こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部所属のAiです。

大学はイギリスで開発学を学んでいました。開発学というのは、発展途上国の開発、発展について経済・環境・社会学など様々なアプローチから考えていく学問で、私も実際にウガンダに行って活動したこともあります。

ちなみに、アクセンチュアで働くようになった今も、趣味の旅行もプロジェクトの間で楽しんでいます。コロナ前にはアフリカのボツワナとジンバブエに旅行し、サファリを楽しみました。

 

「社会のインフラを縁の下で支えるような仕事に携わりたい」という思いでIT業界へ

 

さて、私は前述の開発学での現地経験から「社会のインフラを縁の下で支えるような仕事に携わりたい」と考えるようになり、就職活動時期にはITのインフラ運用を行う日系のSIerにご縁があり、ファーストキャリアとして就職しました。

前職では、サービスを提供する中で自社製品の知識はついたのですが、次第に「もっと幅広い視点でお客様のシステム全体を把握してサービスを提供したい」と感じるようになり、2016年12月にアクセンチュアに転職しました。

 

ファーストジョブではがむしゃらに周囲の人に質問をして情報を集めることで乗り切りました

 

転職してすぐに、某銀行のお客様のプロジェクトにアサインされました。アサインされてすぐに2週間のPoC(Proof of Concept:概念実証)の実施を任されたのですが、私がアサインされた時にはすでにスケジュールが決まっており、初日からすぐに実タスクの貢献をしなくてはならない状況でした。

前職では新しいプロジェクトにアサインされると最初のうちはドキュメントを読んだり、関係者から説明を聞いたりして、徐々に新しいプロジェクトに慣れていくことが多かったので、アサイン初日からプチパニック状態になってしまいました (笑)。

最初は周囲の人に質問しようにも皆忙しそうで、邪魔してはいけないかな…と声をかけるのをためらっていました。しかし、最初は躊躇していたものの、とにかくスケジュールがタイトだったので、「ずうずうしいかも」と思いながらも、がむしゃらに周囲の人に質問をして情報を集めることで、なんとかプロジェクトを乗り切りました。

アクセンチュアの方は誰でも質問をすれば、非常に協力的に情報を教えてくれます。今となってみれば、もっとためらわずにガンガン質問してもよかったな、と思っています。

 

資料作りのスキル:お客様の納得感に訴えかけるためにキャッチアップ

 

ファーストジョブでは、アクセンチュアのスピード感に驚きましたが、次のプロジェクトでは、初めてコンサルティングワーク寄りのプロジェクトにアサインされ、資料作りに悩みました。

今までも資料を作ることはもちろんありましたが、「MECE感のある資料作り」は意識できていませんでした。この時は、どうしたらお客様に納得頂けるのかを考えて資料を作っては、レビューを受け、修正して…というサイクルを繰り返すことで、次第に資料が作れるようになっていきました。

本来の開発の仕事とは違いましたが、振り返ってみると、このプロジェクトで資料作りのスキルを身に付けられたのは非常に良かったと思います。

最近は1人でプロジェクトにアサインされることもあるのですが、当時身に付けた資料作りのスキルも活用しながらお客様とコミュニケーションすることで、安心感を持ってプロジェクト推進を任せて頂いているかな、と感じています。

 

今後は、自分の強みを生かしてチームを率いるマネジャーを目指したい

 

今後昇進するにつれて、チームを率いて仕事をする機会も増えると思うので、後輩を育成する力をつけていかないといけないなと感じています。これまでは、チームリードになったら、チームメンバーをガンガン上から指導して率いていかないといけないと考えていて、私は苦手意識を持っていました。

ただ最近色々なタイプの先輩マネジャーの働き方を見ていて、メンバーが仕事がしやすい、相談しやすい環境を作り、チームを1つにまとめ、パフォーマンスを出している方もいることに気が付きました。

1つの考えにとらわれず、自分が得意とすることを伸ばしながら、チームを率いられるマネジャーを目指してチャレンジしていきたいなと考えています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

 


 

関連サイト:

Technology Careers
採用イベント・セミナー案内

Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

アクセンチュア募集職種にご関心をお持ちの方へ<障がい者採用:未経験からチャレンジできるエンジニア職>

November 21, 2022

こんにちは、アクセンチュア障がい者採用チームです。この記事では、未経験からエンジニア職を目指す障がいのある方で、<障がい者採用>ソリューション・エンジニア(第二新卒・未経験歓迎)への応募をご検討の方・すでにご応募されて選考に進まれている方に向けて、同ポジションの特徴(トレーニング・働き方・キャリア等)をまとめています。

アクセンチュア ソングのエンジニア集団、Buildチームのご紹介

November 21, 2022

こんにちは。アクセンチュア ソングBuildチームのリードをしています粟飯原 (画像右)と、中尾(画像左)です。 私の所属するアクセンチュア ソングは、暮らしの変化に寄り添い、クリエイティブやテクノロジーを駆使してお客様のビジネス成長を目指す組織です。

「よりよい国づくり」を通じてカスタムメイドスキルを強化。公共サービス・医療健康グループの魅力

November 16, 2022

テクノロジー コンサルティング本部公共サービス・医療健康(Health & Public Service、以下H&PS) グループの神原です。私は日系SIerから2004年にアクセンチュアに中途入社し、現在、H&PSの日本統括をやっています。このブログ記事では、H&PSグループってどんなところなの?という疑

広告業界からアクセンチュアって、あり??

November 14, 2022

みなさん、はじめまして。アクセンチュア ソングのコミュニケーションズチームにてストラテジックコミュニケーションデザイナーとして働くYuiです。 私は、新卒で広告業界の会社に入社した後、2022年6月に経験者採用でアクセンチュアに入社しました。 前職では、クリエイティブやプロモーションなど広告全般の制作を担うプロデュ

「アクセンチュアの中の実家でありたい」~SAPグループでの現場社員による、現場社員のための、Inclusion&Diversity活動紹介~

November 14, 2022

SAP関連システムの導入事業に従事している、テクノロジー コンサルティング本部のKaoです。 年々SAP製品への注目が高まる中、私が所属するSAPグループ自体も毎年規模が大きくなっています。そのような状況の中、SAPグループでは数年前よりコミュニケーション事務局を発足し、組織全体のコミュニケーショ

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る