<<< Start >>>

<<< End >>>

こんにちは。Cloud First Applications(CFA)PegaグループのKentoです。

本記事ではPegaグループでの仕事について、簡単に紹介をしたいと思います。

 

Pegaとは

 

Pegaはビジネスプロセス管理(BPM)および顧客関係管理(CRM)で活用されるソリューションです。ソリューションの特徴を2点ご紹介します。

1.One-Platform上にサービスを集約

これまで、多くの企業で業務をデジタル化する試みが続けられてきました。その結果、システムが乱立しサイロ化と呼ばれる状況に陥っている場合も多々あります。PegaではメールやSNSなどのマルチチャネルに対応していることに加えて、RESTなどのAPI連携やPega RPAとの連携により対外的なサービスも内部での処理も多くの範囲をPega Platformに集約することができます。業務をワークフローとして見える化しつつ、複数のシステムを跨って自動化できるPegaはサイロ化した企業で高いパフォーマンスを発揮します。

2.優秀なローコード開発環境が備わっている

Gartner社のアナリストレポートでは、2025年には、ローコード/ノーコードでのシステム開発が7割を占めると予測されています。(参考:Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platforms

様々なローコード開発ツール/システムが世の中にはありますが、「画面で2列表示しかできない」「ボタンの処理は結局コーディングが必要」など制約が強い/ローコード範囲が狭い製品も多く存在します。制約が強いと、全ての業務を同じローコード開発ツール/システムに集約出来ないためサイロ化に陥ってしまうリスクがあります。

個人的な見解ですが、Pegaはコーディング無しで出来る範囲が広いです。上に書いた2つの制約が無いことは勿論、分岐判定、承認申請、他システムとのAPI連携、モバイル対応、AI活用など多くのことがローコード/ノーコードで実現可能です。

 

<<< Start >>>

実際のPegaの画面:判定や承認もノーコードで実現。グラフィカルで分かりやすく、業務を見える化できるのも特徴

<<< End >>>

 

その他、ここでは紹介しきれない多くの強みがPegaにはあり、GartnerForresterなどの第三者機関からの評価も高いです。(Pega社HPのアナリストレポート

日本でも注目を受けているPegaの波に、私達と乗ってみませんか?

 

アクセンチュア Pegaグループの紹介

 

私達Pegaグループでは、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)やビジネスプロセスのデジタル化実現に向けて、Pegaの導入を支援しています。アクセンチュアの業務コンサルタントと協業し、「テクノロジー×ビジネス」の両輪で、日本国内の様々な業界のお客様に対して価値を提供しています。我々が携わるフェーズは多岐に渡り、「PoC (Proof of Concept)、要件定義、設計、実装、テスト、デプロイ、運用/保守、定着化・効果創出支援」の一部ないしは全てとなっています。

アクセンチュアPegaグループの魅力を3点ご紹介します。

 

1.スキルのある人材が揃っている

アクセンチュアPegaグループに在籍しているメンバーの多くがPega社公式の認定資格を保有しています。経験豊富なメンバーも多いため、資格試験で問われない細かい仕様であっても、質問すれば誰かが答えてくれます。

私の個人的な感想ですが、悩んだ際は質問する、知識は皆で共有するという文化がアクセンチュアには根付いていると感じています。相談し合える風通しの良さがグループ全体のスキルを支えているのだと考えています。

 

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

2.Pega社のNo.1パートナーである 

アクセンチュアとPega社は長年に渡って協業してきました。その結果、アクセンチュアはPega社からもNo.1パートナーとして認められています。2021年現在の実績では、9年連続でパートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

 


3.グローバルで価値を提供している

アクセンチュア自身がグローバル企業ですから、北米、欧州など海外のメンバーも多く在籍しています。グローバル全体で、アクセンチュアに所属するPega専門家の人数は7,800人に及びます。日本のPegaグループ内でも中国や韓国、インドに英語圏とメンバーは多国籍です。

海外展開するお客様に対してもナレッジが豊富で、価値を提供できることがアクセンチュアの強みだと私は考えています。

 

私について

 

