不確実性を契機として
新型コロナウイルス(COVID-19)危機の影響と人々・企業への対応

大きな苦難を意義ある変革に変える


各国政府が新型コロナウイルス(COVID-19)危機拡大防止に大胆な措置を講じる中、企業は財務やオペレーションにおける様々な課題に対処しつつも、従業員・顧客・サプライヤーの急速に変化するニーズに即応しています。

影響はあらゆる業界、部門、地域に波及し、組織は今後気が遠くなるような大きさの潜在的変化に立ち向かわなければなりません。組織が今すぐ行動するために、アクセンチュアはいつでも支援できるよう体制を整えています。

このハブサイトではアクセンチュアのリーダーシップの専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応もご紹介しています。現在の複雑に絡み合った危機的状況を意義ある変革に変える手助けとなるでしょう。


Arrow down

ビジネス戦略への影響

変革に向けた可能性



今こそ俊敏性を高めていくべきです


今日、世界中の企業が新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを乗り越えるため、圧倒的かつ困難な課題と未知の脅威に直面しています。組織のリーダーであるCEOは目の前にある課題を優先して、従業員、顧客、サプライヤーを支援してサプライチェーンの混乱を収めるために全力を注いでいます。同時に、顧客への対応と収益の安定化を目指して変動する需要に合わせてビジネスを再編し、新たな成長の経路を見極めようと努めています。

組織のリーダーは、すでにパンデミック収束後の世界に目を向け始めています。これから訪れる予測不可能な停滞した経済の回復期には多くの新しい競争の脅威と機会が非常に速いスピードでもたらさせるでしょう。今後はパンデミック以前のビジネスモデルに戻ることはなく、企業の責任あるビジネス活動とブランドの意義刷新に対するニーズが一気に強まり、人々の文化的規範や社会的価値および行動の急速な変化によって定義される「Never Normal(全く新しい日常)」の時代を迎えることになるでしょう。

こうした状況を背景に、組織のリーダーはビジネスの再開に向けて緊急かつ複雑な課題に直面しています。この状況に打ち勝つためには革新的なプログラムが必要になります。この状況は多くの企業にとってこれ以前に投資すべきだったもの、すなわちデジタル化やデータドリブン、クラウド化の推進、さらには変更可能なコスト構造、アジャイル運用、自動化の実現、そして電子商取引やセキュリティの強化、などを構築する機会となるとともに、その必要性を明示しています。これらの能力により実現される俊敏性は、企業が構築する長期的ケイパビリティの中核となります。そのため、リーダーは広範な変革に至る長い道のりの最初の一歩として、再開するためのステップを考えなければなりません。


Arrow down

ワークフォースへの影響

レジリエントなワークフォースの再定義、リスキル、再配置



人材と機会のマッチング


世界中の企業がかつてない規模とスピードでもたらされた労働力の混乱に直面し、未来の働き方について短期的にも長期的にも見極めることができずにいます。しかし、この困難な状況の中で従業員や組織が立ち向かい奮闘している今こそ、リーダーは組織機能と従業員のパフォーマンスを回復するために迅速に行動する必要があります。

あらゆる業界の最高人事責任者(CHRO)は困難な状況に直面しており、従業員の権利保護と業務の継続、顧客へのサービス提供を維持するためにリモートワークへの迅速な移行を推進しています。例えばヘルスケア業界では、バーチャルケアサービス(メッセージングや診療サービスなど)に対する需要が増加しています。

世界経済の維持や従業員およびその家族の生活を支援するためのアジャイルなワークフォース戦略の策定にはCHROの専門知識が不可欠です。雇用の維持に向けて企業と業界が連携を進める中で新たな機会も生まれています。アクセンチュアは継続的な雇用を促進するために主要企業のCHROと提携し、アナリティクスベースのプラットフォーム「People + Work Connect(英語)」を構築しています。

従業員、組織、コミュニティーは今すぐに答えを必要としています。目の前の問題を解決するとともに、世界規模の健康および経済の変動に応じて進化する柔軟なプランを早急に策定する必要があります。このプランでは市民、政府、企業、非営利団体などの全てが、共有資産である労働力のレジリエンスを促進し、人間を中心とした、システム思考アプローチを確立するための重要な役割を担うことになります。このプロセスは一時的なものではありません。不確実な未来ではステークホルダー全体で永続的なケイパビリティと関係性を構築していくことが重要になります。今、急激で大規模な労働力と働き方の変革の最前線に立っている高度なテクノロジーとインテリジェンスを備えたCHROには、迅速かつ的確な対応が期待されています。


Arrow down

顧客への影響

思考の刷新



変化する顧客の習慣にアクセスする


新型コロナウイルス(COVID-19)の急激な感染拡大の影響を受け、企業は従業員のケアを行いつつ、顧客への質の高いサービス提供を維持するために迅速に行動する必要にせまられています。同時に各企業ではパンデミックの収束後もビジネスを継続していくために、コンタクトセンターの活用方法、従業員による最適な顧客体験の実現方法、従業員の就業場所やデジタルチャネルの利用方法などについての再検討も始めています。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが顧客、従業員、市民をはじめとする人々に以前と全く違う経験をもたらしたことで、人々の感情や行動が変化しつつあります。新型コロナウイルス(COVID-19)危機は消費者の購買傾向を根底から覆し、消費財業界(英語)の構造的な変革が加速しています。ウイルスの脅威が過ぎ去った後、これらの変化が顧客のニーズと期待される顧客体験の設計・コミュニケーション・構築・実行に向けたアプローチにどのような影響をもたらすのかについて、企業は十分に検討しておく必要があります。

