こんにちは。アクセンチュアでモノづくりのデジタル変革を推進・支援するインダストリーXグループにて、主に自動車メーカーのお客様を対象に、コネクテッドカー関連のシステム全体像構想や中期計画立案、実行支援を担当しているKazukiです。

私は2018年10月にアクセンチュアに経験者採用で入社、2019年3月からはマネジャーを務めていますアクセンチュア入社前は、モバイルオペレータ向けシステムのエンジニア/アーキテクトとして働いていたのですが、IoTという新しい分野で人々の生活を向上したいと思い、アクセンチュアに転職しました。本日は私が入社当初から関わっているIoTセキュリティ領域の一つである自動車業界へのセキュリティ導入支援のプロジェクトについてご紹介します。

1.自動車とセキュリティ
自動車業界では、「100年に一度の大変革時代」が訪れています。CASE(コネクテッド、自動化、シェアリング、電動化)などの技術革新に伴って、スマホからの自分の車の状態確認や操作を実現したコネクテッドカー、ライドシェアと自動運転技術を組み合わせたロボタクシーなど、利便性の高い次世代型モビリティサービス実現に向けて、各自動車メーカーは新サービスの創出に余念がありません。

しかし、喜ばしいことばかりではありません。携帯電話網との通信や車間通信などによる外部インターフェースの増加などに伴い、車がハッキングされ搭乗者の安心・安全が脅かされる可能性が増大しています。車がハッキングされると、走行中にハンドル制御やブレーキ制御が乗っ取られたり、自動運転中にその機能がオフにされたりするなど、事故につながる危険のある操作をハッカーが実行できてしまいます。

その対策として、現在注目されている領域がセキュリティです。セキュリティといっても車両のセキュリティだけでなく、車両と通信するサーバや車両を製造する工場など関連する全てのシステムに対してセキュリティは不可欠です。こうした幅広い領域でのセキュリティ知識が必要とされる車業界の中で、アクセンチュアは2018年から継続的に車業界におけるセキュリティ導入の支援を続けています。

2.プロジェクトの詳細やアクセンチュアの魅力
私の所属しているプロジェクトでは、以下のような非常に幅広い領域においてお客様を支援しています。

    • 業界のトレンド調査を基に5-10年先の車にどういったセキュリティを実現するかの戦略検討
    • 新車種に導入する車載器に対するセキュリティ仕様の技術検討
    • 出来上がった車載器や車両に対して実際にハッキングを行ってセキュリティ機能を試験
    • 車がハッキングされた時に自動車メーカーが対処するための体制や手順を検討、など

私は上述のような領域において、マネジャーとして主に以下のような業務を推進しています。

    • 業務における対応アプローチ・段取り検討及びプロジェクトの進捗・課題・リスク管理
    • セキュリティ関連システム仕様検討、整理及び可視化(資料化)
    • セキュリティ関連業務用の新プロセス策定及び社内への展開(トレーニング)

自動車業界におけるセキュリティは、ITの世界に比べて成熟度が低く、何もかもが新しいことへの挑戦になります。そこで効力を発揮するのが、アクセンチュアのアセットグローバルネットワークです。

自動車業界においては新しい課題だとしても、アクセンチュアは既に他業界でその課題を解決している場合があります。例えば、ハッキング攻撃に対する対処手順・体制の検討では、IT向けのアセットを再利用し自動車向けにチューンナップすることで、高品質な成果を最短時間で提供することに成功しました。

また、アクセンチュアでは、チェコやトルコをはじめとした様々な国に自動車セキュリティのエキスパートがいます。このグローバルネットワークを用いて海外メンバーと協力することで、海外の動向や最新技術を考慮した支援が実現できており、特にセキュリティ戦略検討において高い価値を提供しています。また、ハッキング試験の実行は、チェコのエキスパート達と共に二人三脚で実施しています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

3.アクセンチュアで成長するということ

ここまで読んでいただいた方の中には疑問に思う方もいると思います。
「この人全然違う業界から転職して来ているのに、自動車セキュリティの支援が出来ているのか?」
結論から言います。出来ます。
私のプロジェクトではチームで成果を出すことを重視しており、セキュリティ・自動車技術・IoTなどの様々な領域のエキスパートとチームを組んでいます。また、前述のとおり海外メンバーの協力を得ることもできます。こうした多種多様なメンバーと相談・協力することで高品質な支援を実現することができます。
また、このような環境で色々な領域の有識者から知見を吸収し続けた結果、いつの間にか”自動車セキュリティのエキスパート”を自称できるレベルのスキルを得ることができました。「新しい領域にチャレンジし、活躍できる人材になりたい」という願望を叶えられる土壌がある、これがアクセンチュアおよびインダストリーXグループで働く魅力だと思います。


-----------------------------
関連サイト
・プロジェクト事例:大手メーカー新規ビジネスの創出支援

 

 

 

 

Related posts

障がいのあるエンジニア社員がアクセンチュア入社時に受講する研修とは?

December 2, 2022

テクノロジー コンサルティング本部にてDisability Inclusion活動に従事しております、Sareiです。Disability Inclusion(以下DI)は聞きなれない言葉かと思いますが、「障がいのある方(Person with Disability、以下PwD)のInclusio

マイクロソフト ビジネス グループ業務内容紹介③:ビジネスアプリケーション ドメイン

November 29, 2022

アクセンチュアマイクロソフト ビジネス グループのビジネスアプリケーション ドメインに所属している、コンサルタントのMegumiです。

エンジニアのデスク紹介Vol.1: 3畳一間に詰め込んだこだわりの作業環境

November 29, 2022

みなさん、はじめまして。テクノロジー コンサルティング本部のTakeshiです。2020年にアクセンチュアへ中途入社して以来、ソリューション・エンジニアとしてさまざまな業界のお客様のソフトウェア設計、開発を担当しています。

転職体験談:異なる業種(システムエンジニア→コンサルタント)と業界(通信事業→官公庁)への挑戦

November 28, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 公共サービス・医療健康グループに所属しているHirokiと申します。 私は、2016年に経験者採用で入社し、現在はマネジャーとして、官公庁関連のシステム開発に携わっています。 それまでは、システムエンジニアとしてSI企業で通信事業者向けの顧客管理システムを開発していました。

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

アクセンチュア募集職種にご関心をお持ちの方へ<障がい者採用:未経験からチャレンジできるエンジニア職>

November 21, 2022

こんにちは、アクセンチュア障がい者採用チームです。この記事では、未経験からエンジニア職を目指す障がいのある方で、<障がい者採用>ソリューション・エンジニア(第二新卒・未経験歓迎)への応募をご検討の方・すでにご応募されて選考に進まれている方に向けて、同ポジションの特徴(トレーニング・働き方・キャリア等)をまとめています。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る