こんにちは。

テクノロジー コンサルティング本部データグループに所属のKinueです。

データグループのケイパビリティ紹介第4弾として、今回はData Integrationについてのご紹介をしていきます。

 

Data Integrationとは?

 

アクセンチュアのData Integrationは、お客様企業の保有するSoRのデータを新たなデジタル・アーキテクチャの中に適切な形で連携・統合管理を実現し、SoE/SoIの高度化を促すようなIntegrationの仕組みを定義・実装することでビジネスにおけるデータ活用をより強力に推進するミッションを持っています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

Data Integrationの活動で重要になる視点とスキル

 

1. データモデリングに対する知見
データの連携を検討する場合、連携元と連携先では全く異なるデータモデルであることが多くあります。特に連携先ではデータを中心とした先進テクノロジー特性に応じたデータモデルへの最適化が必至です。こうしてお客様の業務で活用できるデータとして取り込むためにデータモデルの違いを理解して、Integrationの計画を策定することが非常に重要となってきます。

2. データマネジメント・ガバナンスに対する知見
データの連携を検討する際には、対象となるデータの所有や利用などの論理的な制約についても十分に考慮する必要があります。業界や国・地域によっても法的規制が異なるケースもあり、適切に専門知識をもつ組織と連携するなどの判断ができることが重要です。

3. データ管理技術に対する知見
データ連携の際には、その連携元および連携先となるデータ管理を行う技術(各種データベース・パッケージ製品のデータストアなど)に対する深い知見は不可欠です。

4. データ連携技術に対する知見
お客様の保有されているデータを、新たなデジタル技術で活用できるように連携するためには、最適なツールや機能の選定がとても重要なポイントになります。

5. グローバルなビジネス展開に対する知見
アクセンチュアのお客様の多くは、日本国内にとどまらずグローバルにビジネスを展開されています。データ連携の背景には、データ中心の先端テクノロジーがそのお客様のグローバル・ビジネスをサポートする重要な施策となるため、より広い視点でデータ活用を促せるビジネス的な視点を持つことが必要になってきています。

上記のような視点やスキルは、当ケイパビリティに所属するメンバーのそれぞれが持つ個々の経験や強みを集約し、かつ他のDataグループ内のケイパビリティおよび海外デリバリー拠点を中心とするアクセンチュア内組織と有機的に連携することでお客様に対する価値を創出しています。

 

最後に

 

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。
Data Integrationというケイパビリティは、名称のとおり他のData内ケイパビリティおよび組織と密に連携して活動する、まさに“One Accenture”を体現するチームです。もちろん、先にあげているような視点や知見を活かして現在活躍されている方のみでなく、未経験でも私たちのミッションに共感してくださる方の挑戦も心からお待ちしています。

一緒にお仕事できる日を楽しみにしています!

 

<<< Start >>>

<<< End >>>

 


 

関連サイト:

データエンジニア / データコンサルタント採用情報
データエンジニア / テクノロジー コンサルティング本部
採用イベント・セミナー案内

データグループ ケイパビリティ紹介のブログ連載:

データがあらゆるイノベーションを生む。アクセンチュアのデータグループとは?
データグループ ケイパビリティ紹介 ①Data Platform
データグループ ケイパビリティ紹介 ②Data Strategy
データグループ ケイパビリティ紹介③Data Utilization
データグループケイパビリティ紹介⑤ML/AI Engineering

Info  アクセンチュアには社員紹介制度もあります。応募の際は社員までお声がけください。

 

 

Related posts

障がいをオープンにして築くエンジニアのキャリア

August 7, 2022

みなさん、こんにちは。アクセンチュアのテクノロジー コンサルティング本部に所属しているM.T.です。 今回のブログでは、エンジニアとして働く私の仕事内容や、障がいをオープンにして働く上で大切にしていることなどをご紹介します。

ワンオペ育児にリモートワーク、不安を感じながら転職した私の体験談

August 1, 2022

こんにちは。Reikoです。私はコロナ禍である2021年にアクセンチュアへ中途入社し、2歳の娘を育てながらデータサイエンティストとして働いています。本記事では、大手メーカーで働いていた私がなぜ転職に至ったのかと、アクセンチュアで子育てしながら働く実態について記したいと思います。

Technology for Living Systems × 福岡での働き方 Vol.2

July 29, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 Technology for Living Systems(TfLS)に所属している、Naokiです。2022年3月にリファラルプログラム(社員紹介制度)を利用して経験者採用でアクセンチュアに入社しました。入社時からずっと福岡を拠点に勤務しています。 今日はアクセンチ

ポストコンサル転職:ビジネスパーソンとして、父としてのキャリア選択

July 27, 2022

こんにちは。アクセンチュアのストラテジーグループに所属しているKoheiです。新卒で別のコンサルティングファームに入った後、社員数十名規模の教育・人材系ベンチャーを経て、3社目としてアクセンチュアを選択。現在はマネジャーとして、様々な業界のお客様を対象に組織人事領域を主として戦略コンサルティングの仕事を行っています

企業の変革パートナー。「トランスフォーメーションコンサルティング(GTM)」の仕事内容と魅力とは?

July 26, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 トランスフォーメーションコンサルティング(通称 GTM = Go to Market)日本統括/マネジング・ディレクターの谷山です。 本記事では、統括の立場からGTM組織の紹介をさせていただきます。

Salesforce界隈でダイバーシティを推進する社内グループ「SaladBowl Trailblazer」とは?

July 20, 2022

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部でコンサルタントとして働いているShuriです。 今日は、アクセンチュアのSaladBowl Trailblazer(以降SBT)について、ご紹介したいと思います。SBTとは、Salesforceに関わる多様な人材の活躍の推進を目的とした社内グループです

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る