新型コロナウイルス(COVID-19)に対するアクション

新型コロナウイルス(COVID-19)の課題に対してクライアント、パートナー、コミュニティを支援しています。

Responsible Businessをリードする​

今日のデジタル化への急速な加速は、私たちにとってより良い未来を創造する画期的な機会をもたらします。​

アクセンチュアは企業活動や事業を通じて、また知識や技術など資産の提供によりクライアントやステークホルダーへ社会的責任を果たすことを重要視しています。​

私たちは絶えず革新を続け、専門知識を生かして誰もが活躍できるよりインクルーシブな未来を構築しています。​

成功を分かち合う

今、コミットメントと行動を実践すべき時を迎えています。「SDGアンビション」は、タイムリーかつ差し迫った行動要請に応えるための大胆で実際的なイニシアチブです。


ジュリー・スウィート

最高経営責任者(CEO)

ソーシャルインパクトをもたらすイノベーション

アクセンチュアは2015年に、「2020年度までに300万を超える人々に対して、就職や起業に必要なスキル習得のための支援を提供する」という目標を設定しています。2019年時点で、すでに目標を上回る360万近くの人々を支援しています。

続きを読む
続きを読む

環境への取り組み

アクセンチュアは10年にわたり、常に高く、大胆な環境目標を掲げ、サステナビリティに対するアプローチの刷新を続けています。このたび、業界最先端となる3つの目標を追加し、次段階へ移行することをお知らせします。​

続きを読む

2025年までにネット・ゼロ・エミッションを達成

まず、社内排出量の実質的な削減に取り組み、残りの排出量に関しては、大気から排出量を除去する、自然に基づく炭素除去ソリューションに投資することで対応します。​

廃棄物ゼロを実現

2025年までに、電子廃棄物やオフィス家具を100%再利用またはリサイクルするとともに、COVID-19のパンデミック収束の際には、オフィスにおけるで使い捨てプラスチック製品を排除します。​

水害リスク計画の施行

2025年までに、水害リスク地域にある施設のビジネスや社員を対象に洪水、干ばつや水不足の影響緩和に向けた計画を策定します。​

全て見る

真にインクルーシブな職場を作る

進化し続けるビジネスの困難な課題を社員が解決できるよう、アクセンチュアは社員に最先端のテクノロジー、継続的な学習機会、支援の場としてのグローバル・コミュニティーを提供しています。

続きを読む

心の健康とウェルビーイングの支援

アクセンチュアはスタンフォード・メディスンとスライブ・グローバルと協力し、社員の心の健康を守るための総合福祉プログラム「スライビング・マインド(Thriving Mind

障壁のない職場を作る

アクセンチュアの「アクセシビリティ・センター・オブ・エクセレンス(Accessibility CoE)」と新しい「アジャストメント・リクエスト(Adjustment Request)」ツールは、障がいによる様々な障壁を軽減し、障がいのある社員がより成果を出せるよう支援しています。

全て見る

責任あるサプライチェーンの構築

アクセンチュアはサプライヤーとのパートナーシップを発展させ、より強力な連携や協業を行うことで、環境サステナビリティ、人権、インクルージョン、ダイバーシティ、ソーシャル・イノベーションなどの社会の主要な優先課題に対する活動を推進しています。

それにより、多様性に富む小規模サプライヤーの参入障壁を下げ、価値観の共有を加速させ、責任ある調達方針を展開することができます。

続きを読む

日々のふるまいでコアバリューを実践する

アクセンチュアは、成功することと同様に、成功までのプロセスもまた重要であると考え、大切にしています。

アクセンチュアのガバナンス構造、リーダーシップ要綱、明確に定義された企業倫理規定、コンダクト・カウンツ(日頃のふるまい)に関する指針の全ては、アクセンチュアのコアバリューを社員が日々実践できるように設計されています。

続きを読む

国連グローバル・コンパクト(UNGC)とSDGアンビションの連携

2020年1月に、国連グローバル・コンパクト(UNGC)とSAP、アクセンチュアは共同で、「SDGアンビション」の設立を発表しました。SDGアンビションは、企業が17項目のSDGs(持続可能な開発目標)を中核事業に組み込み、共通の成功を実現するための挑戦を推進し支援するイニシアチブです。

あらゆる企業がSDGsを中核事業に取り入れることで、健康、人権、インクルージョン、環境サステナビリティにおける重要な問題の解決に役立つとともに、全てのステークホルダーに永続的な価値をもたらすイノベーションが創出されるでしょう。

アクセンチュアが公開している「コーポレート・シチズンシップ・レポート」ではSDGsの分析結果を詳細に報告しており、アクセンチュアが業務を通じて特に大きな貢献が可能であると確信する4つの重要なSDGsと10の補助目標について考察しています。

アクセンチュアのCEOジュリー・スウィート(Julie Sweet)<写真右>が、UNGCのCEO兼事務局長 リセ・キンゴ(Lise Kingo)氏<写真左>と、SAPの共同最高経営責任者ジェニファー・モーガン(Jennifer Morgan)氏<写真中央>と共に「SDGアンビション」を発表しました。

コーポレート・シチズンシップについて

アクセンチュアは、クライアント、パートナー、社員と協力し、成功を共有する未来をつくるための活動に取り組んでいます。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで
ribbon theme icon