小売業界(英語)が主導する非接触型の配送サービスやカーブサイドサービスに代表されるように、新たな行動様式に基づいて既存サービスを拡充し、新しいサービスラインを構築することが、組織のデジタルコマースへの転換を加速する絶好の機会にもなります。新規市場でもビジネス機会とデジタル顧客を獲得していくためにデジタル戦略を再考しましょう。


Arrow down

オペレーションへの影響

リスクの軽減によるメリットの拡大



世界規模のレジリエンス獲得のための再構築


新型コロナウイルス(COVID-19)危機の影響で消費者行動、サプライチェーン、販路が根本的に変化した結果、企業のビジネスバランスが崩れています。このパンデミックによって、企業が先行き不透明な現状に打ち勝つためには、アジャイルな事業運営への転換とバリューチェーン変革の加速が不可欠であることが明らかになりました。

インテリジェントな企業へと進化するということは、従来のトップダウン型の意思決定を捨て、明確な目標に基づく組織に権限を与え、データ、テクノロジーを駆使し、クラウドを活用して市場への迅速なサービス投入を実現することを意味します。そのためには、部門の枠組みと管理に偏重した融通の利かない組織構造を排除し、優秀な人材が配置後即戦力として機能する、柔軟な組織を再構築する必要があります。インテリジェントな企業は、俊敏性、レジリエンス、成長に必要なダイナミックな自己管理と継続的な進化を可能にします。

分散型のグローバルサービスモデルを採用することで、石油、ガス(英語)通信、メディア(英語)といったあらゆる業界の大規模組織はリスクを軽減することができます。また「Human+Machine(人間+機械)」モデルによる定常業務の自動化によって、全ての従業員がナレッジワーカーとして業務を遂行し、パンデミック終息後は成長企業として位置づけられる一助にもなります。

そして今、これまで以上にサプライチェーンの重要性は高まっています。新型コロナウイルス(COVID-19)の検査キットや治療薬を開発する ライフサイエンス企業(英語)、感染リスクの高いサービス業や医療の最前線で働いている人々に、物資とサービスを迅速かつ安全、確実に届けることができる体制の確立が急務です。企業のレジリエンスと責任力を底上げして現在の混乱に対処し、将来を見据えたサプライチェーン(英語)の再編を早急に進めることが重要です。


Arrow down

金融への影響

生き残りと成長に必要な流動性の創出

IMPACT ON  FINANCE


新たな機会を掴むためのリソースを構築する


新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、企業はレジリエンスを速やかに最適化してリスクと流動性の均衡を取りながら、不況から抜け出すための成長機会を見極める必要に迫られています。企業が今後も事業の存続を維持できるかどうかは、企業と業界に新しい未来を生み出す安定性と戦略的な取り組みに必要な短期的かつ迅速な経営幹部の意思決定にかかっています。

短期的な流動性の課題への対処だけではなくコストと収益性の問題を解決し、M&Aなどの新たな可能性への投資に必要な資金調達も迅速に行う必要があります。多くのCEOが売上と収益の急落や費用の急増に直面しており、これらに対処するためにキーとなるテクノロジーやプロセス、人材への投資が必要となる場合も多く、一部の企業では流動性の課題は企業の存続に関わる重要な問題になりつつあります。

迅速な選択と行動が、今後の組織の存続、世界的不況からの回復速度、さらには将来の財務状況とビジネスの持続可能性に直接的な影響をもたらします。


Arrow down

テクノロジーへの影響

全く新しい日常のためにIT環境をアップグレードする



成功に必要なテクノロジーを強化する


多くの企業が新型コロナウイルス(COVID-19)危機以前にもIT関連の問題に直面していましたが、今回のパンデミックによって業務運用の新たな手法の確立が急務となった今、組織におけるIT成熟度がこれまで以上に試されています。

企業はビジネス継続へのリスク、突然の仕事量の変動、リアルタイムの意思決定、労働生産性、セキュリティリスクなど新しいシステムにおける様々な優先事項と問題に幅広く対応する必要があります。組織のリーダーはシステム・レジリエンスに関する緊急の課題に素早く対処して将来のビジネス基盤を確立しなくてはなりません。化学業界(英語)では、組織のレジリエンスを成功へのカギとして重要視しています。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを乗り越えた暁には、今回の経験から学んだ教訓を生かし、レジリエンスを高めるための長期的な戦略を確立して未知の混乱にも適切に対処できるよう組織のシステムと人材のロードマップを策定しましょう。





Arrow down

業界への影響

業界の活性化が始まる



難局を変革の機会に変える


新型コロナウイルス(COVID-19)危機はあらゆる業界に様々な影響を及ぼしています。強力な防御策を駆使している企業もあれば、刻一刻と変化する「日常」への適応に苦労している企業もあります。

消費者の需要パターンが変化し、グローバルサプライチェーンの混乱が続く中で、様々な地域、市場、政府が新型コロナウイルス(COVID-19)危機に独自に対応しており、企業は今後も新しい不確実な市況に適応し続ける必要があります。アクセンチュアは変革に取り組む全ての組織を支援するために、クライアントとの定期的なコミュニケーションから得た情報と豊富な専門知識に基づいた、組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスを提供しています。


ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで