はじめまして、Yukoと申します。

アクセンチュアではソーシャルメディアをはじめとしたオンラインプラットフォームやデジタルコンテンツ開発を通じて、クライアントのDX支援に携わっております。Z世代とミレニアル世代のマーケティングが得意領域でクライアント業態はエンタテイメント事業者からインフラ、金融と様々です。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

新視点を求めて:一般論から離れた視点で世界の見え方が変わる


私は長崎の片田舎で生まれたのですが、さして刺激的なこともない場所でしたので、幼い頃から、身の回りにある本を読み音楽を聴き、自分の中で世界観を膨らませながら絵を描いたりオリジナルストーリーを物語ったりするのが習慣になっておりました。(これが今日の私の"深く何かを掘り下げて、物事と物事の関連性を無理矢理見つけ出して、価値を創ってみようと試みる"クセに繋がっております)

この幼少期からの熱中を昇華できる分野はないものかと高校生の自分は全方位の学部を調べ尽くしたのち大学では芸術工学の道に進み、そこで、ジョンケージの《433秒》や、マルセルデュシャンの《泉》や、ジェームス・タレルの《Blue Planet Sky》あるいは石川淳哉さんの《retired weapon(戦争を悪と捉えてその撲滅を悲観的に訴えるのではなく、ポップで魅力的で美しいものとし、平和の継続的な実現を提言するプロジェクト)》に出会うことになります。

これらに共通するのは包容力のある温かいコンセプト
より具体的に言うなれば"一般論から離れた視点により世界の見え方が変わる"という観点です。

いざ社会に出るタイミングを迎えた時、この新視点“を自分なりに見いだしてみたい、これによって世の中に小さい幸せの礫を産みたいと思い至り、その結果として大学卒業後、広告営業や制作の仕事を経て、いまこのコンサルの世界に身を置いております。

私が2年前アクセンチュアに参画した大きな理由は、しつこいほどに言及するこの“新視点”を持つことの重要性をどんなコンサルティングファームよりもアクセンチュアが大切にしていたからに他なりません。インタラクティブ本部の最高戦略責任者である内永さんと時折お話するときに「外れ値って面白いよね」という話題になるのですが、この外れ値もある種の新視点”。

 

黎明期にジョインせよ!:右脳的破天荒人間もうまく活かしてくれる場所


ダイバーシティというワードはSDGsと同じくらい、世の中で皆が標榜すべきもののように声高らかに叫ばれておりますが、実際に、実質的にこれに真摯に対峙して実践している企業は一握りです。そんな中、組織を率いるリーダーが視点の柔軟なあり方に価値を置き、働く人の数だけある多様な視点を認め、実際のプロジェクトを通じてその視点を世の中への価値に変換できる環境と文化がある、アクセンチュアはそういう会社です。

私のようなデジタルマーケ分野に籍を置きながら、個人活動として雑誌制作や音楽制作にも傾倒している右脳的破天荒人間をうまく活かしてくれることは非常に有難いですし、アート思考を実践する社内の実験的コミュニティ"芸術部"、社会課題の改善を目指す"プロボノプロジェクト"の存在も然り。

ここでは"人材やその人材の持つ視点の多様性を認め、そこに対して社員が叡智を発揮できる場"が余るほどあります。こんなに器の大きい、そして時代即応性もある!こんな会社はそうないのではないでしょうか(自社自賛ですね)

これからのアクセンチュアは黎明期に拍車を重ね黎明期です。

わたしはコンサルパーソンとしてまだまだ未熟ですが、この環境でさらに視点を磨くことでクライアントさん並びに自分の人生も豊かにしていけると信じております。また、これまでより一層極彩色の視点の方々が加わってくださることも願ってやみません。

一緒にこの世の中を変えていきましょう。

 

(時折、アクセンチュアが大好き!なことを個人メディアでも発信していますのでもしご興味がおありでしたらのぞいてみてくださいませ。)

Twitter : yukob925
Podcast : #欲望のSNS  Spotify, applepodcast, Youtubeなどで配信中

 

▼インタラクティブ本部の多彩な社員がブログ公開中!
内資系SIer SEからアクセンチュアへの転職  Buildチーム 1/2
今だから伝えたい、ワクワクするインタラクティブ本部の働き方 Buildチーム2/2

▼関連サイト:
アクセンチュア インタラクティブ本部 採用情報

Related posts

人材とテクノロジーを編成し最適なソリューションを生み出す。アクセンチュアのクロスプラットフォーム コンサルティング

October 19, 2021

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部 クロスプラットフォーム コンサルティングの大浦と申します。1997年にアクセンチュアに新卒入社し5年後に退職、その後フリーランスや起業を経て2011年にアクセンチュアに再入社しました。現在はクロスプラットフォーム コンサルティング(XPF)のリードを務めています。本記事で

アクセンチュア関西でのキャリア構築(テクノロジーコンサルタント(通信・メディア・ハイテク領域))

October 15, 2021

アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 関西オフィス所属のMasayukiです。私が所属している通信・メディア・ハイテク グループの仕事を紹介します。

育児も“ニューノーマル”を模索。妻の復職後、6か月間育休を取った私の体験談

October 7, 2021

アクセンチュア インタラクティブ本部のAkihiroです。2008年に新卒で入社し、主に小売業や旅客業界のお客様のコンサルティングを担当してきました。現在はシニア・マネジャーとしてお客様とともにプロジェクトを推進しています。

アクセンチュア退職後、再入社した理由と現在のキャリア(Microsoftコンサルタント)

October 4, 2021

テクノロジー コンサルティング本部のKoichiroです。私はアクセンチュアに新卒入社した後、他社への転職を経て、2019年にアクセンチュアに再入社し、現在はマイクロソフトビジネスを展開する、アクセンチュア マイクロソフト ビジネスグループに所属しております。

アクセンチュア ServiceNowグループの紹介(ServiceNowエンジニア)

October 1, 2021

テクノロジー コンサルティング本部ServiceNowグループのHiroです。本記事では、当グループでの仕事について、簡単に紹介をしようと思います。

アクセンチュアにおける、上司・部下の良い関係性とは?(テクノロジーストラテジー&アドバイザリー)

September 30, 2021

アクセンチュアのテクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ(TS&A)に所属しているAyanoとYudaiです。アクセンチュアは外資系コンサルティングファームということもあり、「個人プレー」「上司が怖そう」など色々と噂されるのですが、実際のところどうなのでしょう?!

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る