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

最後に私自身について書かせていただきます。

私は、2018年にアクセンチュアへ転職し、社会人としては7年目になります。現在は、金融業のお客様に対してPegaを用いたDXの実現、テレワーク可能な業務/システムへの転換を提案しています。(2021年現在)

これまで、Pega以外にもSalesforceServiceNow、純粋なJavaフレームワークを活用したシステム開発など様々な経験をしました。

アクセンチュアでは、技術を軸足としたスペシャリストとしてのキャリアパスを歩み、様々なお客様のご要望を実現してきました。

アクセンチュアへ転職したのはキャリアアップが主な目的ですが、やりたいことが出来るというのも大きな理由でした。

アクセンチュアではお客様と直接ご契約を結ぶことが多く、幅広い業務に携わることが出来ます。加えて、転職せずともPegaというソリューションや業界に縛られずキャリアを形成することが出来る点は今でも魅力と考えています。(実際、私は以前Salesforceを担当していたのですが、視野を広げるために他のソリューションに変えようと転職を考えていたところ、社内であっさり解決しました)

もし、アクセンチュアへの入社を検討している方がこの記事を読まれているのでしたら、今後の10年のキャリアパスを考えてみてください。コンサルティングから技術支援を一貫して行い、幅広い業界やソリューションをカバーするアクセンチュアでなら、皆さんが描く10年を叶えられないということは無いはずです。

この記事の末尾に採用イベントのリンクもありますので、興味のある方はPegaの経験有無を問わず、アクセンチュアへのエントリーをお待ちしております。

私達Pegaグループと一緒にPegaの市場を盛り上げていきましょう!

 

最後に

 

いかがでしたか?Pegaというソリューションが持つ魅力も、アクセンチュアPegaグループが他には無い強みを持っていることも私なりの言葉で伝えさせていただきました。

私達アクセンチュアPegaグループは国内でNo.1Pega集団と自負しています。今後、お仕事を一緒にする機会があれば光栄です。ありがとうございました。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

 

 


 

関連サイト:

Cloud First Applications (CFA) Careers
採用イベント・セミナー案内

Info  キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

Related posts

コンサルタントに支援される立場から、支援する側へ

November 24, 2021

2019年に経験者採用(中途)でアクセンチュアへ入社しました。 前職は金融機関で、個人・法人向けの融資担当や、マーケティング部門でのデータ分析を用いた販促を担当していました。現在はアクセンチュアでコンサルタントとして働いています。

山の奥に住んでいる僕がコンサルタントとしてリソース強化・効率化を(アプリケーションアウトソーシングコンサルタント)

November 18, 2021

3年前にアプリケーションアウトソーシングコンサルタントとしてアクセンチュアに中途入社したKengoです。テクノロジー コンサルティング本部のITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション(ITXO)所属です。

システムエンジニアからコンサルタントへ。活かせた経験や苦労したこととは?

November 17, 2021

アクセンチュアのビジネス コンサルティング本部でインダストリーコンサルティング(証券領域担当)を担当しているTakayukiです。私は2018年末に経験者採用(中途)で入社し、現在はマネジャーとして、証券業界のお客様向けにテクノロジーを活用した業務改革支援やシステム化構想検討/構築支援を行っています。

アクセンチュアではココを見ます!面接時のポイント

November 10, 2021

こんにちは、アクセンチュアのリクルーティングチームです。 初めてアクセンチュアへの応募を検討されている方、また複数回転職をされている方でも、正解のない転職活動に戸惑い、悩みながら活動をされていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

東京から関西へのUターン転職で充実したキャリアを築く(テクノロジーコンサルタント(素材・エネルギー領域))

November 8, 2021

テクノロジー コンサルティング本部素材・エネルギー グループにてマネジャーを務めるOsamuです。2016年に経験者採用で関西オフィスに入社、以来ずっと大阪で仕事をしています。

「色んな人がいてよく分からない」と言われるアクセンチュアだから面白い、AIアーキテクトの仕事

November 5, 2021

アクセンチュアのビジネス コンサルティング本部 AIグループでAIアーキテクトをしているRyotaです。AIアーキテクトと聞いても分かりづらいかと思いますので、平易に説明すると、AIを使ってクライアントであるお客様の課題を解決する方法を考えて、実行(エンジニアリングを含む)するポジションです。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る