こんにちは。

アクセンチュア関西オフィスでテクノロジーコンサルタントとして、お客様が保有するシステムのアプリケーションモダナイゼーションを担当していますAtsushiです。

アクセンチュア入社前は、SEとしてお客様先へ常駐しオープン系のプロジェクトで上流工程から下流工程まで携わり、また、ソリューション営業や自社の管理業務など技術以外の仕事も経験してきました。

年齢的な節目も迎え、より大きなプロジェクト、より広いスコープでの仕事がしたくてアクセンチュアの門を叩いたのが約2年前。
入社前のイメージでは「激務」「個人プレーでついてこれない人は置いてきぼり」というイメージを持っていましたが、そのイメージは悉く崩されました(笑)

ということで、今日は「入社後のアクセンチュア」について、私が感じたことを紹介します。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

 

激務?

 

「アクセンチュア」=「激務」この業界に長くいる人ほど持たれているイメージかと思います。
入社前の面接で「だいぶ改善されてきた」とお聞きしていたものの、「本当かな?」と正直半信半疑でしたが・・・本当でした。

入社して2年近く立ちますが、プロジェクト状況により波はあるものの、45時間以上の残業は1回も有りません。
1年目の有休は完全消化できました!
聞いてはいたものの、ここまでとは思いもよりませんでした。

これを達成するための行動として、日々効率的にかつ品質を落とさないためにはどうするのかを意識し、個人だけでなく、プロジェクトチームとしてそれに取り組む文化が出来ていることが理由としてあるのかなと感じました。

<<< Start >>>

家族との時間も取れています!

<<< End >>>

 

 

置いてきぼり?

 

アクセンチュアはついてこれない人は置いてきぼりなのか?
そんなことは無かったです。フォロー体制がちゃんと敷かれていました。

そのうちの1つにアクセンチュアでは社員1人につき1人「カウンセラー」と呼ばれる人が付く「キャリアカウンセラー制度」があります。カウンセラーにはキャリア活動の相談や、スキル目標・成果目標の計画作成のサポートや結果に対してのフィードバックなど、アクセンチュアでキャリアを積んでいくにあたっての諸々の相談をします。前職でも、年ごとに年間目標を立てることや、メンバーのヒアリングをするなどの活動はしていたものの、当時はなかなか組織全体として上手く機能させることが出来ていませんでした。アクセンチュアではどうやっているのか?というところから興味を持っていたところお声がけ頂き、カウンセラーとしても活動するようになりました。

カウンセラーの主な役割は以下があります。

①キャリア活動のサポート
→配属されたプロジェクトが適しているのかどうか、強みや志向に合わせたキャリアアップ機会に関する相談をします。

②スキル向上のサポート
→目標達成に向けたスキルや能力向上のためのトレーニング計画の方向性についての相談をします。

③目標達成とさらなる成長へ向けてのサポート
→その人が目標を達成したかどうか、結果をもとにさらなる成長へ向けての具体的で実行可能なフィードバックを行います。

これらについては、定期的に会話を繰り返し、かつ年度評価にもリンクしており、計画しっぱなしにならないような仕組みが設計されています。
カウンセラーと会話しつつ、都度状況を確認しながら、軌道修正が必要であれば修正して・・・という感じで進めていきます。また、カウンセラーへはキャリアに関すること以外にも参画したプロジェクトで困ったことやその他諸々の相談をすることももちろんOKです。
ちょっとしたことでも相談したいことがあればどんどん頼ってしまって問題ありません!

そして、私が特に「良いな」と感じたのは"カウンセラーへのフォロー"です。私自身も経験がありますが、会社は"カウンセリングを受ける人"のことは一生懸命考えるのに、"カウンセリングをする人"へのフォローが不足しているといったケースがありがちです。アクセンチュアでは"カウンセラー"に対するフォローも行われています。カウンセラー間の勉強会開催やコーチングのトレーニング(実際私も2種類受けました)などカウンセラーの能力向上を図りフィードバックの質を高めていく仕組みもあり、会社としてキャリア支援全体の質を高めていく取り組みが行われています。

とはいえ、まだまだ運用面などは発展途上な部分もあると感じています。制度として設計されていても運用に乗せられないと思うような効果は出てきません。ただ、それについても今後どう進めていくのかということも会社として議論を進めながら取り組んでいます。
(あらゆることに対してPDCAのサイクルをまわしていける推進力がアクセンチュアの強みでもあるのかなと思っています)

私自身もそのなかで自身を高めながら、本業のテクノロジーに関することだけでなく、カウンセラーとしてより良い組織づくりに貢献していければなと思っています。

 

 

入社後の率直な感想

 

過去に自分が持っていたアクセンチュアのイメージはやはり古かったなと感じました。(すみませんでした・・・)

元からお客様が多岐にわたり、プロジェクトの規模や扱うテクノロジーも多種多様、働き方の改善にも取り組んでおり、かつ人材育成にも力を入れている。仕事をするにあたってポジティブな環境がこれでもかというくらいに整備されてきているのではないかと感じています。(言い過ぎか・・・)

今、転職について検討をされている方は、一度説明会などで話だけでも聞いてみていただければなと思います。話を聞いていただけたら、転職活動を進めるうえで何かしらポジティブな情報を得ることができると思います。
そして、興味を持った方はアクセンチュアへのチャレンジをご検討いただければ幸いです!

 

 


 

関連サイト:

Technology Careers TOP
関西オフィス採用情報
採用イベント・セミナー案内

関西オフィスで活躍する社員のブログ連載:

関西で楽しむアクセンチュアライフ(ITコンサルタント)

 

Info  アクセンチュアには社員紹介制度もあります。応募の際は社員までお声がけください。

 

 

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る