こんにちは。アクセンチュアのAIグループ(Applied Intelligence)に所属しているプリンシパルのShunです。

私が所属しているAIグループのデータサイエンスチームは分析を武器としてお客様企業の価値を高める専門集団です。グループには多様なメンバーが在籍しており、私も前職は国立の研究所で生物学を研究していました。転職したきっかけは、分析スキルを社会のために役立てたいと思ったことで、アクセンチュアを選んだ決め手は、幅広い業界で分析を活用してお客様企業を変革していることでした。現職では主にお客様に導入する機械学習モデルの設計・構築・運用を担当しています。データサイエンスチームといっても、お客様と議論しながら、データサイエンスとビジネスを繋ぐコンサルティング寄りの働き方をするメンバーもいますが、私はどちらかと言うとデータサイエンティストとして分析を支える業務が多いです。

さて、「アクセンチュア」という会社で「AIグループ」という組織に所属し、「データサイエンス」を生業にしていると聞くと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか?ハードワークで知的な人物を思い浮かべるでしょうか?それとも派手好きのキラキラした人物でしょうか?少なくとも入社前の私のイメージは後者でした。「21世紀で最もセクシーな職業」と言われたデータサイエンティストを外資系企業で務めるなんて、さぞかしキラキラしているのだろうと思ったのです。入社面接で俳優のようにイケメンの面接官が現れた時は、さらにその思いを強くしました(笑)

ところが、入社してみてそのイメージはすぐに変わりました。多くの方が理系で、中には前職の研究者に近い方もちらほら。あまり派手なことは好まず、実直かつ地道にお客様と向き合う方ばかりでした。そして、頭の良い方が多いことにも驚きました。初めの上司は、コンサルタントとしてお客様との会議を取り仕切りながら、開発時にはディープラーニングの論文を前に議論を重ねていました。

また、分析技術で飛び抜けた方も多数在籍しており、有名なデータサイエンス用ソフトウェアの開発者や、機械学習の解説書の著者、分析コンペKaggleのメダル受賞者などがいます。さらには大手企業のお客様のクラウド分析環境を1人で設計してしまう人など、基盤系技術でも秀でた方が在籍しています。技術者としてもコンサルタントとしても刺激を受けることの多い環境です。

<<< Start >>>

<<< End >>>

そのような環境の中で私は幸運にも興味深いプロジェクトに複数関わらせていただきました。機械学習モデルの説明資料を作成するプロジェクトから始まり、次のプロジェクトではデータマート構築、モデルの開発、設計、運用、分析環境の整備、分析案件の要件定義からモデル導入までのコンサルティングなどを担当しました。最近では希望していた海外案件に入ることができ、半年ほど渡米して、憧れの上司と一緒にモデルの設計、開発、導入を担当いたしました。こうやって並べてみるとキラキラした仕事に見えるかもしれませんね。確かに徐々にステップアップしながら充実した日々を過ごさせていただいています。

<<< Start >>>

写真:アメリカで働いていた時に観光で訪れたニューポート

<<< End >>>

とはいえ、下の図にある通り日々の業務は地味そのものです。例えば、機械学習モデルの構築・導入と言っても、実際にモデルのプログラムを書いている時間は全体の20%以下です。ほとんどの時間はデータの整備・確認、プログラムのバグ取り、システム連携の確認、お客様との会議、データサイエンス・データエンジニア間の調整など周辺作業に費やしています。最近の案件でも、半年かけて開発したモデルのリリース直前に、お客様のシステムに長年潜んでいたバグを発見する、という冷や汗ものの事例がありました。また、平日夜や週末には論文や先進企業の事例を読み込んでいます。「21世紀で最もセクシーな職業」からはほど遠い姿かもしれません(笑)

<<< Start >>>

<<< End >>>

こんな状況で挫けそうな時もあるのですが、原動力になっていることが3つあります。

まずは家族です。アクセンチュアは、社員の「自分らしい働き方」を尊重してくれる企業で、特に入社直後で子供が小さい時は勤務時間を柔軟に調整していただきました。おかげで今でも家族との時間を大切にできています。

2つ目はお客様からの評価です。厳しいお言葉をいただくこともありますが、結果に対して「ありがとう」というお言葉をいただいた時は、この仕事をやっててよかったな、と心底思います。

そして最後は、同僚の皆さんです。上述したように皆さん優秀なのですが、それだけでなく志が高い方や変わった経歴の方が在籍しているので一緒に仕事しているだけで楽しいですし、オンライン勉強会など自主的な取り組みも盛んですので、技術力も高めることができます。多様な人材が集まって一つのチームを作る、ということがアクセンチュアの強みかなと感じています。

この記事を読んで、アクセンチュアのAIグループデータサイエンティストとして働くことに興味を持ってくださった方がいれば嬉しいです。

 

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る