフレッシュしています。

プロジェクト参画中も労働管理はしっかり行われており、業務終了後は子供、家族と過ごしたり、趣味に没頭したりすることができます。

 

 

さいごに

 

SAP EPM/Analyticsドメインに限らず、アクセンチュアには常に新しいことにチャレンジする文化があります。興味を持っていただけましたら是非応募をお願い致します。

一緒に働ける日を楽しみにしております。

 

<<< Start >>>

<<< End >>>

 


 

関連サイト:

SAP Careers
採用イベント・セミナー案内

テクノロジー コンサルティング本部 SAPグループ所属社員によるブログ記事:

アクセンチュアのSAPグループは、キャリアの「プラットフォーム」だ(SAPエンジニア)


Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

50代からのキャリアチェンジ 障がい者サポート業務で感じるやりがい

October 6, 2022

私は精神・発達障がいのある社員が働くサテライト生麦・立川でSV(スーパーバイザー)の業務を行っています。 サテライトでは社内各部署から業務を受託し、定められた手順に沿って作業を行い、成果物を納品しています。受託業務は請求書作成のような定型的なものからコンサルティング業務に直結するデジタル、リサーチ系まで多岐に渡っていま

障がいのある社員の活躍事例 アクセンチュアサテライト(不安障がい)

October 3, 2022

こんにちは。アクセンチュアサテライト(高島町)※でWEB関連の業務を担当しているAyumiです。今回は、サテライトの仕事内容や、私が初めて障がいをオープンにして働いて感じたことをお話させていただこうと思います。

人材育成担当が語る、研修や入社後の成長(経験者採用向け)

September 29, 2022

こんにちは。アクセンチュアの人事本部で人材育成を担当しているマネジャーのRiekoです。 ご存知の方も多いと思いますが、アクセンチュアでは新卒・経験者(中途)含め、毎年多くの方々が入社しています。経験者採用と言うと、IT/コンサルティング業界の経験者のみ採用され、入社時研修もほとんどないのでは?と言われることもあるので

マイクロソフト ビジネス グループ業務内容紹介②:アプリケーション&インフラ ドメイン

September 16, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 マイクロソフト ビジネス グループ所属のYukihiroです。前職は電機メーカーのIT子会社で家庭用ゲーム機のシステムソフトウェアの開発や、社内システムの運用・開発などを行っていました。2014年にそのIT子会社とアクセンチュアがジョイントベンチャーを作ることになり、

マイクロソフト ビジネス グループ業務内容紹介①:モダンワークプレイス ドメイン

September 15, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 マイクロソフト ビジネス グループ モダンワークプレイス ドメイン所属のTatsunoriです。マイクロソフト ビジネス グループという組織は、Microsoftの製品のサービス・ソフトウェアによって組織の変革を実現する部門で、

海外大からなぜアクセンチュアへ?私の就活体験記(戦略コンサルタント)

August 31, 2022

こんにちは、アクセンチュアのストラテジーグループで、戦略コンサルタントとして新規事業創出・アライアンス戦略を中心にお客様の支援をしているHitomiです。 私は入社までの人生のほとんどを海外で過ごし、2019年の新卒入社と同時に日本へ帰国してコンサルタントの世界へと飛び込みました。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る