こんにちは。

アクセンチュアのテクノロジー コンサルティング本部に所属している、Misatoと申します。

2020年6月にアクセンチュアに転職し、現在はエネルギー業のお客様のERPプロジェクトに携わっています。本日は私の部署で試験的に運用されている「勤務地にとらわれない働き方」についてご紹介したいと思います。

 

特例申請をして鹿児島から勤務

 

東京オフィスに所属していますが、特例の適用を受けて、毎日、鹿児島県から在宅勤務しています。

<<< Start >>>

桜島です。写真は噴火後で霞がかっています。毎日噴火するため、ニュースで火山灰が降る方角が流れることに最初は驚きました

<<< End >>>

なぜ鹿児島で在宅勤務しているのかというと、夫の転勤に付いて行きたいと思ったことがきっかけです。夫は転勤が多く、在宅勤務ができない職種に従事しています。
「次、鹿児島になった。」夫からそう言われた時、転勤することは事前に分かっており、別々に暮らす覚悟はしていたのですが、それでも、遠すぎる!寂しい!と単純に落ち込んだことを今でも覚えています。

一方、私はアクセンチュアに入社以来、リモートワークをしているため、PCだけ持って夫の元に行き、そこから働くことが可能ではないかと考えたりしていましたが、実現可能だとは全く思っていませんでした。単身赴任されている方だって多いだろうし、そもそも誰になんて言えば良いのかも分からなかったからです。また、入社して間もないことと、在宅勤務がいつまで続くのかも分からない中で、自分のプライベートの理由を果たして聞き入れてもらえるか、など色々と考えた結果、引け目のようなものを感じてしまい、相談や行動は特にしないままでした。
ところが、周囲の先輩方との会話から、今回の申請まであっという間に、地方からの在宅勤務が実現しました。   

アクセンチュアでは、People Lead(旧称:キャリアカウンセラー)が社員一人ひとりに付いてくれます。定期的に面談などがあり、近況を含め連絡を取るのですが、そのPeople Leadとの会話から、地方から働けるか一度聞いてみたらどうかとアドバイスをいただきました。
そこから、プロジェクトのリード・マネジャーに相談し、HRに話をつないで下さりました。HRの担当の方から、「Misatoさんがパートナーの転勤先で働くことができたら、Misatoさんにとっても良いことだと思うし、会社としても実現させたいと考えているので、方法を探しましょう」と言われた時、とても嬉しく思いました。すぐに対応して下さり、本当に感謝しています。
こうして、試験的に勤務地から離れて働くことができる可能性があることを知り、承認を受けて私の鹿児島からの在宅勤務が実現しました。

 

拠点を移して良かった点

 

なんといっても、休日のドライブでリフレッシュできることです。夫婦でドライブが趣味なので、週末は県内をあちこち巡っています。行ったことのないところに行くことが楽しみの一つです。温泉も多数あり、ご飯もおいしい、魅力的な県だと思っています。出かけたり、会話することで、仕事の生産性も上がればいいなと思っています、少なくとも下がらないことを信じています。

拠点を移すことができなかった場合、ほとんど会うことができなかっただろうな、と思います。移動してみて改めて、遠い!と感じました。すぐ会うことができないという不便さが、私にとってはハードだっただろうと想像します。

<<< Start >>>

自宅から車で30分ほど行ったところにある、県内有数の桜で有名な公園です。後から知ったのですが、ここは県内でも最も遅く咲くスポットだったようです。それでも、一応咲き始めていて良かったです

<<< End >>>

 

相談しやすい環境

 

相談をした際に、「一度言ってみたらどうか」とすぐにアドバイスいただけたのは、リモートワークの体制が十分整っているからこそだと思います。私の場合、People Lead、プロジェクトチームの方に、仕事面だけでなくプライベートの話も、話しやすいことが大きいと思います。入社以来ずっとリモートワークですが、人とのつながりの大切さを感じています。

入社前は、規模の大きな会社だからこそ、融通が利かないというか、特別扱いのようなことは認められないのではないかと思っていましたが、それは私の勘違いでした。
もちろん、何でも受け入れてくれるというわけではないと思います。私もありがたいことに、たまたま条件などが適合したため、地方からの在宅勤務が可能となりました。皆さんの中で、少しでも悩んだり、もやもやしていることがあれば、まずは相談してみて良いと思います。アクセンチュアは、話を聞いてくださる先輩社員とつながることのできる、良い制度、文化がある会社だと考えます。

 

 


 

関連サイト:

Technology Careers TOP

勤務地にとらわれない働き方を実践する社員のブログ連載:

勤務地にとらわれない働き方を試験的に実践! Vol.2:福岡編

Info  アクセンチュアには社員紹介制度もあります。応募の際は社員までお声がけください。

 

 

Related posts

転職体験談:異なる業種(システムエンジニア→コンサルタント)と業界(通信事業→官公庁)への挑戦

November 28, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 公共サービス・医療健康グループに所属しているHirokiと申します。 私は、2016年に経験者採用で入社し、現在はマネジャーとして、官公庁関連のシステム開発に携わっています。 それまでは、システムエンジニアとしてSI企業で通信事業者向けの顧客管理システムを開発していました。

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

アクセンチュア募集職種にご関心をお持ちの方へ<障がい者採用:未経験からチャレンジできるエンジニア職>

November 21, 2022

こんにちは、アクセンチュア障がい者採用チームです。この記事では、未経験からエンジニア職を目指す障がいのある方で、<障がい者採用>ソリューション・エンジニア(第二新卒・未経験歓迎)への応募をご検討の方・すでにご応募されて選考に進まれている方に向けて、同ポジションの特徴(トレーニング・働き方・キャリア等)をまとめています。

アクセンチュア ソングのエンジニア集団、Buildチームのご紹介

November 21, 2022

こんにちは。アクセンチュア ソングBuildチームのリードをしています粟飯原 (画像右)と、中尾(画像左)です。 私の所属するアクセンチュア ソングは、暮らしの変化に寄り添い、クリエイティブやテクノロジーを駆使してお客様のビジネス成長を目指す組織です。

「よりよい国づくり」を通じてカスタムメイドスキルを強化。公共サービス・医療健康グループの魅力

November 16, 2022

テクノロジー コンサルティング本部公共サービス・医療健康(Health & Public Service、以下H&PS) グループの神原です。私は日系SIerから2004年にアクセンチュアに中途入社し、現在、H&PSの日本統括をやっています。このブログ記事では、H&PSグループってどんなところなの?という疑

広告業界からアクセンチュアって、あり??

November 14, 2022

みなさん、はじめまして。アクセンチュア ソングのコミュニケーションズチームにてストラテジックコミュニケーションデザイナーとして働くYuiです。 私は、新卒で広告業界の会社に入社した後、2022年6月に経験者採用でアクセンチュアに入社しました。 前職では、クリエイティブやプロモーションなど広告全般の制作を担うプロデュ

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る